基本情報

写真b

平田 雅之

HIRATA Masayuki


キーワード

脳神経外科,神経医工学,ブレイン・マシン・インターフェース,脳磁図,機能再建,てんかん, 磁気刺激

URL

https://www2.med.osaka-u.ac.jp/ndr/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2003年09月01日 ~ 2007年03月31日,医学系研究科 保健学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2009年06月30日,医学系研究科 保健学専攻,助教,専任

  • 2009年07月01日 ~ 2009年09月30日,医学系研究科,助教,専任

  • 2009年10月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 外科系臨床医学専攻,特任准教授(常勤),専任

  • 2011年04月01日 ~ 2015年03月31日,医学系研究科 医学専攻,特任准教授(常勤),専任

  • 2015年04月01日 ~ 2015年09月30日,医学系研究科,助教,専任

  • 2015年10月01日 ~ 2016年03月31日,医学系研究科 医学専攻,特任准教授(常勤),専任

  • 2016年04月01日 ~ 2019年03月31日,国際医工情報センター,寄附研究部門教授,専任

  • 2019年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科,特任教授(常勤),専任

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 外科系臨床医学専攻,寄附研究部門教授,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 工学部  卒業 工学士 1985年03月
東京大学 工学系研究科  修了 工学修士 1987年03月
大阪大学 医学部 医学科 卒業 医学士 1994年03月
大阪大学 医学系研究科  修了 医学博士 2001年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学・助教 2003年09月 ~ 2009年09月
大阪大学・特任准教授 2009年10月 ~ 2016年03月
大阪大学・寄附研究部門教授 2016年04月 ~ 継続中
大阪大学・脳機能診断再建学共同研究講座特任教授 2019年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • ブレイン・マシン・インターフェースによる脳機能再建
    脳磁図を用いた脳機能解析
    経頭蓋磁気刺激を用いた脳機能解析
    脳機能解剖に基づいた脳神経外科手術
    神経科学一般関連,脳神経外科学関連,リハビリテーション科学関連,生体医工学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本脳神経外科学会

  • 日本脳神経外科コングレス

  • 日本てんかん学会

  • 国際臨床脳磁図学会

  • BCI society

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Long-Term Implantable, Flexible, and Transparent Neural Interface Based on Ag/Au Core-Shell Nanowires,Teppei Araki, Fumiaki Yoshida, Takafumi Uemura, Yuki Noda, Shusuke Yoshimoto, Taro Kaiju, Takafumi Suzuki, Hiroki Hamanaka, Kousuke Baba, Hideki Hayakawa, Taiki Yabumoto, Hideki Mochizuki, Shingo Kobayashi, Masaru Tanaka, Masayuki Hirata, Tsuyoshi Sekitani.,Advanced Healthcare Materials, 1900130,2019年04月,学術論文

  • MarmoDetector: A Novel 3D Automated System for the Quantitative Assessment of Marmoset Behavior.,Yabumoto T, Yoshida F, Miyauchi H, Baba K, Tsuda H, Ikenaka K, Hayakawa H, Koyabu N, Hamanaka H, Papa SM, Hirata M, Mochizuki H,Journal of Neuroscience Methods,1;322:23-33,2019年04月,学術論文

  • A fully implantable wireless ECoG 128-channel recording device for human brain-machine interfaces: W-HERBS,Matsushita K, Hirata M, Suzuki T, Ando H, Yoshida T, Ota Y, Sato F, Morris S, Sugata H, Goto T, Yanagisawa T, Yoshimine T,Frontiers in Neuroscience,12: 512,2018年07月,学術論文

  • Effect of local coil density on blood flow stagnation in densely coiled cerebral aneurysms: a computational study using a cartesian grid method.,Otani T, Sindo T, Ii S, Hirata M, Wada S,Journal of Biomechanical Engineering,140(4):041013,2018年04月,学術論文

  • Non-invasive quantification of human swallowing using a simple motion tracking system.,Hashimoto H, Hirata M, Takahashi K, Kameda S, Katsuta Y, Yoshida F, Hattori N, Yanagisawa T, Palmer J, Oshino S, Yoshimine T, Kishima H,Scientific Reports,8:5095,2018年03月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Oscillation and Cross-Frequency Coupling,Hirata M,Springer,2016年03月

  • 専門著書,Cognitive Neuroscience Robotics: Interdisciplinary Approaches to Human Understanding. Vol. II. Analytic Approaches, Chapter11. Brain Machine-Interfaces for Motor and Communication Control,Hirata M,Springer,2015年12月

  • 専門著書,Clinical Systems Neuroscience: From Laboratory to Clinical Practice, Electrocorticographic brain machine-interfaces for motor and communication control,Hirata M, Yoshimine T,Springer,2015年04月

