基本情報

写真b

馬場口 登

BABAGUCHI Noboru


キーワード

映像メディア処理、画像解析、パターン認識、マルチメディアコミュニケーション

URL

http://www2c.comm.eng.osaka-u.ac.jp/~babaguchi/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月01日 ~ 2002年12月15日,産業科学研究所,助教授,専任

  • 2002年12月16日 ~ 2005年03月31日,工学研究科,教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 電気電子情報通信工学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 通信工学科 卒業 1979年03月
大阪大学 工学研究科 通信工学専攻 修了 1981年03月
大阪大学 工学研究科  工学博士 1984年11月

職歴 【 表示 / 非表示

愛媛大学工学部電子工学科助手 1982年04月 ~ 1987年
大阪大学工学部通信工学科助手 1987年02月 ~ 1990年
大阪大学工学部通信工学科講師 1990年10月 ~ 1993年03月
大阪大学産業科学研究所・助教授 1993年04月 ~ 2002年12月
文部省在外研究員カリフォルニア大学サンディエゴ校 1996年09月 ~ 1997年09月
国際電気通信基礎技術研究所(ATR) ・知能ロボティクス研究所・客員室長 2005年04月 ~ 2009年03月
大阪大学大学院工学研究科電気電子情報工学専攻教授(改組のため) 2005年04月 ~ 継続中
東北大学電気通信研究所共同研究員 2007年10月 ~ 2008年03月
大阪大学大学院工学研究科役員(情報広報室長) 2011年10月 ~ 2015年08月
国立情報学研究所・客員教授 2013年01月 ~ 継続中
大阪大学大学院工学研究科・副研究科長 2014年04月 ~ 2015年08月
大阪大学教育研究評議会・評議員 2015年08月 ~ 2019年08月
大阪大学・総長特命補佐 2018年01月 ~ 2018年03月
映像情報メディア学会・副会長 2019年06月 ~ 継続中
日本工学アカデミー・会員 2019年07月 ~ 継続中
大阪大学・大学院工学研究科長/工学部長 2019年08月 ~ 継続中
大阪大学大学院工学研究科電気電子情報通信工学専攻教授(改組のため) 2020年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 知能マルチメディア処理(構造化・内容解析・要約・個人適応)
    視覚センサネットによるセンシングとプライバシー保護
    情報ハイディングによるメディアセキュリティ
    ネットワークセキュリティ
    データベース関連,知覚情報処理関連
    データベース関連,知覚情報処理関連,知能情報学関連,ヒューマンインタフェースおよびインタラクション関連,知能ロボティクス関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 人工知能学会

  • 情報処理学会

  • 電子情報通信学会

  • IEEE

  • ACM

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • [解説]時をかけるメディア ,馬場口 登,映像情報メディア学会誌、ふぉーかす ,74(3),2020年05月,解説・総説

  • [解説]REALかFAKEか ,馬場口 登,情報・システムソサエティ誌、巻頭言,24(4) 3-3,2020年02月,解説・総説

  • Speech-driven Face Reenactment for a Video Sequence,Y. Nakashima, T. Yasui, L. Nguyen, and N. Babaguchi,ITE Transactions on Media Technology and Applications,8(1) 60-68,2020年01月,https://www.jstage.jst.go.jp/article/mta/8/1/8_60/_article,学術論文

  • [招待講演]メディアクローン攻撃 ,馬場口 登,大阪大学工学研究科テクノアリーナ いきもの - AI共創工学、大阪大学吹田キャンパス,2019年12月,会議報告/口頭発表

  • Discrimination between Handwritten and Computer-Generated Texts using a Distribution of Patch-Wise Font Features,Naoki Hamasaki, Kazuaki Nakamura, Naoko Nitta, Noboru Babaguchi,Proc. of Asia-Pacific Signal and Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA ASC 2019),2019年11月,国際会議(proceedingsあり)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,電子情報通信学会100年史,馬場口登、越前功,電子情報通信学会,ISBN,none,2017年09月

  • 専門著書,人工機能の基礎 第2版,馬場口登, 山田誠二,オーム社,ISBN,9784274216152,2015年02月

  • 専門著書,Human Behavior Understanding in Networked Sensing- Theory and Applications of Networks of Sensors,N. Nitta, R. Akai, N. Babaguchi (Editors: Spagnolo, Paolo, Mazzeo, Pier Luigi, Distante, Cosimo (Eds.)),Springer Verlag,ISBN,978-3-319-10807-0,2014年11月

