基本情報

写真b

能木 雅也

NOGI Masaya


キーワード

最新情報はこちらへアクセス→http://www.nogimasaya.com/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2009年11月01日 ~ 2011年11月30日,産業科学研究所,助教,専任

  • 2011年12月01日 ~ 2017年08月15日,産業科学研究所,准教授,専任

  • 2017年08月16日 ~ 継続中,産業科学研究所,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

名古屋大学 生命農学研究科  修了 博士(農学) 2002年03月

職歴 【 表示 / 非表示

産業技術総合研究所 基礎素材研究部門 非常勤研究員 2002年04月 ~ 2003年03月
京都大学国際融合創造センター 産学官連携研究員 2003年04月 ~ 2007年03月
日本学術振興会 特別研究員PD (京都大学生存圏研究所) 2007年04月 ~ 2009年10月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • セルロース学会

  • 日本木材学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Optically Transparent Nanofiber Paper,M. Nogi, S. Iwamoto, A. N. Nakagaito, and H. Yano,Advavnced Materials,21 1595-1598,2009年04月,学術論文

  • Transparent Nanocomposites Based on Cellulose Produced by Bacteria Offer Potential Innovation in Electronics Device Industry,M. Nogi and H. Yano,Adv. Mater.,20, 1849-1852,2008年04月,学術論文

  • Optically Transparent Composites Reinforced with Networks of Bacterial Nanofibers,H. Yano, J. Sugiyama, A. N. Nakagaito, M. Nogi, T. Matsuura, M. Hikita, and K. Handa,Adv. Mater.,17, 153-155,2005年01月,学術論文

  • Fabrication technique for clearly transparent nanopaper from highly concentrated cellulose nanofiber dispersion,T. Kasuga, N. Isobe, H. Koga, M. Nogi,255th ACS National Meeting,2018年03月,国際会議(proceedingsなし)

  • Clearly transparent nanopaper from highly concentrated cellulose nanofiber dispersion using dilution and sonication,T. Kasuga, N. Isobe, H. Yagyu, H. Koga, M. Nogi,Nanomaterials,8 2 104,2018年02月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,プリンテッドエレクトロニクス技術最前線 セルロースナノファイバー基板,矢野浩之、阿部賢太郎、小林(岡久)陽子、能木雅也,シーエムシー出版,2010年05月

  • 専門著書,製品高付加価値化のためのエレクトロニクス材料 バイオナノファイバーから作る透明ナノマテリアル,能木雅也、矢野浩之,シーエムシー出版,2009年03月

  • 専門著書,木質系有機資源の新展開 バイオナノファイバー:セルロースミクロフィブリルの可能性,矢野浩之、アントニオ・ノリオ・ナカガイト、岩本伸一朗、能木雅也,シーエムシー出版,2005年01月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • PCT国際出願,Nanofiber sheet used for substrate materials, has parallel light transmittance and Young's modulus, both more than preset value, and linear thermal expansion coefficient less than preset value,M. Nogi, H. Yano,WO2010001829-A1(出願),2009年06月

  • PCT国際出願,Flexible substrate for display of light-emitting element, has glass sheet and composite material sheet in below specified range of thickness including amorphous synthetic resin which .....,H. Yano, M. Nogi, K. Abe, S. Ifuku, T. Kurihara,WO2008117848-A1(出願),2008年10月

  • 日本,ナノファイバーシート及びその製造方法,矢野浩之、能木雅也,特開2010-7010(出願),2008年06月

  • PCT国際出願,Fibrous composite for electronic component and optical medium, comprises fiber assembly of preset diameter and visible-light transmittance, and coat layer for smoothening assembly surface....,H. Yano, M. Nogi, K. Abe, S. Ifuku, N. Shimoji, Y. Oku, S. Okuyama,WO2008010449-A1(出願),2008年01月

  • PCT国際出願,Nanofiber sheet for fiber reinforced composite material used as substrate of wiring board, consists of crystalline cellulose and forms specific composite sheet containing preset amount of....,H. Yano, M. Nogi, S. Ifuku, K. Abe, K. Handa,WO2008010462-A1(出願),2008年01月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成22年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞,能木雅也,文部科学省,2010年04月

  • 日本材料学会第56期優秀講演発表賞,能木雅也,日本材料学会,2007年05月

  • IAWPS2005 Best poster award,Masaya Nogi,International Symposium on Wood Science and Technology, IAWPS2005,2005年11月

  • 第54回日本木材学会大会最優秀ポスター賞,能木雅也、矢野浩之、半田敬信,日本木材学会,2004年08月

報道 【 表示 / 非表示

  • 7倍伸ばしても導電性維持,化学工業日報,2010年09月

  • 伸び縮みする導電性材料,日刊化学工業新聞,2010年09月

  • 21世紀の紙「透明ナノペーパー」,化学 (化学同人),2009年07月

  • Nature Photonics, News and Views,Nature Photonics,2009年06月

  • Papier transparent pour l’electronique,La Recherche,2009年06月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第78回(平成27年度第4回)産研テクノサロン 『未来を拓くサイエンス -産研教授が語る研究の夢- 』,「タブレットを紙にする」,2016年02月

  • 第60回高分子夏季大学 「進化する高分子」,紙は何色?どうやって使う?,2015年07月

  • 第11回有機太陽電池シンポジウム,「プリンテッドソーラーのためのナノインク・ナノセルロース技術開発」,2015年07月

  • 平成27年度 繊維学会年次大会,「セルロースナノファイバー、透明な紙、電子デバイス」,2015年06月

  • 2015 TAPPI International Conference on Nanotechnology for Renwwable Materials,Cellulose Nanofiber Materials for Electronic Devices,2015年06月

全件表示 >>