基本情報

写真b

福島 健太郎

FUKUSHIMA Kentaro


キーワード

血液・造血細胞移植

電話番号

06-6879-3871

FAX番号

06-6879-3879

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月01日 ~ 2012年09月30日,医学系研究科 医学専攻,特任助教(常勤),専任

  • 2012年10月01日 ~ 2014年03月31日,医学系研究科 医学専攻,助教,専任

  • 2017年09月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部 医学科 卒業 学士(医学) 1999年03月
大阪大学 医学系研究科 内科系臨床医学専攻 修了 博士(医学) 2009年03月
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Addition of melphalan to fludarabine/busulfan (FLU/BU4/MEL) provides survival benefit for patients with myeloid malignancy following allogeneic bone-marrow transplantation/peripheral blood stem-cell transplantation.,Ueda T, Maeda T, Kusakabe S, Fujita J, Fukushima K, Yokota T, Shibayama H, Tomiyama Y, Kanakura Y.,International Journal of Hematology,109(2):197-205,2019年02月,学術論文

  • A Novel Unifrac-Based Analytical Method for Determining Sequential Changes in Gut Microbiota after Hematopoietic Stem Cell Transplantation.,Shinsuke Kusakabe, Kentaro Fukushima, Tetsuo Maeda, Takafumi Yokota, Ritsuko Nakai, Akihisa Hino, Yasuhiro Nagate, Jiro Fujita, Motooka Daisuke, Shota Nakamura, Hirohiko Shibayama, Yuzuru Kanakura,The American Society of Hematology 60th Annual Meeting,1,2018年12月,その他

  • Addition of melphalan to fludarabine / busulfan (FLU/BU4/MEL) provides survival benefit for patients with myeloid malignancy following allogeneic bone marrow transplantation/peripheral blood stem cell transplantation.,Ueda T, Maeda T, Kusakabe S, Fujita J, Fukushima K, Yokota T, Shibayama H, Tomiyama Y, Kanakura Y,The American Society of Hematology 60th Annual Meeting,1,2018年12月,その他

  • 造血幹細胞移植後腸内細菌叢のUniFrac解析をもとにした検討,草壁信輔, 前田哲生, 中井りつこ, 日野彬央, 長手泰宏, 福島健太郎, 藤田二郎, 元岡大佑, 中村昇太, 柴山浩彦, 織谷健司, 金倉 譲,第80回日本血液学会学術集会,1,2018年10月,その他

  • 非分泌型多発性骨髄腫の加療後に急速な悪化をきたし形質芽球様の組織像を示した一例,中井りつこ, 福島 健太郎, 野崎健司, 前田哲生, 日野彬央, 草壁信輔, 長手泰宏, 藤田二郎, 柴山浩彦, 金倉 譲,第16回 Osaka Clinical Hematology Conference,1,2018年07月,その他

全件表示 >>