基本情報

写真b

楠本 真二

KUSUMOTO Shinji


キーワード

ソフトウェア工学

URL

http://sdl.ist.osaka-u.ac.jp/~kusumoto/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年10月01日 ~ 2002年03月31日,基礎工学研究科,助教授,専任

  • 2002年04月01日 ~ 2005年03月31日,情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻,助教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 継続中,情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 基礎工学部 情報工学科 卒業 1988年03月
大阪大学 基礎工学研究科 物理系専攻 修了 1990年03月
大阪大学 基礎工学研究科 物理系専攻 中退 1991年06月
大阪大学 基礎工学研究科  博士(工学) 1993年11月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1991年07月 ~ 1996年01月
大阪大学講師 1996年02月 ~ 1999年09月
大阪大学助教授 1999年10月 ~ 2005年03月
大阪大学・教授 2005年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • ソフトウェア品質保証技術,ソフトウェア保守,ソフトウェアプロセス改善に関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会

  • 情報処理学会

  • 米国電気電子学会 (IEEE)

  • プロジェクトマネジメント学会

  • 日本ファンクションポイントユーザ会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Function Point Measurement from Web Application Source Code Based on Screen Transitions and Database Accesses,Takuto Edagawa, Teruhiko Akaike, Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, Shigeo Hanabusa, Toshihisa Shibamoto,Journal of Systems and Software,84(6) 976-984,2011年06月,学術論文

  • A Software Tag Generation System to Realize Software Traceability,Shinya Yamada, Masataka Ugumori, Shinji Kusumoto,Proc. of 17th Asia Pacific Software Engineering Conference (APSEC2010), 423-432,2010年12月,国際会議(proceedingsあり)

  • ユースケースポイント計測におけるアクタとユースケースの自動分類の試みと支援ツールの試作,津田 道夫,楠本 真二,松川 文一, 山村 知弘, 井上 克郎, 英 繁雄, 前川 祐介,電子情報通信学会論文誌D,未定,2008年04月,学術論文

  • Standardizing the Software Tag in Japan for Transparency of Development,Masateru Tsunoda, Tomoko Matsumura, Hajimu Iida, Kozo Kubo, Shinji Kusumoto, Katsuro Inoue, Ken-ichi Matsumoto,International Conference on Product Focused Software Development and Process Improvement (PROFES 2010),vol. No.LNCS 6156, pp.220-233,2010年06月,国際会議(proceedingsあり)

  • 問題の早期発見・改善を支援するインプロセスプロジェクト管理手法の実プロジェクトへの適用,松村 知子, 森崎 修司, 勝又 敏次, 玉田 春昭, 吉田 則裕, 楠本 真二, 松本 健一,電子情報通信学会論文誌D,Vol.J92-D, No.11, pp.1974-1986,2009年11月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,ソフトウェアテスト見積りガイドブック―品質要件に応じた見積りとは,SEC 見積リ手法部会(楠本真二、他),オーム社,2008年09月

  • 専門著書,ソフトウェア開発におけるエンピリカルアプローチ,EASEプロジェクト,株式会社アスキー,2008年02月

  • 専門著書,ソフトウェア開発見積りガイドブック―ITユーザとベンダにおける定量的見積りの実現,SEC見積り手法部会(楠本真二他),オーム社,2006年05月

  • 専門著書,ITユーザとベンダのための定量的見積りの勧め―見積り精度を向上する重要ポイント,SEC見積り手法部会(楠本真二他),オーム社,2005年04月

  • 専門著書,Identifying Refactoring Opportunities for Removing Code Clones with A Metrics-based Approach,Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue,iConcept Press Ltd,ISBN,978-0980733082,2011年10月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • アメリカ,SOFTWARE COMPONENT IMPORTANCE EVALUATION SYSTEM,Katsuro Inoue, Shinji Kusumoto, Makoto Matsushita, Hikaru Fujiwara,US 7,627,855(登録),2002年10月,2009年12月

  • 日本,ソフトウェア部品の重要性評価システム,井上克郎,楠本真二,松下誠,3905086(登録),2002年10月,2007年01月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 坂井記念特別賞,楠本真二,社団法人情報処理学会,2003年05月

  • 第35回市村学術賞貢献賞,井上克郎,楠本真二,神谷年洋,新技術開発財団(市村財団),2003年04月

  • Best Paper Award,Takeshi Nagaoka, Kozo Okano, Shinji Kusumoto,Informatics Society,2010年09月

  • ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2018企業賞,内藤圭吾, 谷門照斗, 柗本真佑, 肥後芳樹, 楠本真二, 切貫弘之, 倉林利行, 丹野治門,情報処理学会,2018年09月

  • ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2018インタラクティブ賞,有馬 諒, 肥後芳樹, 楠本真二,情報処理学会,2018年09月

全件表示 >>

 

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,The Second International Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information,Publication Chair,2006年01月

  • 国際会議,12th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2005),プログラム委員,2005年12月

  • 国際会議,11th International Symposium on Software Metrics (Metrics2005),プログラム委員,2005年09月

  • 国際会議,12th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2004),プログラム委員,2004年11月

  • 国際会議,ACM SIGSOFT 2004/FSE-12,プログラム委員,2004年11月

全件表示 >>