基本情報

写真b

藤尾 

FUJIO Yasushi


生年月

1962年10月

キーワード

循環器学,内科学,臨床薬理学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-8258

FAX番号

06-6978-8253

URL

http://www.phs.osaka-u.ac.jp/homepage/b014/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2002年09月01日 ~ 2007年03月31日,薬学研究科 応用医療薬科学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2009年09月30日,薬学研究科 応用医療薬科学専攻,准教授,専任

  • 2009年10月01日 ~ 2012年03月31日,薬学研究科 応用医療薬科学専攻,教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,薬学研究科 医療薬学専攻,教授,専任

  • 2002年09月01日 ~ 2009年09月01日,医学系研究科 医学専攻,准教授(兼任),兼任

  • 2009年10月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,教授(兼任),兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部  卒業 1987年03月
大阪大学    修了 医学博士 1994年02月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学大学院薬学研究科・助教授 2002年09月 ~ 2009年09月
大阪大学大学院・薬学研究科・教授 2009年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 分子循環器学に基づいた心不全に関する研究
    循環器疾患における個別化医療のための研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬理学会

  • 日本薬学会

  • 日本心不全学会

  • American Heart Association

  • 日本臨床薬理学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The CalcR-PKA-Yap1 axis is critical for maintaining quiescence in muscle stem cells. ,Zhang L., Noguchi, Y., Nakayama, H., Kaji, T., Tsujikawa, K., Ikemoto-Uezumi, M., Uezumi, A., Okada, Y., Doi, T., Watanabe, S., Braun, T., Fujio, Y., Fukada, SI. ,Cell Rep. ,29(8) 2154-2163,2019年11月,学術論文

  • Verification of pharmacogenomics-based algorithms to predict warfarin maintenace dose using resistered data of Japanese patients. ,Sasano, M., Ohno, M., Fukuda, Y., Nonen, S., Hirobe, S., Maeda, S., Miwa, Y., Yokoyama, J., Nakayama, H., Miyagawa, S., Sawa, Y., Fujio, Y., Maeda, M.,75(7) 901-911,2019年07月,学術論文

  • Blockade of NKG2D/NKG2D ligand interaction attenuated cardiac remodeling after myocardial infarction.,Matsumoto, K., Obana, M., Kobayashi, A., Miyagawa, S., Maeda, M., Sakata, Y., Nakayama, H., Sawa, Y., Fujio, Y. ,Cardiovasc. Res. ,115(4) 765-775,2019年03月,学術論文

  • Verification of pharmacogenomics-based algorithms to predict warfarin maintenance dose using registered data of Japanese patients. ,Sasano M, Ohno M, Fukuda Y, Nonen S, Hirobe S, Maeda S, Miwa Y, Yokoyama J, Nakayama H, Miyagawa S, Sawa Y, Fujio Y, Maeda M.,Eur J Clin Pharmacol. ,2019年03月,学術論文

  • Myofibroblast β2 adrenergic signaling amplifies cardiac hypertrophy in mice.,Imaeda A, Tanaka S, Tonegawa K, Fuchigami S, Obana M, Maeda M, Kihara M, Kiyonari H, Conway SJ, Fujio Y, Nakayama H.,Biochemical and Biophysical Research Communications,510(1) 149-155,2019年02月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教科書,ベーシック薬学教科書シリーズ19 薬物治療学(第2版),平井みどり、三木知博、他,化学同人,ISBN,978-4-7598-1629-7,2019年04月

  • 専門著書,循環器内科,尾花理徳,前田真貴子,藤尾,科学評論社,2010年02月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本、米国,インターロイキン11の心疾患治療薬としての利用,東純一,藤尾,木村竜介,前田真貴子,有田惇之,尾花理徳,伊藤崇志福田剛史,日本5191393 米国8,361,966(登録),2007年10月,2012年10月

受賞 【 表示 / 非表示

  • Louis N. and Arnold M. Katz Research Prize ,藤尾 ,American Heart Association ,1999年11月

  • 国立大学法人 大阪大学教育・研究功績賞,藤尾 ,大阪大学,2006年03月

  • 若手奨励賞,藤尾 ,心臓血管病科学カンファランス,1997年07月

報道 【 表示 / 非表示

  • 心不全 造血たんぱくで予防,読売新聞,2012年05月

 
 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 循環器内科,2002年11月 ~ 継続中