基本情報

写真b

板崎 德禎

ITAZAKI Noriyoshi


キーワード

計算機工学、集積回路工学

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月01日 ~ 2005年03月31日,工学研究科,助手,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,工学研究科 精密科学・応用物理学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 精密科学・応用物理学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

広島工業大学 工学部 電気工学科 卒業 1982年04月
広島大学 環境科学研究科 環境科学専攻 修了 1986年03月
広島大学 工学研究科 情報工学専攻 修了 1989年12月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学工学部助手 1990年01月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • VLSIの検査/設計手法に関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • IEEE

  • 情報処理学会

  • 電子情報通信学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Crosstalk Fault Reduction and Simulation for Clock-Delayed Domino Circuits,Kazuya Shimizu, Noriyoshi Itazaki, Kozo Kinoshita,Proc. of 11th Asian Test Symposium, pp.176-181,pp.176-181,2002年11月,国際会議(proceedingsあり)

  • Built-In Self-Test for Crosstalk Faults in a Digital VLSI,Kazuya Shimizu, Noriyoshi Itazaki, Kozo Kinoshita,Systems and Computers in Japan, Vol. 33, no.13, pp.35-47,Vol. 33, no.13, pp.35-47,2002年11月,学術論文

  • Reduction of the Target Fault List and fault Simulation Method for Crosstalk Faults in Clock-Delayed Domino Circuits,Kazuya Shimizu, Takanori Shirai, Masaya Takamura, Noriyoshi Itazaki, Kozo Kinoshita,IEICE Trans on Information and Systems, Vol. E85-D, no.10, pp.1526-1533,Vol. E85-D, no.10, pp.1526-1533,2002年10月,学術論文

  • An Efficient Method of Crosstalk Fault Simulation for Clock Delayed Domino Circuits,Kazuya Shimizu, Takanori Shirai, Masaya Takamura, Noriyoshi Itazaki, Kozo kinoshita,Dig. of European Test Workshop, pp.125-125,pp.125-125,2002年05月,その他

  • テストポイントとフェーズシフタを用いたBISTによるクロストーク故障検査,清水和也、白井孝典、板崎徳禎、樹下行三,電子情報通信学会論文誌(D1)、Vol.J84-D-I, no.3, pp.257-268,(D1),Vol.J84-D-I, no.3, pp.257-268,2002年05月,学術論文

全件表示 >>