基本情報

写真b

藤田 一郎

FUJITA Ichiro


キーワード

認知脳科学、視覚科学、神経行動学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-4439

FAX番号

06-6879-4439

URL

http://www2.bpe.es.osaka-u.ac.jp/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月01日 ~ 2002年03月31日,基礎工学研究科,教授,専任

  • 2002年04月01日 ~ 継続中,生命機能研究科 生命機能専攻,教授,専任

  • 1998年04月01日 ~ 継続中,基礎工学部,教授(兼担),兼任

  • 1998年04月01日 ~ 継続中,システム人間系専攻,教授(兼任),兼任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 理学部 動物学専門課程 卒業 理学学士 1979年03月
東京大学   理学系動物学専攻 修了 理学修士 1981年03月
東京大学   理学系動物学専攻 修了 理学博士 1984年03月

職歴 【 表示 / 非表示

岡崎国立共同研究機構生理学研究所特別協力研究員 1984年04月 ~ 1985年03月
岡崎国立共同研究機構生理学研究所助手 1985年04月 ~ 1989年05月
カリフォルニア工科大学生物学教室客員研究員 1987年01月 ~ 1989年05月
理化学研究所フロンティア研究システムフロンティア研究員 1989年06月 ~ 1992年01月
新技術事業団さきがけ21「大脳側頭葉皮質視覚野の機能構築」研究者および理化学研究所フロンティア研究システム受託研究員 (併任) 1992年02月 ~ 1994年12月
大阪大学医学部認知脳科学 (小野薬品)寄附講座客員教授 1994年04月 ~ 1999年03月
大阪大学大学院基礎工学研究科教授および医学部認知脳科学寄附講座教員 (併任) 1998年04月 ~ 1999年03月
大阪大学大学院基礎工学研究科教授(医学部併任解除) 1999年04月 ~ 2002年03月
大阪大学大学院生命機能研究科教授および基礎工学研究科教授(兼任) 2002年04月 ~ 継続中
大阪大学行動経済学センター(兼任) 2006年04月 ~ 継続中
大阪大学コミュニケーションデザインセンター(兼任) 2011年04月 ~ 2016年03月
脳情報通信融合研究センター 2013年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 1. 物体認識の脳内メカニズムの実験的および理論的解明
    (1)大脳皮質における形の情報処理の解明
    (2)両眼立体視のメカニズムの解明
    2. 大脳皮質連合野の機能構築と発達の解明
    (1)2光子レーザーイメージング法による霊長類の大脳皮質機能構築の解明
    (2)大脳皮質神経細胞の形態と生理学的性質の生後発達過程の解明
    神経科学一般関連,神経科学一般関連,神経形態学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • International Brain Research Organization

  • International Society for Neuroethology

  • Society for Neuroscience

  • 日本比較生理学会

  • 日本神経科学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Microstructural properties of the vertical occipital fasciculus explain the variability in human stereoacuity,Hiroki Oishi, Hiromasa Takemura, Shuntaro C. Aoki, Ichiro Fujita, Kaoru Amano,Proceedings of National Academy of Sciences, U.S.A.,115 (48): 12289-12294,2018年11月,学術論文

  • Spatial pooling inherent to intrinsic signal optical imaging might cause V2 to resemble a solution to the stereo correspondence problem,Takahiro Doi, Mohammad Abdolrahmani, Ichiro Fujita,Proceedings of National Academy of Sciences, U.S.A.,115 (30): E6967-E6968,2018年07月,学術論文

  • Mapping stimulus feature selectivity in macaque V1 by two-photon Ca2+ imaging: encoding-model analysis of fluorescence responses to natural movies,Koji Ikezoe, Mahya Amano, Shinji Nishimoto, Ichiro Fujita,Neuroimage,180: 312-323,2018年01月,学術論文

  • A relative frame of reference underlies reversed depth perception in anti-correlated random dot stereograms,Shuntaro C. Aoki, Hiroshi M. Shiozaki, Ichiro Fujita,Journal of Vision,17(12):17,2017年10月,http://jov.arvojournals.org/article.aspx?articleid=2659577,学術論文

  • Rapid responses of amygdala neurons discriminate facial expressions,Mikio Inagaki, Ichiro Fujita,bioRxiv,2017年08月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 一般著書,脳がつくる3D世界~立体視のなぞとしくみ,藤田一郎,化学同人,ISBN,978-4-7598-1664-8,2015年02月