  • 専門著書,Encyclopedia of Database Systems,N. Babaguchi, N. Nitta,Springer Verlag,ISBN,978-0-387-39940-9,2009年09月

  • 専門著書,Protecting Privacy in Video Surveillance,N. Babaguchi, T. Koshimizu, I. Umata, T. Toriyama (Editor: Andrew Senior),Springer Verlag,ISBN,978-1848823006,2009年06月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,計測システム,計測方法および計測プログラム,三宅直子、馬場口登、中村和晃、田中宏徳、安達馨,特開2018-31604(公開),2016年08月

  • 日本,音取得位置特定方法、音取得位置特定システム、特定装置及びコンピュータプログラム,馬場口登、中島悠太,特開2008-64568(公開),2006年09月

  • 日本,映像編集支援装置,馬場口登、新田直子、秋月達人,特開2007-336106(公開),2006年06月

  • 日本,画像通信システム、画像通信方法、画像送信装置、画像受信装置及びコンピュータプログラム,馬場口登、新田直子、山本勇樹,特開2007-300491(公開),2006年05月

  • 日本,プライバシー保護画像生成装置,鳥山朋二、小清水隆、馬場口登、西尾修一、萩田紀博,特開2007-213181(公開),2006年02月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会平成28年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当),馬場口 登,日本学術振興会,2017年07月

  • 学生プレゼンテーション賞,吉武真人(吉武真人,新田直子,中村和晃,馬場口登),日本データベース学会 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM Forum 2017),2017年03月

  • 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM Forum 2017)学生プレゼンテーション賞,上村卓也(上村卓也,新田直子,中村和晃,馬場口登),日本データベース学会,2017年03月

  • Best paper runner-up,K. Fujii (K. Fujii, K. Nakamura, N. Nitta, and N. Babaguchi),23rd International Conference on Multimedia Modeling (MMM2017),2017年01月

  • H28年度学術奨励賞受賞,本庄紘士(本庄紘士,福島理天,新田直子,馬場口登),電子情報通信学会,2016年03月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • ITは子供を守れるか,NHK総合放送: スタジオパークからこんにちは,2006年04月

  • 映像や音声に情報を埋め込む-情報ハイディングというセキュリティ技術-,The News of Engineering, Osaka University, Vol.26,2004年05月

  • ビデオデータベース及び研究会発表受付システムの作成,電子情報通信学会情報・システムソサイエティ誌,2002年02月

  • 特集ブロードバンド,週刊SPA,2001年09月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • IT分野-大学マッチングカンファレンス大阪,マルチメディア協調型映像編集支援システム,2006年03月

  • IT分野-大学マッチングカンファレンス大阪,ユーザ適応・デバイス適応型スポーツ映像閲覧システム,2006年03月

  • IT分野-大学マッチングカンファレンス大阪,IT分野-大学マッチングカンファレンス大阪,2006年03月

  • パネル討論「ネットワークロボットの将来展望」,アンコンシャスロボットによるビジュアルサーベイランス技術,2006年03月

  • ユーザ適応・デバイス適応型スポーツ映像閲覧システム2006,極限コンテンツ・メディア処理技術,2006年02月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,ACM International Conference on Multimedia Retrieval(ICMR2018),Honorary Co-Chairs,2018年06月

  • 国内重要会議,映像情報メディア学会,2014年年次大会関西支部実行副委員長,2014年08月

  • 国際会議,ACM Multimedia 2012,General Co-Chair,2012年10月

  • 国際会議,2012 IEEE International Conference on Multimedia & Expo(ICME2012),Technical Program Committee Members,2012年07月

  • 国際会議,2013 IEEE International Conference on Multimedia & Expo(ICME2013),Area Chair,2012年07月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,映像情報メディア学会,副会長,2019年06月 ~ 継続中

  • 学会,ACM International Conference on Multimedia Retrieval(ICMR2018),Honorary Co-Chairs,2018年06月

  • 国・地方公共団体,独立行政法人日本学術振興会,特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員,2015年08月 ~ 2016年07月

  • 学会,公益財団法人船井奨学会,理事,2015年06月 ~ 継続中

  • 学会,映像情報メディア学会,2014年年次大会関西支部実行副委員長,2014年08月

全件表示 >>