基本情報

写真b

服部 梓

HATTORI Azusa


キーワード

表面科学、半導体物理、酸化物エレクトロニクス

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-4281

FAX番号

06-6879-4283

性別

女性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年07月01日 ~ 2010年01月31日,工学研究科 附属超精密科学研究センター,特任研究員,専任

  • 2010年02月01日 ~ 2019年07月31日,産業科学研究所,助教,専任

  • 2019年08月01日 ~ 継続中,産業科学研究所,准教授,専任

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本表面科学会

  • 応用物理学会

  • 日本物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Three-dimensional Nanoconfinement Supports Verwey Transition in Fe3O4 Nanowire at 10 nm length scale,R. Rakshit, A. N. Hattori, Y. Naitoh, H. Shima, H. Akinaga, and H. Tanaka,Handai-Kansai-GiessenDai Joint Seminar on Materials Science and Engineering,2019年03月,国際会議(proceedingsなし)

  • Three-dimensional Nanoconfinement Supports Verwey Transition in Fe3O4 Nanowire at 10 nm length scale,R. Rakshit, A. N. Hattori, Y. Naitoh, H. Shima, H. Akinaga, and H. Tanaka,Handai-Kansai-GiessenDai Joint Seminar on Materials Science and Engineering,2019年03月,国際会議(proceedingsなし)

  • Carrier injection from VO2 into MoS2 and WSe2,Mahito Yamamoto, Ryo Nouchi, Teruo Kanki, Azusa N. Hattori, Shu Nakaharai, Kenji Watanab, Takashi Taniguch, Yutaka Wakayam, Keiji Ueno, Hidekazu Tanaka,Annual Meeting of the Physical Society of Taiwan,2019年01月,会議報告/口頭発表

  • Fabrication of NdNiO3 film with controlled Ni/Nd ratio by PLD technique,T. Yamanaka, A. N. Hattori, H. Tanaka,The 22nd SANKEN International Symposium,2019年01月,国際会議(proceedingsなし)

  • Purified Verwey Transition of Single Domain Fe3O4 Nanowire,R. Rakshit, A. N. Hattori, H. Tanaka,The 8th Indo-Japan Seminar “Designing Emergent Materials” ,2019年01月,国際会議(proceedingsなし)

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度 大阪大学 物質・材料科学研究推進機構 講演会 「阪大 物質・材料科学のライジングスター」,「強相関酸化物の3次元ナノ空間制御による相変化デバイス創製」,2017年01月