基本情報

写真b

南野 徹

MINAMINO Tooru


キーワード

生物物理、分子遺伝学、生化学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-4625

FAX番号

06-6879-4652

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2005年11月01日 ~ 2007年03月31日,生命機能研究科 生命機能専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2010年09月30日,生命機能研究科 生命機能専攻,助教,専任

  • 2010年10月01日 ~ 継続中,生命機能研究科 生命機能専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

広島大学 生物圏科学研究科  修了 学術 1997年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会・特別研究員 1996年04月 ~ 1998年03月
エール大学・分子生物物理生化学学科・博士研究員 1997年07月 ~ 2000年05月
科学技術振興事業団・ERATO難波プロトニックナノマシン・研究員 2000年06月 ~ 2002年12月
(独) 科学技術振興機構・ICORP超分子ナノマシンプロジェクト・グループリーダー 2003年01月 ~ 2008年03月
大阪大学大学院・生命機能科学研究科・招へい研究員(招へい助教授) 2005年04月 ~ 2005年10月
大阪大学大学院生命機能研究科・助手 2005年11月 ~ 2010年09月
大阪大学大学院生命機能研究科・准教授 2010年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 細菌べん毛蛋白質の構造・動態・機能
    構造生物化学関連,機能生物化学関連,生物物理学関連

  • 細菌運動
    生物物理学関連,細菌学関連

  • III型分泌装置の動作機構
    機能生物化学関連,生物物理学関連,細菌学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本生物物理学会

  • 日本細菌学会

  • 米国微生物学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Hierarchical protein export mechanism of the bacterial flagellar type III protein export apparatus,Minamino T,FEMS Microbiol. lett.,365(12) fny117,2018年06月,解説・総説

  • In vitro reconstitution of functional type III protein export and insights into flagellar assembly. ,Terashima, H., Kawamoto, A., Tatsumi, C., Namba, K., Minamino, T. & Imada, K.,mBio,9(3), e00988-18,2018年06月,学術論文

  • Insight into structural remodeling of the FlhA ring responsible for bacterial flagellar type III protein export.,Terahara N, Inoue Y, Kodera N, Morimoto YV, Uchihashi T, Imada K, Ando T, Namba K, Minamino T,Science advances,4:eaao7054,2018年04月,学術論文

  • 細菌べん毛特異的輸送シャペロンFlgNの構造と機能,南野徹, 木下実紀,生化学,90(3) 296-298,2018年03月,解説・総説

  • Effect of a clockwise-locked deletion in FliG on the FliG ring structure of the bacterial flagellar motor,Kinoshita M, Namba K, Minamino T,Genes Cells ,23(3) 241-247,2018年03月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Encyclopedia of Biophysics,Minamino, T., Kato, T., Makino, F., Horvath, P., Miyata, T. & Namba, K. ,Springer,2018年06月

  • 専門著書,生物物理57巻「バクテリア1細胞内における局所pH計測」,森本雄祐, 上池伸徳, 難波啓一, 南野徹,日本生物物理学会,2017年12月

  • その他,Determination of local pH differences within living Salmonella cells by high-resolution pH imaging based on pH-sensitive GFP derivative, pHluorin(M153R).,Morimoto, Y.V., Kami-ike, N., Namba, K. & Minamino, T.,Bio-protocol,2017年09月

  • 専門著書,Fuel of the bacterial flagellar type III protein export apparatus. Methods in Molecular Biology (The Bacterial Flagellum – Methods and Protocols-; Minamino, T. & Namba, K. eds.),Minamino, T., Kinoshita, M., Namba, K. ,Humana Press. Springer Nature.,2017年04月

  • 専門著書,Encyclopedia of biophysics,Minamino, T., Kato, T., Miyata, T. & Namba, K. ,Springer,2013年12月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学総長奨励賞,南野徹,大阪大学,2014年07月

  • 第9回日本蛋白質科学会年会ポスター賞,伊吹達也, 南野徹, 風谷謙一, 難波啓一, 今田勝巳.,日本蛋白質科学会,2009年05月

  • Best Poster from Students at the XXI Congress of the International Union of Crystallography,Ibuki, T., Shimada, M., Minamino, T., Imada, K., Namba, K.,the XXI Congress of the International Union of Crystallography,2008年08月

報道 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学、細菌べん毛タンパク質輸送の交通整理のしくみを解明,日経バイオテクONLINE,2018年05月

  • 阪大・金沢大・名大・九州工大、べん毛タンパク質輸送の交通整理の仕組みを解明-細菌感染症薬のスクリーニングへ応用,日本経済新聞電子版,2018年04月

  • 細菌のべん毛形成解明,北國新聞,2018年04月

  • 外環境を感知してエネルギー源を切り替えるエコロジカルなナノモーター,academist Journal,2018年04月

  • べん毛モーターの回転機構の解明への第一歩、大阪大学が成功,Business & Public-Affairs,2017年11月

全件表示 >>

 

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本生物物理学会,平成29・30年度生物物理会誌編集委員,2017年01月 ~ 継続中

  • その他,Frontiers in Cellular and Infection Microbiology ,Review Editor,2016年09月 ~ 継続中

  • その他,Scientific Reports,Editorial board member,2015年06月 ~ 継続中

  • その他,Journal of Bacteriology,Editorial board member,2015年01月 ~ 継続中

  • その他,BMC Microbiology,Associate Editor,2010年01月 ~ 継続中

全件表示 >>