基本情報

写真b

平岡 泰

HIRAOKA Yasushi


所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月01日 ~ 継続中,生命機能研究科 生命機能専攻,教授,専任

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Human Ebp1 rescues the synthetic lethal growth of fission yeast cells lacking Cdb4 and Nup184.,Osemwenkhae OP, Sakuno T, Hirano Y, Asakawa H, Hayashi-Takanaka Y, Haraguchi T, Hiraoka Y.,Genes to Cells,in press,2020年02月,学術論文

  • Chromosome-associated RNA-protein complexes promote pairing of homologous chromosomes during meiosis in Schizosaccharomyces pombe.,Ding DQ, Okamasa K, Katou Y, Oya E, Nakayama JI, Chikashige Y, Shirahige K, Haraguchi T, Hiraoka Y.,Nature Communications,10(1):5598,2019年12月,学術論文

  • Methods and Applications of Mobile Molecular Communication,Tadashi Nakano, Yutaka Okaie, Shouhei Kobayashi, Takahiro Hara, Yasushi Hiraoka, Tokuko Haraguchi,Proceedings of the IEEE,Vol.107, No.7, pp.1442-1456,2019年07月,学術論文

  • Asymmetrical localization of Nup107-160 subcomplex components within the nuclear pore complex in fission yeast.,Asakawa H, Kojidani T, Yang HJ, Ohtsuki C, Osakada H, Matsuda A, Iwamoto M, Chikashige Y, Nagao K, Obuse C, Hiraoka Y, Haraguchi T,PLoS genetics,15(6), e1008061. ,2019年06月,その他

  • Methods and Applications of Mobile Molecular Communication Systems.,Nakano T, Okaie Y, Kobayashi S, Hara T, Hiraoka Y, Haraguchi T.,Proceedings of the IEEE,107(7), 1442-1456,2019年06月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,新・生細胞蛍光イメージング,原口 徳子, 木村 宏, 平岡 泰,共立出版,ISBN,978-4-320-05779-1,2015年11月

  • 専門著書,細胞核-遺伝情報制御と疾患:染色体・核輸送のダイナミクスと細胞分化から個体発生,破綻による疾患まで,平岡 泰、原田 昌彦、木村 宏、田代 聡,羊土社,ISBN,978-4-7581-0302-2,2009年10月

  • 専門著書,生細胞蛍光イメージング -講義と実習- 阪大・北大 顕微鏡コースブック,原口 徳子、木村 宏、平岡 泰,共立出版,ISBN,978-4-320-05660-2,2007年10月

  • 専門著書,「ビジュアルバイオロジー」~ 細胞の蛍光イメージング ~,原口 徳子、平岡 泰,サイエンス社,ISBN,978-4-7819-1139-7,2006年09月

受賞 【 表示 / 非表示

  • Annual Report of Osaka University -Academic Achievements- 2010-2011論文100選,H Asakawa,Osaka University,2011年07月

報道 【 表示 / 非表示

  • NICTと阪大、分裂酵母が独特の核膜孔複合体アウターリング構造を持つことを解明,日本経済新聞,2019年06月

  • NICTなど 真核生物の解明につながる発見 分裂酵母が核膜孔複合体アウターリン グ構造を保持,電波タイムズ,2019年06月

  • タンパク質「シュゴシン」が遺伝子発現を正常に維持,科学新聞,2016年02月