基本情報

写真b

梅本 英司

UMEMOTO Eiji


キーワード

粘膜免疫 白血球動態 

電話番号

06-6879-3982

FAX番号

06-6879-3989

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月01日 ~ 2007年11月30日,医学系研究科 予防環境医学専攻,特任研究員,専任

  • 2007年12月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 予防環境医学専攻,助教,専任

  • 2011年04月01日 ~ 2012年03月31日,医学系研究科 医学専攻,助教,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,准教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,免疫学フロンティア研究センター,准教授,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 理学部  卒業 1999年03月
京都大学 生命科学研究科  修了 2001年03月
大阪大学 医学系研究科  単位取得満期退学 2005年03月

職歴 【 表示 / 非表示

特任研究員 2005年04月 ~ 2007年11月
大阪大学大学院医学系研究科 免疫動態学 助教 2007年12月 ~ 2012年03月
大阪大学大学院医学系研究科 免疫制御学・准教授 2012年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 腸管における免疫系および上皮細胞の機能解析
    免疫学関連,細胞生物学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本免疫学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本マクロファージ分子細胞生物学研究会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A Distinct Subset of Fibroblastic Stromal Cells Constitutes the Cortex-Medulla Boundary Subcompartment of the Lymph Node.,Takeuchi A, Ozawa M, Kanda Y, Kozai M, Ohigashi I, Kurosawa Y, Rahman MA, Kawamura T, Shichida Y, Umemoto E, Miyasaka M, Ludewig B, Takahama Y, Nagasawa T, Katakai T.,Frontiers in Immunology,9:2196,2018年10月,学術論文

  • Two-Photon Imaging of T-Cell Motility in Lymph Nodes: In Vivo and Ex Vivo Approaches.,Takeda A, Miyasaka M, Umemoto E.,Methods Mol Biol.,1763:43-52,2018年02月,学術論文

  • Hydrogen-Rich Saline Regulates Intestinal Barrier Dysfunction, Dysbiosis and Bacterial Translocation in a Murine Model of Sepsis.,Ikeda M, Shimizu K, Ogura H, Kurakawa T, Umemoto E, Motooka D, Nakamura S, Ichimaru N, Takeda K, Takahara S, Hirano SI, Shimazu T.,Shock,Epub ahead of print,2017年12月,学術論文

  • Slc3a2 Mediates Branched-Chain Amino-Acid-Dependent Maintenance of Regulatory T Cells.,Ikeda K, Kinoshita M, Kayama H, Nagamori S, Kongpracha P, Umemoto E, Okumura R, Kurakawa T, Murakami M, Mikami N, Shintani Y, Ueno S, Andou A, Ito M, Tsumura H, Yasutomo K, Ozono K, Takashima S, Sakaguchi S, Kanai Y, Takeda K.,Cell Reports,21, 1824-1838,2017年11月,学術論文

  • Dysbiosis contributes to arthritis development via activation of autoreactive T cells in the intestine.,Maeda Y, Kurakawa T, Umemoto E, Motooka D, Ito Y, Gotoh K, Hirota K, Matsushita M, Furuta Y, Narazaki M, Sakaguchi N, Kayama H, Nakamura S, Iida T, Saeki Y, Kumanogoh A, Sakaguchi S, Takeda K.,Arthritis Rheumatol.,68(11) 2646-2661,2016年11月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Chronic Inflammation: Mechanisms and Regulation,Miyasaka, M., Takeda, A., Hata, E., Sasaki, N., Umemoto, E. & Jalkanen, S.,Springer Japan,ISBN,978-4-431-56068-5 (eBook),2016年11月

報道 【 表示 / 非表示

  • 健康には脂質が不可欠…免疫細胞「リンパ球」の動き促進、阪大が世界初の実証,産経WEST,2016年01月

 

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,第39回日本免疫学会総会・学術集会,事務局長,2009年12月