基本情報

写真b

尾路 祐介

OJI Yuusuke


キーワード

WT1遺伝子、腫瘍生化学、内科学,血液学、腫瘍免疫学

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://sahswww.med.osaka-u.ac.jp/~hmtonc/index.html

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月01日 ~ 2003年03月31日,医学部,助手,専任

  • 2003年04月01日 ~ 2004年03月31日,医学系研究科 保健学専攻,助手,専任

  • 2004年04月01日 ~ 2007年03月31日,医学系研究科 保健学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2009年03月31日,医学系研究科 保健学専攻,准教授,専任

  • 2009年04月01日 ~ 2010年09月30日,医学系研究科,寄附講座教授,専任

  • 2010年10月01日 ~ 2017年03月31日,医学系研究科 保健学専攻,寄附講座教授,専任

  • 2017年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 保健学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部 医学科 卒業 医学士 1990年03月
大阪大学 医学部 医学研究科 卒業 1994年06月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1997年04月 ~ 継続中
大阪大学大学院医学系研究科・助教授 2004年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍免疫学

  • 癌生物学

  • Wilms' tumor gene (WT1遺伝子)の機能に関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会

  • 日本血液学会

  • 日本がん免疫学会

  • 血液疾患免疫療法学会

  • 日本内科学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • What should we tackle next in acute myeloid leukemia? Wilms tumor gene 1 vaccine therapy would be a promising and versatile strategy for acute myeloid leukemia.,Nakata J, Oji Y, Oka Y, Sugiyama H.,Expert Rev Hematol,12: 211-213, 2019,2019年04月,学術論文

  • A phase I clinical study of a cocktail vaccine of Wilms' tumor 1 (WT1) HLA class I and II peptides for recurrent malignant glioma. ,Tsuboi A, Hashimoto N, Fujiki F, Morimoto S, Kagawa N, Nakajima H, Hosen N, Nishida S, Nakata J, Morita S, Sakamoto J, Oji Y, Oka Y, Sugiyama H. ,Cancer Immunol Immunother.,2018年11月,学術論文

  • Extremely strong infiltration of WT1-specific CTLs into mouse tumor by the combination vaccine with WT1-specific CTL and helper peptides. ,Nakata J, Nakajima H, Hayashibara H, Imafuku K, Morimoto S, Fujiki F, Motooka D, Okuzaki D, Hasegawa K, Hosen N, Tsuboi A, Oka Y, Kumanogoh A, Oji Y, Sugiyama H., Oncotarget,9, 36029-36038, 2018.,2018年11月,学術論文

  • Establishment of a novel platform cell line for efficient and precise evaluation of T cell receptor functional avidity. ,Morimoto S, Fujiki F, Kondo K, Nakajima H, Kobayashi Y, Inatome M, Aoyama N, Nishida Y, Tsuboi A, Oka Y, Nishida S, Nakata J, Hosen N, Oji Y, Sugiyama H.,Oncotarget., 9: 34132-34141, 2018.,2018年09月,学術論文

  • WT1 peptide-based immunotherapy for advanced thymic epithelial malignancies. ,Oji Y, Inoue M, Takeda Y, Hosen N, Shintani Y, Kawakami M, Harada T, Murakami Y, Iwai M, Fukuda M, Nishida S, Nakata J, Nakae Y, Takashima S, Shirakata T, Nakajima H, Hasegawa K, Kida H, Kijima T, Morimoto S, Fujiki F, Tsuboi A, Morii E, Morita S, Sakamoto J, Kumanogoh A, Oka Y, Okumura M, Sugiyama H,International Journal of Cancer,142(11) 2375-2382,2018年06月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Immunotherapy of Cancer (Chapter 12) WT1 Peptide Vaccine for the Treatment of Malignancies: Its Development, Recent Progress, and Future Perspectives ,Oka Y. et al.,Springer,ISBN,978-4-431-55031-0 ,2016年03月

  • 専門著書,Inflammation and Immunity in Cancer (Chapter14) Enhancement of Efficacy of Wilms’ Tumor Gene WT1 Product-derived Peptide Cancer Vaccine by Co-administration with Immunopotentiating Agents: Lessons from Mouse Models,Nakajima H. et al,Springer,ISBN,978-4-431-55326-7,2015年10月

  • 専門著書,なぜがんができるのか-がんの発生. 新・がん医学入門2 がんはなぜできるのか,尾路祐介 ,中山書店,ISBN,978-4-521-73039-4 ,2008年06月

  • 専門著書,癌化学療法の新しい分子標的 WT1遺伝子.  癌治療の新たな試み 新編II.  ,尾路 祐介、杉山 治夫,医薬ジャーナル社,ISBN,ISBN4-7532-2182-2 C3047,2005年11月

  • 専門著書,感染症に対する薬剤、薬剤耐性.  監修 コーディネーターのための臓器移植概説. ,尾路 祐介、杉山 治夫,日本医学館,ISBN,4890443622,1997年11月

報道 【 表示 / 非表示

  • がん克服へ「WT1」を追え,日本経済新聞,2011年08月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 阪大保健学科第2回公開講座 予防が第一 一緒に「健康づくり」を考えましょう!,「免疫パワーはすごい!がんの免疫治療」,2018年03月

  • 平成18年度大阪大学大学院薬学系研究科公開講座,がん医療における薬物治療,2006年11月

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 国内学会発表,2018年09月

  • 国内学会発表,2018年09月

  • 国内学会発表,2018年09月

  • 国内学会発表,2018年09月

  • 国内学会発表,2018年09月

全件表示 >>