基本情報

写真b

鳶巣 守

TOBISU Mamoru


キーワード

有機合成化学

URL

http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/~tobisu-lab/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月01日 ~ 2006年09月30日,工学研究科 応用化学専攻,助手,専任

  • 2006年10月01日 ~ 2010年09月30日,工学研究科 グローバル若手研究者フロンティア研究拠点,特任講師(常勤),専任

  • 2010年10月01日 ~ 2011年03月31日,工学研究科 附属フロンティア研究センター,特任講師(常勤),専任

  • 2011年04月01日 ~ 2013年03月31日,工学研究科 附属原子分子イオン制御理工学センター,准教授,専任

  • 2013年04月01日 ~ 2013年04月15日,工学研究科 附属アトミックデザイン研究センター,准教授,専任

  • 2013年04月16日 ~ 2017年03月31日,工学研究科 附属アトミックデザイン研究センター,准教授,専任

  • 2017年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 応用化学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 応用精密化学科 卒業 1996年03月
大阪大学 工学研究科 分子化学専攻 修了 1998年03月
大阪大学 工学研究科 分子化学専攻 修了 2001年03月

職歴 【 表示 / 非表示

マサチューセッツ工科大学化学科客員研究員 1999年06月 ~ 1999年10月
武田薬品工業(株)化学研究所研究員 2001年04月 ~ 2005年03月
大阪大学大学院工学研究科助手 2005年04月 ~ 2006年09月
大阪大学大学院工学研究科フロンティア研究センター特任講師 2006年10月 ~ 2011年03月
大阪大学大学院工学研究科附属アトミックデザイン研究センター・准教授 2011年04月 ~ 2017年03月
大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻・教授 2017年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学
    研究紹介動画:https://www.youtube.com/watch?v=MSTucHgMa1Y
    有機合成化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • アメリカ化学会

  • 有機合成化学協会

  • 触媒学会

  • 近畿化学協会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Aryne-Induced S<inf>N</inf>Ar/Dearylation Strategy for the Synthesis of Fluorinated Dibenzophospholes from Triarylphosphines via a P(V) Intermediate,Fujimoto, H., Kusano, M., Kodama, T., Tobisu, M.,Organic Letters,2020年04月,学術論文

  • Linear [3]Spirobifluorenylene: An S-Shaped Molecular Geometry of p-Oligophenyls,Jumpei Oniki, Toshiyuki Moriuchi, Kosuke Kamochi, Mamoru Tobisu, Toru Amaya,Journal of the American Chemical Society,141, 45, 18238-18245,2019年10月,学術論文

  • Recent Advances in Gomberg-Bachmann Biaryl Synthesis,Toru Amaya, Yuqing Jin, Mamoru Tobisu,Tetrahedron Letters,60, 39, 151062,2019年09月,解説・総説

  • N-Heterocyclic Carbene Catalyzed Concerted Nucleophilic Aromatic Substitution of Aryl Fluorides Bearing a,b-Unsaturated Amides,Kosuke Yasui, Miharu Kamitani, Mamoru Tobisu,Angew. Chem. Int. Ed.,58 14157-14161,2019年08月,学術論文

  • Iridium-Mediated Arylation of Quinoline via the Cleavage of Car-bon-Carbon and Carbon-Nitrogen Bonds of 1,3-Dimesitylimidazol-2-ylidene,Shun Sakurai, Mamoru Tobisu,Organometallics,38(14) 2834-2838,2019年07月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Metal-Catalyzed Aromatic C-O Bond Activation/Transformation,Mamoru Tobisu, Naoto Chatani,Springer: Cham,ISBN,978-3-030-10954-7,2018年09月

  • 専門著書,Ni- and Fe-based Cross-Coupling Reactions,Mamoru Tobisu, Naoto Chatani,Springer,ISBN,978-3-319-49783-9,2016年06月

  • 専門著書,Cleavage of Carbon-Carbon Single Bonds by Transition Metals,Mamoru Tobisu,Wiley-VCH,ISBN,978-3-527-33632-6,2015年10月

  • 専門著書,Topics in Organometallic Chemistry 44: Inventing Reactions,Mamoru Tobisu, Naoto Chatani,Springer,ISBN,978-3-642-34285-1,2013年01月

  • 専門著書,不活性結合・不活性分子の活性化,鳶巣 守,化学同人,ISBN,978-4-7598-1365-4,2011年04月

受賞 【 表示 / 非表示

  • Mukaiyama Award,Mamoru Tobisu,有機合成化学協会,2018年09月

  • Lectureship Award MBLA,鳶巣 守,万有生命科学振興国際交流財団,2013年07月

  • H24 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞,鳶巣 守,文部科学省,2012年04月

  • 第59回日本化学会進歩賞,鳶巣守,日本化学会,2010年03月

  • Asian Core Program Lectureship Award to China,Mamoru Tobisu,ACP coordinator of China,2013年11月

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 芳香族エーテルと有機ホウ素化合物のクロスカップリング反応用高活性触媒