基本情報

写真b

冨田 哲也

TOMITA Tetsuya


キーワード

整形外科学,リウマチ科,関節外科

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月01日 ~ 2007年03月31日,医学系研究科,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2009年09月30日,医学系研究科,助教,専任

  • 2009年10月01日 ~ 継続中,医学系研究科,寄附講座准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部 医学科 卒業 1988年03月
大阪大学 医学研究科 外科系専攻 修了 医学博士 1995年03月

職歴 【 表示 / 非表示

医員(大阪大学医学部附属病院) 1988年07月 ~ 1998年12月
行岡病院 整形外科医員 1989年01月 ~ 1989年12月
大阪厚生年金病院 整形外科医員 1990年01月 ~ 1990年12月
国立白浜温泉病院 整形外科医員 1991年01月 ~ 1991年03月
大阪大学助手 1996年12月 ~ 継続中
Stanford University Research Fellow 2002年04月 ~ 2003年12月
大阪大学大学院医学系研究科 助手 2003年12月 ~ 2007年08月
大阪大学大学院医学系研究科 学部講師 2007年09月 ~ 2009年09月
大阪大学大学院医学系研究科 寄附講座 准教授 2009年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 関節リウマチ,骨破壊,遺伝子治療,人工膝関節に関する研究

  • 人工膝関節の生体内動態解析
    生体医工学関連

  • 骨関節領域での遺伝子治療の開発
    整形外科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 米国整形外科学会

  • 米国リウマチ学会

  • 日本リウマチ学会

  • 日本リハビリテーション医学会

  • 日本整形外科学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Association between preoperative pain intensity of MTP joint callosities of the lesser toes and fore-mid-hindfoot deformities in rheumatoid arthritis cases.,Hirao M, Ebina K, Shi K, Tomita T, Noguchi T, Tsuboi H, Hashimoto J, Yoshikawa H.,Mod Rheumatol.,27(1):50-53,2017年01月,学術論文

  • Comparison of a self-administered foot evaluation questionnaire (SAFE-Q) between joint-preserving arthroplasty and resection-replacement arthroplasty in forefoot surgery for patients with rheumatoid arthritis.,Ebina K, Hirao M, Hashimoto J, Nampei A, Shi K, Tomita T, Futai K, Kunugiza Y, Noguchi T, Yoshikawa H.,Mod Rheumatol.,1-6,2016年12月,学術論文

  • Differential effects of IL-6 blockade tocilizumab and TNF inhibitors on angiogenesis in synovial tissues from patients with rheumatoid arthritis.,Hirohata S, Abe A, Murasawa A, Kanamono T, Tomita T, Yoshikawa H.,Mod Rheumatol.,1-7,2016年12月,学術論文

  • Patient-controlled bolus femoral nerve block after knee arthroplasty: quadriceps recovery, analgesia, local anesthetic consumption.,Sakai N, Nakatsuka M, Tomita T.,Acta Anaesthesiol Scand. ,60(10):1461-1469.,2016年11月,学術論文

  • Discontinuation of etanercept after achievement of sustained remission in patients with rheumatoid arthritis who initially had moderate disease activity-results from the ENCOURAGE study, a prospective, international, multicenter randomized study.,Yamanaka H, Nagaoka S, Lee SK, Bae SC, Kasama T, Kobayashi H, Nishioka Y, Ueki Y, Seto Y, Nishinarita M, Tamura N, Kimura N, Saito K, Tomita T, Nawata Y, Suzuki S, Ishigatsubo Y, Munakata Y, Makino Y, Inoue E, Tanaka Y, Takeuchi T; ENCOURAGE study group.,Mod Rheumatol. ,26(5):651-61.,2016年09月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,生物学的製剤によるB型肝炎ウイルス再活性化(ガイドラインを含む),藥師神 崇行, 冨田 哲也, 竹原 徹郎,医学書院,2013年08月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第17回日本骨代謝学会優秀演題賞,冨田 哲也,日本骨代謝学会,1999年07月