基本情報

写真b

八島 光晴

YASHIMA Mitsuharu


キーワード

物性物理学

電話番号

06-6850-6438

FAX番号

06-6850-6438

URL

http://www.mukudalab.mp.es.osaka-u.ac.jp/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2006年05月01日 ~ 2006年09月30日,基礎工学研究科 物質創成専攻,特任研究員,専任

  • 2006年10月01日 ~ 2007年03月31日,基礎工学研究科 物質創成専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,基礎工学研究科 物質創成専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 基礎工学研究科  修了 工学修士 2004年03月
大阪大学 基礎工学研究科  修了 理学博士 2006年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学大学院基礎工学研究科助手 2006年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 核磁気共鳴法による強相関電子系の超伝導と磁性の研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Possibility of Valence-Fluctuatsion-Mediated Superconductivity in Cd-Doped CeIrIn5 Probed by In NQR,M. Yashima, N. Tagami, S. Taniguchi, T. Unemori, K. Uematsu, H. Mukuda, Y. Kitaoka, Y. Ota, F. Honda,R. Settai, and Y. Onuki,Phys Rev Lett.,109, 117001/1-5,2012年09月,学術論文

  • Magnetic Criticality and Unconventional Superconductivity in CeCoIn5: Study of 115In-Nuclear Quadrupole Resonance under Pressure,M. Yashima, S. Kawasaki, Y. Kawasaki, G.-q. Zheng, Y. Kitaoka, H. Shishido, R. Settai, Y. Haga and Y. Onuki,J. Phys. Soc. Jpn 73, 2073-2076 (2004),73 2073-2076,2004年08月,http://jpsj.ipap.jp/link?JPSJ/73/2073,学術論文

  • Anomalous 125Te Nuclear Spin Relaxation Coincident with Charge Kondo Behavior in Superconducting Pb1−xTlxTe,Hidekazu Mukuda, Takashi Matsumura, Shota Maki, Mitsuharu Yashima, Yoshio Kitaoka, Kazumasa Miyake, Hironaru Murakami, Paula Giraldo-Gallo, Theodore H. Geball, and Ian R. Fisher Show less,87(2) 023706,2018年02月,学術論文

  • Enhancement of Tc in CeIr(In1-xCdx)5 studied by In-NQR,M. Yashima, K. Tani, K. Nishimoto, H. Mukuda, Y. Kitaoka, F. Honda, R. Settai, and Y.Onuki,Journal of Physics: Conference Series,807 052004-1-052004-6,2017年08月,学術論文

  • Superconductivity and Antiferromagnetic Spin Fluctuations in LaFe (As1–xPx)(O1–yFy) probed by 31P-NMR,T. Shiota, H. Mukuda, M. Uekubo, F. Engetsu, M. Yashima, Y. Kitaoka, K.T. Lai, H. Usui, K. Kuroki, S. Miyasaka, S. Tajima,Journal of Physics: Conference Series,807 052006,2017年02月,国際会議(proceedingsあり)

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 最先端ときめき研究推進事業「ときめき研究アワード」,本多史憲,大阪大学,2010年07月