基本情報

写真b

武田 洋平

TAKEDA Youhei


キーワード

有機機能材料化学, 構造有機化学, 有機典型元素化学, 有機金属化学, 有機合成化学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7403

FAX番号

06-6879-7402

URL

http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/~komaken/members/Youhei_Takeda/Curriculum_Vitae.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2011年02月01日 ~ 2015年03月31日,工学研究科 グローバル若手研究者フロンティア研究拠点,助教,専任

  • 2015年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 応用化学専攻,准教授,専任

  • 2011年02月01日 ~ 2015年03月31日,工学研究科 応用化学専攻,助教,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

早稲田大学 理工学部 応用化学科 卒業 学士(工学) 2005年03月
京都大学 工学研究科 材料化学専攻 修了 修士(工学) 2007年03月
京都大学 工学研究科 材料化学専攻 修了 博士(工学) 2010年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員(DC2, 京都大学大学院工学研究科) 2009年04月 ~ 2010年03月
日本学術振興会特別研究員(PD, 京都大学大学院工学研究科) 2010年04月 ~ 2011年01月
米国 マサチューセッツ工科大学化学科 博士研究員 2010年04月 ~ 2011年01月
大阪大学大学院工学研究科附属高度人材育成センター テニュアトラック助教 2011年02月 ~ 2015年03月
大阪大学大学院工学研究科 応用化学専攻 准教授 2015年04月 ~ 継続中
日越大学 (Vietnam-Japan University) ナノテクノロジーコース、非常勤講師 2015年08月 ~ 2019年06月
東京工業大学科学技術創成研究院化学生命科学研究所 非常勤講師 2019年06月
文部科学省研究振興局 学術調査官(科学研究費補助金担当) 2019年08月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 特異な分子構造・典型元素の特徴を活かした新奇な有機機能性材料の開発
    キーワード:熱活性化遅延蛍光・室温リン光・メカノクロミズム
    構造有機化学および物理有機化学関連,機能物性化学関連,基礎物理化学関連,有機機能材料関連,高分子材料関連,有機合成化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • アメリカ化学会

  • 日本化学会

  • ケイ素化学協会

  • 近畿化学協会

  • ヨウ素学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Thermally Activated Delayed Fluorescent Donor–Acceptor–Donor–Acceptor π-Conjugated Macrocycle for Organic Light-Emitting Diodes,Saika Izumi, Heather F. Higginbotham, Aleksandra Nyga, Patrycja Stachelek, Norimitsu Tohnai, Piotr de Silva, Przemyslaw Data*, Youhei Takeda*, Satoshi Minakata*,Journal of the American Chemical Society,in press,2020年01月,https://doi.org/10.1021/jacs.9b11578,学術論文

  • Thermally Activated Delayed Fluorescence vs. Room Temperature Phosphorescence by Conformation Control of Organic Single Molecules,Przemyslaw Data,* Masato Okazaki, Satoshi Minakata, Youhei Takeda*,Journal of Materials Chemistry C,7(22) 6616-6621,2019年03月,https://doi.org/10.1039/c9tc00909d,学術論文

  • Recent Advancements in and the Future of Organic Emitters: TADF‐ and RTP‐Active Multifunctional Organic Materials,Przemyslaw Data,* Youhei Takeda*,Chemistry–An Asian Journal,14(10) 1613-1636,2019年01月,https://doi.org/10.1002/asia.201801791,解説・総説

  • Conformationally-Flexible and Moderately Electron-Donating Units-Installed D–A–D Triad Enabling Multicolor-Changing Mechanochromic Luminescence, TADF and Room-Temperature Phosphorescence,Youhei Takeda*, Takahito Kaihara, Masato Okazaki, Heather Higginbotham, Przemyslaw Data*, Norimatsu Tohnai, Satoshi Minakata,Chemical Communications,54(50) 6847-6850,2018年05月,https://doi.org/10.1039/C8CC02365D,学術論文

