基本情報

写真b

武田 洋平

TAKEDA Youhei


キーワード

有機機能材料化学, 構造有機化学, 有機典型元素化学, 有機金属化学, 有機合成化学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7403

FAX番号

06-6879-7402

URL

http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/~komaken/members/#takeda

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2011年02月01日 ~ 2015年03月31日,工学研究科 グローバル若手研究者フロンティア研究拠点,助教,専任

  • 2015年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 応用化学専攻,准教授,専任

  • 2011年02月01日 ~ 2015年03月31日,工学研究科 応用化学専攻,助教,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

早稲田大学 理工学部 応用化学科 卒業 学士(工学) 2005年03月
京都大学 工学研究科 材料化学専攻 修了 修士(工学) 2007年03月
京都大学 工学研究科 材料化学専攻 修了 博士(工学) 2010年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員(DC2, 京都大学大学院工学研究科) 2009年04月 ~ 2010年03月
日本学術振興会特別研究員(PD, 京都大学大学院工学研究科) 2010年04月 ~ 2011年01月
米国 マサチューセッツ工科大学化学科 博士研究員 2010年04月 ~ 2011年01月
大阪大学大学院工学研究科附属高度人材育成センター テニュアトラック助教 2011年02月 ~ 2015年03月
大阪大学大学院工学研究科 応用化学専攻 准教授 2015年04月 ~ 継続中
日越大学 (Vietnam-Japan University) ナノテクノロジーコース、非常勤講師 2015年08月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 特異な分子構造・典型元素の特徴を活かした新奇な有機機能性材料の開発

    構造有機化学および物理有機化学関連,機能物性化学関連,基礎物理化学関連,有機機能材料関連,高分子材料関連,有機合成化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • アメリカ化学会

  • 日本化学会

  • ケイ素化学協会

  • 近畿化学協会

  • ヨウ素学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Conformationally-flexible and moderately electron-donating units-installed D–A–D triad enabling multicolor-changing mechanochromic luminescence, TADF and room-temperature phosphorescence,Takeda, Y.*; Kaihara, T.; Okazaki, M.; Higginbotham, H.; Data, P.*; Tohnai, N.; Minakata, S.,Chem. Commun.,54(50) 6847-6850,2018年05月,http://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2018/cc/c8cc02365d#!divAbstract,学術論文

  • Thermally Activated Delayed Fluorescent Phenothiazine-Dibenzo[a,j]phenazine-Phenothiazine Triads Exhibiting Tricolor-Changing Mechanochromic Luminescence,Okazaki, M.; Takeda, Y.*; Data, P.*; Pander, P.; Higginbotham, H.; Monkman, A. P.; Minakata, S.*,Chem. Sci.,8(4) 2677-2686,2017年01月,http://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2017/sc/c6sc04863c#!divAbstract,学術論文

  • 芳香族アミン類の新奇酸化的変換反応の開発を基盤とする機能性アザπ共役分子の創出 ,武田洋平,有機合成化学協会誌,2016, 74(10), 955–964 ,2016年10月,https://www.jstage.jst.go.jp/article/yukigoseikyokaishi/74/10/74_955/_article/-char/ja/,解説・総説

  • Dibenzo[a,j]phenzine-Cored Donor-Accpetor-Conor (D-A-D) Compounds as Green-to-Red/NIR Thermally Activated Delayed Fluorescence Organic Light Emitters,Data, P.*; Pander, P.; Okazaki, M.; Takeda, Y.*; Minakata, S.; Monkman, A. P.,Angew. Chem., Int. Ed.,55(19) 5739-5744,2016年04月,http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/anie.201600113/full,学術論文

  • Oxidative Skeletal Rearrangement of 1,1’-Binaphthalene-2,2’-Diamines (BINAMs) via C–C Bond Cleavage and Nitrogen Migration: A Versatile Synthesis of U-Shaped Azaacenes,Takeda, Y.*; Okazaki, M.; Minakata, S.*,Chem. Commun.,2014, 50 (71), 10291–10294.,2014年07月,http://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2014/cc/c4cc04911j,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,フラーレン誘導体・内包技術の最前線,武田洋平,南方聖司,シーエムシー出版,ISBN,978-4-7813-0937-8,2014年04月

  • 専門著書,Methods and Applications of Cycloaddition Reactions in Organic Syntheses,Minakata, S.; Takeda, Y.; Kiyokawa, K.,Wiley-VCH,ISBN,978-1-118-29988-3,2014年02月

  • 専門著書,Halogenated Heterocycles: Synthesis, Application and Environment, Topics in Heterocyclic Chemistry,Minakata, S.; Takeda, Y.; Hayakawa, J.,Springer,ISBN,978-3-642-25103-0,2012年02月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • アメリカ,COMPOSITIONS, METHODS, AND SYSTEMS COMPRISING FLUOROUS-SOLUBLE POLYMERS,Swager, T. M.; Lim, J.; Takeda, Y.,U.S. Pat. Apl. Serial No.: 13/213,647(出願),2011年08月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学協会 東レ 研究企画賞,武田 洋平,公益社団法人 有機合成化学協会,2015年02月

  • Outstanding Reviewer for Materials Chemistry Frontiers in 2017,Youhei Takeda,Materials Chemistry Frontiers,2018年02月

  • 第4回大阪大学総長奨励賞 研究部門,武田 洋平,大阪大学,2015年07月

  • 第二回融合ナノ基盤若手研究者交流会奨励賞,武田 洋平,京都大学工学研究科桂インテックセンター高等研究院融合ナノ基盤工学研究部門,2009年06月

  • Best Poster Award of the 19th Winter Fluorine Conference,Youhei Takeda,Division of Fluorine Chemistry, American Chemical Society,2009年01月

報道 【 表示 / 非表示

  • 多色発光への新たな指針,現代化学,2017年03月

  • こすったり、加熱すると発光色が3色に変化する 熱活性化遅延蛍光材料の開発に初めて成功!,大阪大学 プレスリリース,2017年01月

  • 境界を越えて見つかるもの,現代化学,2016年08月

  • ~従来の3倍の効率を達成!軽量・柔軟・高コントラストな照明開発に光~ 新しい熱活性化遅延蛍光材料の開発に初めて成功!,大阪大学 プレスリリース,2016年04月

  • 新規な熱活性化遅延蛍光材料 有機ELデバイスに応用,科学新聞,2016年04月

全件表示 >>

 

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,日本化学会 第96春季年会,プログラム編成委員,2016年03月

  • 国際会議,第26回有機金属化学国際会議 (ICOMC) ,組織委員,2014年07月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • その他,エクシライト プロジェクト,サイエンティフィック アドバイザリーボード,2016年07月 ~ 継続中