基本情報

写真b

馬場 孝輔

BABA Kousuke


所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2009年07月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 生体生理医学専攻,特任助教,専任

  • 2011年04月01日 ~ 2012年03月31日,医学系研究科 医学専攻,特任助教,専任

  • 2015年04月01日 ~ 2017年03月31日,医学系研究科,特任研究員,専任

  • 2017年04月01日 ~ 2017年11月30日,医学系研究科,特任助教(常勤),専任

  • 2017年12月01日 ~ 2019年02月28日,医学系研究科 医学専攻,特任助教(常勤),専任

  • 2019年03月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,特任講師(常勤),専任

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Adult-onset biotinidase deficiency induces acutely progressing leukoencephalopathy,Beck G, Hirozawa D, Honma K, Baba K, Sumi H, Morii E, Murayama S, Mochizuki H,Neurology Clinical Practice,2020年05月,学術論文

  • Parkinson's disease and iron.,Hideki Mochizuki, Chi-Jing Choong, Kousuke Baba,Journal of neural transmission (Vienna, Austria : 1996),127(2) 181-187,2020年02月,学術論文

  • Structurally distinct α-synuclein fibrils induce robust parkinsonian pathology,Hayakawa H, Nakatani R, Ikenaka K, Aguirre C, Choong CJ, Tsuda H, Nagano S, Koike M, Ikeuchi T, Hasegawa M, Papa SM, Nagai Y, Mochizuki H, Baba K,Movement Disorders,35(2) 256-267,2020年02月,https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/mds.27887,学術論文

  • E46K mutant α-synuclein is more degradation resistant and exhibits greater toxic effects than wild-type α-synuclein in Drosophila models of Parkinson's disease,Sakai R, Suzuki M, Ueyama M, Takeuchi T, Minakawa EN, Hayakawa H, Baba K, Mochizuki H, Nagai Y,PLoS One,14(6) e0218261-e0218261,2019年06月,学術論文

  • Amido-bridged nucleic acid (AmNA)-modified antisense oligonucleotides targeting α-synuclein as a novel therapy for Parkinson's disease.,Uehara T, Choong CJ, Nakamori M, Hayakawa H, Nishiyama K, Kasahara Y, Baba K, Nagata T, Yokota T, Tsuda H, Obika S, Mochizuki H,Scientific reports,9(1) 7567-7567,2019年05月,学術論文

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • パーキンソン病の新薬候補を発見 マウスで効果確認,朝日新聞,2019年07月

  • パーキンソン病治療へ 物質開発,NHK NEWS,2019年06月

  • パーキンソン病を改善、大阪大 マウスで、原因物質抑制,神戸新聞,2019年05月

  • 『パーキンソン病』の原因物質の合成を、”抑制する物質”を開発 大阪大学などの研究チーム,関西テレビ,2019年05月

  • パーキンソン病、脳にたまる物質検出 阪大チームが成功,朝日新聞,2019年04月

全件表示 >>