  • Thermally Activated Delayed Fluorescent Phenothiazine-Dibenzo[a,j]phenazine-Phenothiazine Triads Exhibiting Tricolor-Changing Mechanochromic Luminescence,Masato Okazaki, Youhei Takeda,* Przemyslaw Data,* Piotr Pander, Heather Higginbotham, Andrew P. Monkman, Satoshi Minakata*,Chemical Science,8(4) 2677-2686,2017年01月,https://doi.org/10.1039/C6SC04863C,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Science of Synthesis: Knowledge Updates 2019/2,Satoshi Minakata, Youhei Takeda,Georg Thieme Verlag KG,ISBN,978-3132429635,2019年08月

  • 専門著書,フラーレン誘導体・内包技術の最前線,武田洋平,南方聖司,シーエムシー出版,ISBN,978-4-7813-0937-8,2014年04月

  • 専門著書,Methods and Applications of Cycloaddition Reactions in Organic Syntheses,Minakata, S.; Takeda, Y.; Kiyokawa, K.,Wiley-VCH,ISBN,978-1-118-29988-3,2014年02月

  • 専門著書,Halogenated Heterocycles: Synthesis, Application and Environment, Topics in Heterocyclic Chemistry,Minakata, S.; Takeda, Y.; Hayakawa, J.,Springer,ISBN,978-3-642-25103-0,2012年02月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • アメリカ,COMPOSITIONS, METHODS, AND SYSTEMS COMPRISING FLUOROUS-SOLUBLE POLYMERS,Swager, T. M.; Lim, J.; Takeda, Y.,U.S. Pat. Apl. Serial No.: 13/213,647(出願),2011年08月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学奨励賞,武田 洋平,公益財団法人 有機合成化学協会,2019年02月

  • 有機合成化学協会 東レ 研究企画賞,武田 洋平,公益社団法人 有機合成化学協会,2015年02月

  • 日本化学会 第100春季年会 若い世代の特別講演会 特別講演証,武田 洋平,日本化学会,2020年03月

  • Global Peer Review Awards 2019 (top 1% in Chemistry; top 1% in Cross-Field),Youhei Takeda,Publons,2019年09月

  • Peer Review Awards 2018 (top 1% in Chemistry),Youhei Takeda,Publons,2018年09月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • ナノサイズの穴をもつ環状構造の第三世代有機EL発光材料の開発に成功!,大阪大学 プレスリリース,2020年01月

  • 有機合成化学奨励賞を受賞,山陽新聞,2019年01月

  • しなやかで剛直な発光分子,現代化学,2018年07月

  • 多色発光への新たな指針,現代化学,2017年03月

  • こすったり、加熱すると発光色が3色に変化する 熱活性化遅延蛍光材料の開発に初めて成功!,大阪大学 プレスリリース,2017年01月

全件表示 >>

 

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,π-System Figuration European-Japanese Workshop 2019 (π-EJ 2019),ワークショップのオーガナイザー,2019年11月

  • 国内重要会議,日本化学会 第99春季年会,プログラム編成委員,2019年03月

  • 国際会議,π-System Figuration European-Japanese Workshop 2018 (π-EJ 2018),ワークショップのオーガナイザー,2018年11月

  • 国内重要会議,日本化学会 第96春季年会,プログラム編成委員,2016年03月

  • 国際会議,第26回有機金属化学国際会議 (ICOMC) ,組織委員,2014年07月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • その他,Asian Journal of Organic Chemistr,Early Career Advisory Board,2020年01月 ~ 継続中

  • その他,日本学術振興会 産学協力研究委員会,「分子系の複合電子機能第181委員会」委員,2019年06月 ~ 継続中

  • その他,EXCILIGHT project(Horizon2020),Scientific Advisory Board,2016年07月 ~ 2019年08月

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学大学院工学研究科連携型融合研究組織 「分子技術を基盤としたイノベーション」代表,2018年07月 ~ 継続中

  • OCTAプロジェクト(Horizon2020)大阪大学コンタクトパーソン,2018年01月 ~ 継続中