基本情報

写真b

藤田 克昌

FUJITA Katsumasa


キーワード

バイオフォトニクス、応用光学、光学顕微鏡、非線形光学

URL

http://lasie.ap.eng.osaka-u.ac.jp/ap1g1kat/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2002年11月01日 ~ 2005年03月31日,工学研究科,助手,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,工学研究科 精密科学・応用物理学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2007年08月31日,工学研究科 精密科学・応用物理学専攻,助教,専任

  • 2007年09月01日 ~ 2018年10月15日,工学研究科 精密科学・応用物理学専攻,准教授,専任

  • 2018年10月16日 ~ 2020年03月31日,工学研究科 精密科学・応用物理学専攻,教授,専任

  • 2020年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 物理学系専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 応用物理学科 卒業 学士 1995年03月
大阪大学 工学研究科 応用物理学専攻 修了 博士(工学) 2000年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会 特別研究員(DC2、大阪大学) 1998年04月 ~ 2000年03月
日本学術振興会 特別研究員(PD、京都府立医科大学) 2000年04月 ~ 2002年03月
阪大フロンティア研究機構 科学技術振興特任教員 2002年04月 ~ 2002年10月
大阪大学大学院工学研究科 応用物理学専攻 助手 2002年10月 ~ 2007年03月
大阪大学大学院工学研究科 応用物理学専攻 助教 2007年04月 ~ 2007年07月
大阪大学大学院工学研究科 応用物理学専攻 准教授 2007年08月 ~ 2018年10月
大阪大学大学院工学研究科 応用物理学専攻 教授 2018年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 新しい超解像顕微鏡、ラマン散乱顕微鏡の開発とその応用。
    光工学および光量子科学関連,計測工学関連,分析化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会

  • フィリピン物理学会

  • 日本分光学会

  • 日本生物物理学会

  • SPIE

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 非線形な光学応答を利用した超解像顕微鏡,藤田克昌,光アライアンス,7月号,2019年07月,学術論文

  • High-Resolution Raman Microscopic Detection of Follicular Thyroid Cancer Cells with Unsupervised Machine Learning,J. Nicholas Taylor, Kentaro Mochizuki, Kosuke Hashimoto, Yasuaki Kumamoto, Yoshinori Harada, Katsumasa Fujita, and Tamiki Komatsuzaki,The Journal of Physical Chemistry B,2019年04月,https://doi.org/10.1021/acs.jpcb.9b01159,学術論文

  • High-Throughput Cell Imaging and Classification by Narrowband and Low-Spectral-Resolution Raman Microscopy.,Kumamoto Y, Mochizuki K, Hashimoto K, Harada Y, Tanaka H, Fujita K,The journal of physical chemistry. B,123 (12), pp 2654–2661,2019年03月,その他

  • Using redox-sensitive mitochondrial cytochrome Raman bands for label-free detection of mitochondrial dysfunction,T. Morimoto, L.-d. Chiu*, H. Kanda, H. Kawagoe, T. Ozawa, M. Nakamura, K. Nishida, K. Fujita*, T. Fujikadoa,,Analyst,2019,144, 2531-2540 ,2019年02月,学術論文

  • Quantitative Evaluation of Surface-Enhanced Raman Scattering Nanoparticles for Intracellular pH Sensing at a Single Particle Level,Z. Zhang, K. Bando, K. Mochizuki, A. Taguchi, K. Fujita, S. Kawata,Analytical Chemistry,91(5) 3254-3262 ,2019年01月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Nanoscopy and Multidimensional Optical Fluorescence Microscopy,N. I. Smith, S. Kawano, M. Yamanaka, and K. Fujita,CRC press,ISBN,978-1420078862,2010年04月

  • 一般著書,Reference Module in Chemistry, Molecular Sciences and Chemical Engineering (Elsevier) ,Kentaro Mochizuki, Nicholas Isaac Smith, Katsumasa Fujita,,ELSEVIER,2019年03月

