基本情報

写真b

八木 清仁

YAGI Kiyohito


キーワード

生物工学

メールアドレス

メールアドレス

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2000年03月01日 ~ 2012年03月31日,薬学研究科 分子薬科学専攻,教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 2018年03月31日,薬学研究科 創成薬学専攻,教授,専任

  • 2018年04月01日 ~ 継続中,薬学研究科,特任教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 薬学部 製薬化学科 卒業 薬学士 1976年03月
大阪大学 薬学研究科 応用薬学専攻 修了 薬学修士 1978年03月
大阪大学 薬学研究科 応用薬学専攻 修了 薬学博士 1981年09月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1983年04月 ~ 1992年03月
大阪大学助教授 1992年04月 ~ 2000年02月
大阪大学教授 2000年03月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 肝細胞移植、骨髄細胞の肝細胞への分化研究、バイオ人工肝臓の開発、粘土鉱物を利用した経口DDS、微生物バイオセンサー開発
    薬系衛生および生物化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本再生医療学会

  • 日本農芸化学会

  • 日本生物工学会

  • 日本薬学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Lignosulfonic acid attenuates NF-κB activation and intestinal epithelial barrier dysfunction induced by TNF-α/IFN-γ in Caco-2 cells.,Matsuhisa K, Watari A, Iwamoto K, Kondoh M, Yagi K,Journal of natural medicines,2017年12月,学術論文

  • Creation of a Claudin-2 Binder and Its Tight Junction-Modulating Activity in a Human Intestinal Model.,Takigawa M, Iida M, Nagase S, Suzuki H, Watari A, Tada M, Okada Y, Doi T, Fukasawa M, Yagi K, Kunisawa J, Kondoh M,The Journal of pharmacology and experimental therapeutics,363(3) 444-451,2017年12月,学術論文

  • Identification of claudin-4 binder that attenuates tight junction barrier function by TR-FRET-based screening assay.,Watari A, Kodaka M, Matsuhisa K, Sakamoto Y, Hisaie K, Kawashita N, Takagi T, Yamagishi Y, Suzuki H, Tsujino H, Yagi K, Kondoh M,Scientific reports,7(1) 14514,2017年11月,学術論文

  • Angubindin-1, a novel paracellular absorption enhancer acting at the tricellular tight junction.,Krug SM, Hayaishi T, Iguchi D, Watari A, Takahashi A, Fromm M, Nagahama M, Takeda H, Okada Y, Sawasaki T, Doi T, Yagi K, Kondoh M,Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society,260 1-11,2017年08月,学術論文

  • Claudin-targeted drug development using anti-claudin monoclonal antibodies to treat hepatitis and cancer.,Hashimoto Y, Fukasawa M, Kuniyasu H, Yagi K, Kondoh M,Annals of the New York Academy of Sciences,1397(1) 5-16,2017年06月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,ペプチド・タンパク性医薬品の新規DDS製剤の開発と応用「第1章第5項 Claudin modulatorを用いたペプチド・タンパク性医薬品の経粘膜吸収促進」,小高美樹、近藤昌夫、八木清仁,メディカルドゥ,2011年06月

  • 専門著書,再生医療実用化にむけた生物工学研究,大政健史、小山純弘、上平正道、川瀬雅也、紀ノ岡正博、黒澤 尋、酒井康行、新海政重、高木 睦、寺田 聡、原 正之、棟方正信、森山 剛、八木清仁、山地秀樹、山本進二郎、王 碧昭,日本生物工学会セル&ティッシュエンジニアリング研究部会編 編集代表(高木睦、大政健史),三恵社,2003年03月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,核酸を含む経腸投与用組成物,八木清仁、近藤昌夫、渡利彰浩、村上正裕、永浜政博、横田隆徳、渡辺知恵,特願2015-234700(出願),2015年12月

  • 日本,抗体、フラグメント、分子及び抗HCV治療剤,近藤昌夫、深澤征義、八木清仁、渡利彰浩,特願2015-041198号(出願),2015年03月

  • 日本,新規クローディン結合分子およびその利用,八木清仁、近藤昌夫,特願2010-25259(出願),2010年02月

  • 日本,新規クローデイン結合分子およびその利用,八木清仁、近藤昌夫,特願2010-25259(出願),2010年02月

  • 日本,粘膜ワクチン,八木清仁,近藤昌夫,磯田勝広,堀口安彦,PCT/JP2009/71291(出願),2009年12月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本生物工学会論文賞,Takeda, M., Yamamoto, M., Isoda, K., Higashiyama, S., Hirose, M., Ohgushi, H., Kawase, M., Yagi, K.,日本生物工学会,2006年09月

  • 日本生物工学会論文賞,K. Yagi, N. Shiomi, C. Yamada, N. Michibayashi, Y. Nakashima, M. Kawase, Y. Miura, T. Mizoguchi,日本生物工学会,1996年10月

  • 地球環境産業技術研究機構優秀企画賞,八木 清仁,地球環境産業技術研究機構,1994年04月

報道 【 表示 / 非表示

  • 水中のヒ素 3時間内に色で判別,日刊工業新聞,2008年02月

  • シイタケエキス 肝炎の発症抑制,日刊工業新聞,2008年02月

  • 親知らずから幹細胞,読売新聞,2006年03月

  • 親知らずから細胞分化,毎日新聞,2006年03月

  • 親知らずで肝臓再生,産経新聞,2006年03月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学薬友会卒後研修会,新たな創薬ターゲット”クローディン”,2011年09月

  • 出張講義,大阪大学薬学部概要説明と模擬講義「バイオ医薬品」,2011年07月

  • Experimental Biology2011,Development of novel claudin-4 binder and its application in mucosal vaccine,2011年04月

  • Pharmaceutical Sciences World Congress 2010,Development of a mucosal vaccine using a claudin-4 binder,2010年11月

  • 日本薬学会北陸支部特別講演会,タイトジャンクション構成タンパクを標的とした新規疾病治療法の開発,2010年09月

全件表示 >>