基本情報

写真b

能町 正治

NOMACHI Masaharu


キーワード

素粒子・原子核実験

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2000年03月01日 ~ 2011年09月30日,理学研究科 附属原子核実験施設,教授,専任

  • 2011年10月01日 ~ 2018年03月31日,核物理研究センター,教授,専任

  • 2018年04月01日 ~ 継続中,放射線科学基盤機構,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部  卒業 1978年03月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

  • IEEE

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 超新星爆発における44Ti生成にかかわる 40Ca(a,g)44Ti反応の断面積測定,嶋 達志、高石竜勢、能町正治、高久圭二,日本物理学会2019年秋季大会,2019年09月,会議報告/口頭発表

  • Constraints on mediator-based dark matter and scalar dark energy models using $\sqrt s = 13$ TeV $pp$ collision data collected by the ATLAS detector,ATLAS Collaboration,2019年03月,学術論文

  • Measurement of prompt photon production in $\sqrt{s_\mathrm{NN}} = 8.16$ TeV $p$+Pb collisions with ATLAS,ATLAS Collaboration,2019年03月,学術論文

  • Measurement of jet-substructure observables in top quark, $W$ boson and light jet production in proton-proton collisions at $\sqrt{s}=13$ TeV with the ATLAS detector,ATLAS Collaboration,2019年03月,学術論文

  • Measurement of VH, $ \mathrm{H}\to \mathrm{b}\overline{\mathrm{b}} $ production as a function of the vector-boson transverse momentum in 13 TeV pp collisions with the ATLAS detector,ATLAS Collaboration,2019年03月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,NETWORKED DATA ACQUISITION SYSTEMS,M. Nomachi, S. Ajimura,World Scientific,1997年10月

 

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,SpaceWire 2016,2016年10月

  • 国際会議,Realtime 2014,代表者,2014年05月

  • 国際会議,SpaceWire 2008,代表者,2008年11月

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • Real Time school in Cape Town,2018年07月

  • JST さくらサイエンス,2016年11月 ~ 2016年12月

  • RealTime School in Vietnam,2016年07月

  • JST さくらサイエンス,2015年11月

  • JST さくらサイエンス,2015年01月

全件表示 >>