  • 一般著書,Systems Chemical Biology: Methods and Protocols, Methods in Molecular Biology,Jun Ando, Kosuke Dodo, Katsumasa Fujita, Mikiko Sodeoka,Springer Nature 2019,2018年12月

  • 専門著書,Compendium of Surface and Interface Analysis,Katsumasa Fujita, etc,Springer Singapore,2018年02月

  • 専門著書,ライフサイエンス顕微鏡学ハンドブック ,藤田克昌、山科正平、他,朝倉書店,2018年01月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,光造形装置、及び構造物の製造方法,藤田克昌, 田口敦清,PCT/JP2019/002861 (出願),2019年01月

  • 日本,光造形装置、及び構造物の製造方法,藤田克昌, 田口敦清,2018-018938(出願),2018年02月

  • PCT,非線形光学材料、光記録材料、光記録方法、感光性材料、フォトリソグラフィー法、光重合開始剤、及び光増感剤,藤田克昌、小林実、菊地和也、水上進、河田聡、河野省悟,PCT/JP2009/051373(出願),2009年01月

  • アメリカ,Fluorescence microscopy and fluorescence microscopy method,K. Fujita, M. Kobayashi, S. Kawata, N. Nakamura,11/792,304(出願),2007年06月

  • 日本,パルスレーザ光のタイミング調整装置,調整方法及び光学顕微鏡,橋本守,南川丈夫,谷本尚生,小林実,藤田克昌,河田聡,荒木勉,特許第4862164号(登録),2006年05月,2011年11月

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 光マップ,河田聡、藤田克昌、庄司暁,文部科学省,2008年04月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第51回 光学論文賞,藤田克昌,応用物理学会,2010年03月

  • 平成23年度 日本分光学会奨励賞,藤田克昌,社団法人 日本分光学会,2011年11月

  • 大阪大学 総長顕彰,藤田v克昌,大阪大学,2013年07月

報道 【 表示 / 非表示

  • Technology Feature | Live-cell imaging: Deeper, faster, wider,Science,2018年03月

  • 阪大,ラマン散乱顕微鏡の解像度を2倍に,,OPTRONICS ONLINE,2015年12月

  • ラマン顕微鏡の解像力を2倍に,,日経バイオテクONLINE,2015年12月

  • ラマン顕微鏡 解像力2倍に,,日刊工業新聞,2015年12月

  • Raman microsocpy: Imaging Lipid Rafts Reveals Some Surprises,,Imaging & Microscopy,,2015年07月

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 非線形反応による微細加工・高密度記録・高解像度観察

  • 非線形応答を利用した高解像度レーザー顕微鏡Saturated excitation (SAX) microscopy

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • プラズモニクス研究会シンポジウム,超解像顕微鏡:原理と応用,2019年06月

  • 日本学術振興会 ナノプローブテクノロジー第167委員会 第91回研究会,ラマン散乱顕微鏡の高速化と高解像度化,2019年04月

  • SPIE Photonics West,Raman microscopy for analytical imaging of living cells,2019年02月

  • レーザー学会学術講演会 シンポジウム,ラマン顕微イメージングによる小分子検出,2019年01月

  • APC2018,Alkyne-tag Raman imaging for observation of small molecules in living cells,2018年12月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,Focus on Microscopy 2010,International Advisory Committee,2010年03月

  • その他,日本分光学会第45回夏期セミナー,2009年09月

  • 国際会議,Focus on Microscopy 2009,International Advisory Committee,2009年04月

  • 国際会議,Focus on Microscopy 2008,Organizing Committee,2008年04月

  • 国内重要会議,日本分光学会第43回夏期セミナー,組織委員長,2007年08月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,レーザ顕微鏡研究会,会長,2017年01月 ~ 継続中

  • 学会,応用物理学会,JSAP-OSA 2016 session organizer,2016年09月

  • 学会,公益社団法人 日本分光学会 理事会,理事,2016年05月 ~ 継続中

  • 学会,日本光学会,プログラム委員会,2015年10月

  • 学会,FACSS,SCIX 2015 Raman Imaging, session organizer,2015年09月 ~ 2015年10月

全件表示 >>