基本情報

写真b

柏木 浩和

KASHIWAGI Hirokazu


キーワード

血小板、膜糖蛋白、シグナル

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-3871

FAX番号

06-6879-3879

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月01日 ~ 2007年03月31日,医学系研究科 内科系臨床医学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2010年09月30日,医学系研究科 内科系臨床医学専攻,助教,専任

  • 2010年10月01日 ~ 2012年03月31日,医学系研究科 医学専攻,助教,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,講師,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部  卒業 1996年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 1. 血小板機能制御分子の解析
    2. 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の病態解析
    3. 血小板膜糖蛋白欠損症の解析

    血液および腫瘍内科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本血栓止血学会

  • 日本血液学会

  • 日本内科学会

  • 日本輸血・細胞治療学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Immature platelet fraction (IPF) as a predictive value for thrombopoietic recovery after allogeneic stem cell transplantation,Sakuragi M, et al.,International Journal of Hematology,2017年10月,学術論文

  • Human CalDAG-GEFI deficiency increases bleeding and delays αIIbβ3 activation.,Kato H, Nakazawa Y, Kurokawa Y, Kashiwagi H, Morikawa Y, Morita D, Banno F, Honda S, Kanakura Y, Tomiyama Y. ,Blood,128・23・2729,2016年12月,学術論文

  • Expression levels of ABCG2 on cord red blood cells and study of fetal anemia associated with anti-Jr(a).,Fujita S, Kashiwagi H, Tomimatsu T, Ito S, Mimura K, Kanagawa T, Endo M, Miyoshi T, Okamura Y, Tani Y, Tomiyama Y, Kimura T.,Transfusion,56(5):1171-81,2016年05月,学術論文

  • Expression levels of ABCG2 on cord red blood cells and study of fetal anemia associated with anti-Jr(a),Fujita S, Kashiwagi H, Tomimatsu T, Ito S, Mimura K, Kanagawa T, Endo M, Miyoshi T, Okamura Y, Tani Y, Tomiyama Y, Kimura T,Transfusion,56(5):1171-81,2016年05月,学術論文

  • 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の治療,柏木浩和, 冨山佳昭,臨床血液,55 2087-2094,2014年10月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,血小板機能異常症の診断と治療: EBM血液疾患の治療2015-2016(金倉譲、木崎昌弘、鈴木律朗、神田善伸編),柏木 浩和,中外医学社,2014年11月

  • 専門著書,よくわかる血栓・止血異常の診療,冨山佳昭,中山書店,2014年11月

  • 専門著書,ITPの病態解析: Annual Review血液2014(高久史麿、小澤敬也、坂田洋一、金倉譲、小島勢二編),柏木 浩和,中外医学社,2014年01月

  • 専門著書,特発性血小板減少性紫斑病(ITP);専門医のための薬物療法Q&A (小松則夫,片山直之,冨山佳昭編),柏木浩和,冨山佳昭,中外医学社,2011年10月

  • 専門著書,造血器腫瘍治療 これは困ったぞ、どうしよう?第2版(押味和夫監修, 木崎昌弘, 松村 到編,柏木 浩和,中外医学社,2010年10月