基本情報

写真b

畑中 吉治

KICHIJI Hatanaka


キーワード

原子核物理

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1997年12月01日 ~ 2016年03月31日,核物理研究センター,教授,専任

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,核物理研究センター,特任教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 理学研究科 物理学専攻 修了 理学博士 1979年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会奨励研究員 1979年04月 ~ 1988年03月
大阪大学核物理研究センター、研究室員 1980年04月 ~ 1981年07月
大阪大学助手 1981年08月 ~ 1982年08月
大阪大学核物理研究センター、研究室員 1982年09月 ~ 1984年01月
理化学研究所、研究員 1984年02月 ~ 1989年12月
大阪大学助教授 1990年01月 ~ 1997年11月
大阪大学教授 1997年12月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 中間エネルギー核反応におけるスピン・アイソスピン応答

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Elastic scattering and breakup of Be 11 on deuterons at 26.9A MeV,J. Chen, J.L. Lou, Y.L. Ye, J. Rangel, A.M. Moro, D.Y. Pang, Z.H. Li, Y.C. Ge, Q.T. Li, J. Li, W. Jiang, Y.L. Sun, H.L. Zang, Y. Zhang, N. Aoi, E. Ideguchi, H.J. Ong, J. Lee, J. Wu, H.N. Liu, C. Wen, Y. Ayyad, K. Hatanaka, T.D. Tran, T. Yamamoto, M. Tanaka, T. Suzuki, T.T. Nguyen,Physical Review C - Nuclear Physics,94 ( 6 ) , art. no. 064620,2016年12月,学術論文

  • Present status of the 129Xe comagnetometer development for neutron EDM measurement,M. Mihara, Y. Masuda, K. Matsuta, S. Kawasaki, Y. Watanabe, K. Hatanaka, R. Matsumiya,Hyperfine Interactions,237 122,2016年08月,国際会議(proceedingsあり)

  • New DC muon beamline, MuSIC : present status of beamline commissioning and prospects,D. Tomono, M. Fukuda, K. Hatanaka, W. Higemoto, M. Ieiri, Y. Kawashima, Y. Kuno, T. Matsuzaki, M. Minakawa, Y. Miyake, Y. Mori, S. Morinobu, Y. Nakazawa, K. Ninomiya, T. Saito, H. Sakamoto, A. Sato, K. Shimomura, K. Takahisa, and A. Taniguchi,18th international workshop on Neutrino factories and Future Neutrino Facilities Search (NuFact16),2016年08月,国際会議(proceedingsあり)

  • Developments of HTS magnets towards application to accelerators,K. Hatanaka, M. Fukuda, K. Kamakura, H. Ueda, Y. Yasuda, T. Yorita,IPAC 2016 - Proceedings of the 7th International Particle Accelerator Conference,pp. 1180 - 1182,2016年05月,国際会議(proceedingsあり)

  • Development of HTS magnets,Hatanaka, K., Fukuda, M., Kamakura, K., Ueda, H., Yorita, T., Saito, T., Yasuda, Y., Kawaguchi, T.,Physics Procedia,81 pp. 145 - 148,2015年11月,国際会議(proceedingsあり)

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 退職記念講義,「サイクロトロンビームの高度化に向けて」,2016年03月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,SPIN2000 14th International Spin Physics Symposium,共同議長,2000年10月