基本情報

写真b

鳶巣 守

TOBISU Mamoru


キーワード

有機合成化学

URL

http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/~tobisu-lab/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月01日 ~ 2006年09月30日,工学研究科 応用化学専攻,助手,専任

  • 2006年10月01日 ~ 2010年09月30日,工学研究科 グローバル若手研究者フロンティア研究拠点,特任講師(常勤),専任

  • 2010年10月01日 ~ 2011年03月31日,工学研究科 附属フロンティア研究センター,特任講師(常勤),専任

  • 2011年04月01日 ~ 2013年03月31日,工学研究科 附属原子分子イオン制御理工学センター,准教授,専任

  • 2013年04月01日 ~ 2013年04月15日,工学研究科 附属アトミックデザイン研究センター,准教授,専任

  • 2013年04月16日 ~ 2017年03月31日,工学研究科 附属アトミックデザイン研究センター,准教授,専任

  • 2017年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 応用化学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 応用精密化学科 卒業 1996年03月
大阪大学 工学研究科 分子化学専攻 修了 1998年03月
大阪大学 工学研究科 分子化学専攻 修了 2001年03月

職歴 【 表示 / 非表示

マサチューセッツ工科大学化学科客員研究員 1999年06月 ~ 1999年10月
武田薬品工業(株)化学研究所研究員 2001年04月 ~ 2005年03月
大阪大学大学院工学研究科助手 2005年04月 ~ 2006年09月
大阪大学大学院工学研究科フロンティア研究センター特任講師 2006年10月 ~ 2011年03月
大阪大学大学院工学研究科附属アトミックデザイン研究センター・准教授 2011年04月 ~ 2017年03月
大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻・教授 2017年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学
    研究紹介動画:https://www.youtube.com/watch?v=MSTucHgMa1Y
    有機合成化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • アメリカ化学会

  • 有機合成化学協会

  • 触媒学会

  • 近畿化学協会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Palladium-catalyzed Cyclization of Bisphosphines to Phosphacycles via the Cleavage of Two Carbon–Phosphorus Bonds,Katsuaki Baba, Yoshihiro Masuya, Naoto Chatani, Mamoru Tobisu,Chem. Lett.,46, 1296-1299,2017年08月,学術論文

  • Rhodium-Catalyzed Reductive Cleavage of Aryl Carbamates Using Isopropanol as a Reductant,Kosuke Yasui, Masaya Higashino, Naoto Chatani, Mamoru Tobisu,Synlett,28 2569-2572,2017年08月,学術論文

  • Combined Theoretical and Experimental Studies of Nickel-Catalyzed Cross-Coupling of Methoxyarenes with Arylboronic Esters via C–O Bond Cleavage,Martin C. Schwarzer, Ryosuke Konno, Takayuki Hojo, Akimichi Ohtsuki, Keisuke Nakamura, Ayaka Yasutome, Hiroaki Takahashi, Toshiaki Shimasaki, Mamoru Tobisu, Naoto Chatani, Seiji Mori,J. Am. Chem. Soc.,139 10347-10358,2017年07月,学術論文

  • Nickel-Mediated Decarbonylation of Simple Unstrained Ketones through the Cleavage of Carbon‒Carbon Bonds,Toshifumi Morioka, Akihiro Nishizawa, Takayuki Furukawa, Mamoru Tobisu, Naoto Chatani,J. Am. Chem. Soc.,139 1416-1419,2017年01月,学術論文

  • Catalytic Double Carbon-Boron Bond Formation for the Synthesis of Cyclic Diarylborinic Acids as Versatile Building Blocks for π-Extended Heteroarenes,Takuya Igarashi, Mamoru Tobisu, Naoto Chatani,Angew. Chem. Int. Ed.,56 2069-2073,2017年01月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Ni- and Fe-based Cross-Coupling Reactions,Mamoru Tobisu, Naoto Chatani,Springer,ISBN,978-3-319-49783-9,2016年06月

  • 専門著書,Cleavage of Carbon-Carbon Single Bonds by Transition Metals,Mamoru Tobisu,Wiley-VCH,ISBN,978-3-527-33632-6,2015年10月

  • 専門著書,Topics in Organometallic Chemistry 44: Inventing Reactions,Mamoru Tobisu, Naoto Chatani,Springer,ISBN,978-3-642-34285-1,2013年01月

  • 専門著書,不活性結合・不活性分子の活性化,鳶巣 守,化学同人,ISBN,978-4-7598-1365-4,2011年04月

受賞 【 表示 / 非表示

  • トムソン・ロイター・第4回リサーチフロントアワード,茶谷直人,鳶巣守,トムソン・ロイター,2016年07月

  • Lectureship Award MBLA,鳶巣 守,万有生命科学振興国際交流財団,2013年07月

  • H24 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞,鳶巣 守,文部科学省,2012年04月

  • 第59回日本化学会進歩賞,鳶巣守,日本化学会,2010年03月

  • Asian Core Program Lectureship Award to China,Mamoru Tobisu,ACP coordinator of China,2013年11月

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 芳香族エーテルと有機ホウ素化合物のクロスカップリング反応用高活性触媒