基本情報

写真b

柏木 浩和

KASHIWAGI Hirokazu


キーワード

血小板、膜糖蛋白、シグナル

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-3871

FAX番号

06-6879-3879

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月01日 ~ 2007年03月31日,医学系研究科 内科系臨床医学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2010年09月30日,医学系研究科 内科系臨床医学専攻,助教,専任

  • 2010年10月01日 ~ 2012年03月31日,医学系研究科 医学専攻,助教,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,講師,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部  卒業 1996年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 1. 血小板機能制御分子の解析
    2. 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の病態解析
    3. 血小板膜糖蛋白欠損症の解析

    血液および腫瘍内科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本血栓止血学会

  • 日本血液学会

  • 日本内科学会

  • 日本輸血・細胞治療学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Immature platelet fraction (IPF) as a predictive value for thrombopoietic recovery after allogeneic stem cell transplantation,Sakuragi M, et al.,International Journal of Hematology,107(3) 320-326,2018年03月,学術論文

  • Immature platelet fraction (IPF) as a predictive value for thrombopoietic recovery after allogeneic stem cell transplantation.,Sakuragi M, Hayashi S, Maruyama M, Kiyokawa T, Nagamine K, Fujita J, Maeda T, Kato H, Kashiwagi H, Kanakura Y, Tomiyama Y.,International Journal of Hematology,107(3):320-326,2018年03月,学術論文

  • どれくらいまでなら運動してもいいですか?,柏木 浩和,内科,120: 73-736,2017年09月,解説・総説

  • 出血症状が出たときどうする? ,柏木 浩和,レジデントノート「やさしく考える抗血栓薬・止血薬」,19:1212-1218,2017年08月,解説・総説

  • 血小板機能と抗血小板薬,柏木 浩和,日本臨床 増刊号「動脈・静脈疾患の基礎研究動向」,75:1055-1061 ,2017年07月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,血小板機能異常症の診断と治療: EBM血液疾患の治療2015-2016(金倉譲、木崎昌弘、鈴木律朗、神田善伸編),柏木 浩和,中外医学社,2014年11月

  • 専門著書,よくわかる血栓・止血異常の診療,冨山佳昭,中山書店,2014年11月

  • 専門著書,ITPの病態解析: Annual Review血液2014(高久史麿、小澤敬也、坂田洋一、金倉譲、小島勢二編),柏木 浩和,中外医学社,2014年01月

  • 専門著書,特発性血小板減少性紫斑病(ITP);専門医のための薬物療法Q&A (小松則夫,片山直之,冨山佳昭編),柏木浩和,冨山佳昭,中外医学社,2011年10月

  • 専門著書,造血器腫瘍治療 これは困ったぞ、どうしよう?第2版(押味和夫監修, 木崎昌弘, 松村 到編,柏木 浩和,中外医学社,2010年10月