基本情報

写真b

尾﨑 雅則

OZAKI Masanori


キーワード

分子エレクトロニクス

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://opal.eei.eng.osaka-u.ac.jp/jhome/index.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月01日 ~ 2005年03月31日,工学研究科,助教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 電気電子情報工学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 電気工学科 卒業 1983年03月
大阪大学 工学研究科 電気工学専攻 修了 1985年03月
大阪大学 工学研究科 電気工学専攻 修了 工学博士 1988年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学工学部助手 1988年04月 ~ 継続中
大阪大学工学部学内講師 1991年12月 ~ 継続中
大阪大学工学部助教授 1994年07月 ~ 継続中
大阪大学大学院工学研究科 教授 2005年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • フォトニック結晶の創成と機能応用に関する研究
    光工学および光量子科学関連

  • 有機分子・高分子材料における非線形光学に関する研究
    光工学および光量子科学関連

  • 機能性高分子の電子物性と機能光応用に関する研究
    電気電子材料工学関連

  • 液晶の基礎物性と機能応用に関する研究
    応用物性関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 電気学会

  • 応用物理学会

  • 日本液晶学会

  • 電気材料技術懇談会

  • International Liquid Crystal Society

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Dispersion of Resonant Raman Scattering in π-Conjugated Polymers: Role of the Even Parity Excitons,M.Ozaki, E. Ehrenfreund, R.E.Benner, T.J.Barton, K.Yoshino and Z.V.Vardeny,Phys.Rev.Lett., Vol.79, pp.1762-1765,Vol.79, pp.1762-1765,1997年09月,学術論文

  • Cooperative Emission in pai-Conjugated Polymer Thin Films,S.V.Frolov, W.Gellermann, M.Ozaki, K.Yoshino, Z.V.Vardeny,Phys.Rev.Lett., Vol.78, pp.729-732,Vol.78, pp.729-732,1997年01月,学術論文

  • Electric field tuning of a stop band in a reflection spectrum of synthetic opal infiltrated with nematic liquid crystal,Y.Shimoda, M.Ozaki, K.Yoshino,Appl.Phys.Lett., Vol.79, pp.3627-3629,Vol.79, pp.3627-3629,2001年11月,学術論文

  • Electric Field Tuning of the Stop Band in a Liquid-Crystal- Infiltrated Polymer Inverse Opal,Masanori Ozaki, Yuki Shimoda, Masahiro Kasano, Katsumi Yoshino,Adv.Mater., Vol.14, pp.514-518,Vol.14, pp.514-518,2002年04月,学術論文

  • Mirrorless Lasing in a Dye-Doped Ferroelectric Liquid Crystal,Masanori Ozaki, Masahiro Kasano, Dirk Ganzke, Wolfgang Haase, Katsumi Yoshino,Adv.Mater., Vol.14, pp.306-309,Vol.14, pp.306-309,2002年03月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教科書,電気電子材料,伊藤利道,吉門進三,尾﨑雅則,鷲尾勝由,塩島謙次,斗内政吉,株式会社 オーム社,ISBN,978-4-274-21678-7,2016年01月

  • 専門著書,有機薄膜太陽電池の研究最前線  第1章 3.液晶性フタロシアニンンを用いた有機薄膜太陽電池,尾崎雅則、藤井彰彦、清水洋,シーエムシー出版,ISBN,978-4-7813-0600-1 C3054,2012年07月

  • 専門著書,最新フォトニクスポリマー材料と応用技術第9章 1.有機薄膜太陽電池の効率化動向と展望,尾崎雅則、藤井彰彦,シーエムシー出版,2011年05月

  • 専門著書,プリンテッドエレクトロニクス技術最前線第7編 第6章 共役高分子/フラーレン系塗布型有機薄膜太陽電池,藤井彰彦、尾崎雅則,シーエムシー出版,2010年05月

  • 専門著書,有機薄膜太陽電池の高効率化と耐久性向上 第5章第2節 塗布法による高効率有機薄膜太陽電池の作製,藤井彰彦、尾崎雅則,サイエンス&テクノロジー,2009年01月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,フタロシアニン化合物及び有機半導体材料,清水 洋、ソーサ —ヴァルガス リディア、ネケルソン ファビアン、尾崎雅則、藤井彰彦,特願2013-230240(出願),2013年11月

  • 日本,屈折率変動材料、および、屈折率変動材料の製造方法,吉田浩之、井上曜、尾崎雅則,特願2011-176531(出願),2011年08月

  • 日本,光電変換素子及び太陽電池,清水 洋、尾崎雅則、藤井彰彦、堀哲郎、増田哲也,2011-75391(出願),2011年03月

  • 日本,光電変換素子及び太陽電池,清水 洋、尾崎雅則、藤井彰彦、堀哲郎、三宅康雄,2010-149044(出願),2010年06月

  • 日本,有機半導体材料,清水 洋、尾崎雅則、藤井彰彦、三宅康雄,2010-069535(出願),2010年03月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • JJAP編集貢献賞,尾崎 雅則,応用物理学会,2003年04月

  • 日本液晶学会論文賞,尾崎 雅則,日本液晶学会,2002年10月

  • 一般社団法人日本液晶学会 論文賞 A部門,吉田浩之,尾崎雅則,菊池裕嗣,一般社団法人日本液晶学会,2014年09月

  • IUMRS-ICEM 2012 (International Union of Materials Research Societies – International Conference on Electronic Materials) Young Scientist Silver Award,Hiroyuki Yoshida,The Materials Research Society - Japan,2012年09月

  • IDW'09 Best Paper Award,Hiroyuki Yoshida, Kosuke Kawamoto, Yuma Tanaka, Hitoshi Kubo, Akihiko Fujii, Masanori Ozaki,The Institute of Image Information and Television EngineersThe Society for Information Display,2009年12月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • コレステリック液晶の反射光の波面を制御,科学新聞,2016年04月

 

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,第4回日本-イタリア液晶ワークショップ,組織委員,2008年07月