基本情報

写真b

堂目 卓生

DOME Takuo


キーワード

経済学説史

URL

http://www.econ.osaka-u.ac.jp/faculty/staff-index.html

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2001年12月01日 ~ 2002年03月31日,経済学研究科 経営学系専攻,教授,専任

  • 2002年04月01日 ~ 継続中,経済学研究科 経済学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

慶應義塾大学 経済学部  卒業 経済学学士 1983年03月
京都大学 経済学研究科  修了 経済学修士 1985年03月
京都大学 経済学研究科  単位取得満期退学 経済学博士 1988年03月

職歴 【 表示 / 非表示

立命館大学助教授 1989年04月 ~ 1996年03月
大阪大学助教授 1996年04月 ~ 2001年12月
大阪大学教授 2001年12月 ~ 継続中
日本学術会議・連携会員 2006年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • アダム・スミスの『道徳感情論』と『国富論』の関係に関する研究、経済学の人間学的基礎に関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • マルサス学会

  • 経済学史学会

  • 日本経済学会

  • 行動経済学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 経済学の基礎としての人間研究,堂目卓生,『日本経済学会75年史』,367-401頁,2010年10月,解説・総説

  • George Warde Norman, Taxation and Promotion of Human Happiness: An Essay (Book Review),Takuo Dome,Journal of the History of Economic Thought,Volume 33, Issue 2,2011年06月,書評

  • Nancy Churchman's David Ricardo on Public Debt,Takuo Dome,History of Political Economy,2003年09月,解説・総説

  • Taxation,Takuo Dome,The Elgar Companion to Classical Economics,1998年04月,解説・総説

  • Adam Smith's Theory of Tax Incidence : An Interpretation of his Natural-Price System,Takuo Dome,Cambridge Journal of Economics,1998年01月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 一般著書,『アダム・スミス-『道徳感情論』と『国富論』の世界』,堂目卓生,中央公論新社,ISBN,978-4-12-101936-3,2008年03月

  • 専門著書,The Political Economy of Public Finance in Britain 1767-1873,Takuo Dome,Routledge,2004年04月

  • 専門著書,History of Economic Theory : A Critical Introduction,Takuo Dome,Edward Elgar,1994年09月

  • 専門著書,古典経済学の模型分析,堂目卓生,有斐閣,1992年01月

  • 専門著書,社会経済史学の課題と展望,社会経済史学会編,有斐閣,ISBN, 978-4-641-16388-1,2012年06月

受賞 【 表示 / 非表示

  • サントリー学芸賞,堂目卓生,サントリー文化財団,2008年11月

  • 大阪大学研究・教育功績賞,堂目卓生,大阪大学,2006年03月

  • 日経・経済図書文化賞,堂目卓生,日本経済研究センター,2005年11月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第95回産研テクノサロン,「健康社会への挑戦」,2020年02月

  • 第1回SSIシンポジウム 未来につなぐ命~SSIの理念と取組~,基調講演「命を大切に、一人一人が輝く社会を目指して-大阪大学のチャレンジ-」,2019年03月

  • 国際シンポジウム「アジアの環境アセスメント訴訟の理論と実務―司法アクセスの指標の作成に向けて―」,主催者,2018年09月

  • 大阪大学社会ソリューションイニシアティブ 第1回SSIサロン,「『社会的弱者』と向き合うことによる人間の開放~ジャン・バニエの思想と実践~」,2018年06月

  • 平成29年度大阪大学適塾記念講演会,「目指すべき社会を考える:経済思想史の視点から」,2017年12月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,経済学史学会第66回大会,幹事・座長,2002年10月

  • 国内重要会議,経済学史学会第65回大会,幹事・座長,2001年11月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,経済学史学会,幹事,2001年04月 ~ 継続中