  • 専門著書,Magnetoencephalography: From Signals to Dynamic Cortical Networks: Neural decoding and brain machine interfaces based on electromagnetic oscillatory activities: a challenge for MEG,Hirata M,Springer,2014年08月

  • 専門著書,【次世代】ヘルスケア機器の新製品開発: 第4節 皮質脳波を用いたブレイン・マシン・インターフェースによる体内埋込型運動・意思伝達支援装置の開発,平田雅之,技術情報協会,2014年05月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • PCT出願,体内埋込装置のケーシングと体内埋込装置、および体内埋込装置のケーシングの製造方法、および体内埋込装置を用いた治療支援方法,平田雅之、吉峰俊樹、松下光次郎、後藤哲、柳澤琢史、鈴木隆文、吉村眞一,PCT/JP/2011/001402(出願),2011年03月

  • アメリカ,MACHINE CONTROL DEVICE, MACHINE SYSTEM, MACHINE CONTROL METHOD, AND RECORDING MEDIUM STORING MACHINE CONTROL PROGRAM,Hirata M, Yanagisawa T, Kamitani Y, Yokoi H, Yoshimine T, Goto T, Fukuma R, Kato R,US8396546(登録),2010年05月,2013年03月

  • 日本,機器制御装置、機器システム、機器制御方法、機器制御プログラム、および記録媒体,平田雅之、柳澤琢史、神谷之康、横井浩史、吉峰俊樹、後藤哲、福間良平、加藤龍,5467267(登録),2010年03月,2014年02月

  • アメリカ,Intracranial electrode and method for producing same,Hirata M, Yoshimine T, Saitoh Y, Yanagisawa T, Goto T, Watanabe Y, Saito T,US7,860,577(登録),2009年02月,2010年12月

  • 日本,頭蓋内電極構造体およびその製造方法,平田雅之、吉峰俊樹、齋藤洋一、柳澤琢史、後藤 哲,特許5126710(登録),2007年08月,2012年11月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学総長顕彰,平田雅之,大阪大学,2014年07月

  • 大阪大学総長顕彰,平田雅之,大阪大学,2013年08月

  • Mimics Innovation Awards 2012,Masayuki Hirata,Materialize,2012年04月

  • Poster award,大谷智仁、伊井仁志、重松朋芳、藤中俊之、平田雅之、尾崎友彦、和田成生,13th International IntraCranial Stent Meeting (ICS2016),2016年11月

報道 【 表示 / 非表示

  • 言語に関連する脳活動は、遺伝と環境の影響を同程度受ける,マイナビ二ュース,2016年11月

  • ひとの脳波を読み解きロボットアームが動き出す,CiNet News,2016年02月

  • 脳の活動から夢の解読,読売新聞(夕刊),2016年01月

  • 脳波を読み取り無線で外部送信,日本経済新聞(朝刊),2016年01月

  • カラダのヒミツ~美と若さの新常識~ 第3話「やわらか頭!脳のヒミツ」,NHK BSプレミアム,2015年12月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 産学パートナーシップ創造展,体内埋込型ブレインマシンインターフェース:産官学民共創イノベーションによる身体障害者の身体機能代替,2016年08月

  • 最先端ネットワークのかたち,最先端ネットワークのかたち,2015年10月

  • The 8th MEI3 Center International Symposium〜Medical Engineering Innovation for Hybrid Organs of the Future〜,「Implantable brain machine interface」,2017年03月

  • 日本医工学治療学会第25回学術大会 企画展示「医工が拓く未来医療」,ブレイン・マシン・インターフェース 脳とコンピュータがつながる時,2009年04月

  • シンポジウム「ブレイン・マシン・インターフェース研究開発の最前線:医療福祉への貢献を目指して」,侵襲型ブレインマシンインターフェースを用いた運動・コミュニケーション機能再建,2009年03月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,第1回脳神経外科BMI懇話会,事務局長,2014年10月

  • 国際会議,The International Symposium on Clinical Application of Brain-Machine Interfaces (BMI),実行委員長,2012年10月

  • その他,シンポジウム「ブレイン・マシン・インターフェース研究開発の最前線:医療福祉への貢献を目指して,運営委員,2009年03月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,BCI society,board member,2018年05月 ~ 継続中

  • 公益法人,日本生体医工学会,理事,2015年05月 ~ 継続中

  • 学会,International society for the advancemnet of clinical magnetoencephalography,vice president,2017年05月 ~ 継続中

  • 学会,日本生体磁気学会,理事,2012年05月 ~ 継続中

  • 学会,日本脳神経外科外科学会近畿支部,学術評議委員,2013年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 診療活動,2004年04月 ~ 継続中