基本情報

写真b

福田 覚

FUKUTA Satoshi


キーワード

ドイツ文学,ドイツ語圏言語文化論

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年01月01日 ~ 2005年03月31日,言語文化部,助教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,言語文化研究科 言語文化学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2007年09月30日,言語文化研究科 言語文化学専攻,准教授,専任

  • 2007年10月01日 ~ 継続中,言語文化研究科 言語文化専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 文学研究科  修了 文学修士 1992年03月
京都大学 文学研究科  中退 1993年03月

職歴 【 表示 / 非表示

京都大学助手 1993年04月 ~ 1995年03月
大阪大学講師 1995年04月 ~ 1998年12月
大阪大学助教授 1999年01月 ~ 2007年03月
大阪大学・准教授 2007年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 18世紀ドイツを中心とした詩学史、18世紀ドイツ文学
    人文主義諸学の転換過程の研究
    思想史と物語論との関係、解釈論(精神分析、物語論)
    ヨーロッパ文学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本独文学会

  • 日本独文学会京都支部

  • 日本18世紀学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ピューラの『アエネーイス』訳の掲載をめぐって--ゴットシェートとの関係を語る一つの挿話,福田覚,希土,41号,2016年08月,学術論文

  • ピューラの崇高論と詩学史を構成する物語--ロンギノスの受容、スイス派との関わり,福田覚,希土,(40) 57-79,2015年08月,学術論文

  • ピューラとその崇高論--神学・修辞学・哲学を吸い込む作用詩学,福田覚,希土,39号、S.62-85,2014年08月,学術論文

  • 医学者E.A.ニコライの「情念」と哲学者ズルツァーの「感情」―ードイツ啓蒙主義詩学史の学際的理解の試み,福田覚,ドイツ啓蒙主義研究13,15-31,2013年05月,学術論文

  • J.J.ピューラをめぐる記述課題の諸断面(1)――敬虔主義の街、霊感的な詩作、崇高概念,福田覚,ドイツ啓蒙主義研究12,S.11-22,2012年05月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 翻訳作品,フロイト全集21,福田覚(訳),岩波書店,2011年02月

  • 翻訳作品,フロイト全集13,福田覚(訳),岩波書店,2010年03月

  • 翻訳作品,フロイト全集10,福田覚(訳),岩波書店,2008年06月

  • 翻訳作品,フロイト全集9,福田覚(訳),岩波書店,2007年10月

 

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本独文学会京都支部,支部役員,2010年04月 ~ 2012年03月