  • 一般著書,もっと!科学の宝箱もっと!~人に話したくなる25の「すごい」豆知識,TBSラジオ,講談社,ISBN,4062183579,2014年07月

  • 教科書,カンデル神経科学,Kandel ER, Schwartz JH, Jessel TM, Siegelbaum SA, Hudspeth AJ, 日本語版監修(金澤一郎、宮下保司),メディカル・サイエンス・インターナショナル,ISBN,978-4-89592-771-0,2014年04月

  • 一般著書,脳はなにを見ているのか,藤田一郎,角川学芸文庫,ISBN,978-4044052171,2013年04月

  • 一般著書,芸術と脳,近藤寿人(編)他,大阪大学出版会,ISBN,978-4-87259-324-2,2013年03月

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 見たものの奥行きが分かる脳内メカニズムの多様性,藤田一郎,週刊ダイヤモンド 2019/11/30,2019年11月

  • 見えるものと見えないものの対話,藤田一郎,「談」 no. 116: 37-63,2019年11月

  • 赤ちゃんとフェイスブック相通じる顔認識のメカニズム,藤田一郎,週刊ダイヤモンド 2019/10/12,2019年10月

  • 大ざっぱと丁寧を使い分ける私たちの脳の情報処理システム,藤田一郎,週刊ダイヤモンド 2019/08/24,2019年08月

  • 脳のネットワークの全貌解明挑戦はどこまで進んでいるか,藤田一郎,週刊ダイヤモンド 2019/06/29,2019年06月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第5回錯視コンテスト 入賞,天野真綾, 上平田蓉子, 小西雄也, 田中雄一朗, 樋口義久, 藤田一郎,日本基礎心理学会,2013年12月

  • 2019年度日本神経回路学会日本神経回路学会最優秀研究賞,小松優介, 稲垣未来男, 林 燦碩, 篠崎隆志, 藤田一郎,日本神経回路学会,2019年09月

  • 2018年度日本神経回路学会日本神経回路学会最優秀研究賞,畑中岳, 池添貢司, 竹内遼介, 稲垣未来男, 西本伸志, 藤田一郎,日本神経回路学会,2018年09月

  • 日本神経回路学会優秀研究賞,稲垣未来男, 藤田一郎,日本神経回路学会,2012年09月

  • 第19回大阪大学共通教育賞(平成23年度第1学期),藤田一郎,大阪大学,2011年11月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 加藤浩次の本気対談:コージ魂!,BS日テレ,2014年12月

  • 私たちは、脳がつくり出した世界に住んでいる!・,Someone (いつもあなたのそばにサイエンス) 雑誌,2014年12月

  • ナゾ謎科学「生物、色をどう区別?」,日本経済新聞,2014年11月

  • おちゃのこSai Sai,JCOM 関西 テレビ,2014年10月

  • NHK第二放送{脳科学と仏教の対話~変えられる自分と変えられない自分」,日本放送協会(NHK),2013年06月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 「宮水学園」教養講座,脳科学最前線!!〜1.4 kgに詰まった不思議を紐解く,2019年11月

  • 第116回創薬科学/GTRセミナーおよび若手新分野創成研究ユニット・フロンティアセミナー,2光子イメージングで探る大脳皮質の機能構築,2019年11月

  • Handai-Asahi中之島塾,「美しいこの世界を見る脳:視覚脳科学最前線」,2018年10月

  • 芦屋美術会特別招待講演会,視覚と脳のメカニズム〜脳と心の関係を探る,2017年11月

  • 第11回高野山大学フジキン小川修平記念講座講演会,『見る』しくみから探る脳と心,2017年10月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,The 12th Biennial Conference of Chinese Neuroscience Society,セッションオーガナイザー,2017年10月

  • 国内重要会議,第21回視覚科学フォーラム研究会,学会長および大会運営委員,2017年09月

  • 国内重要会議,第40回日本神経科学会,セッションオーガナイザー,2017年07月

  • 国際会議,国際シンポジウム「Vision over vision」,オーガナイザー,2016年10月

  • 国内重要会議,第20回視覚科学フォーラム,大会長(世話人代表),2016年09月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本神経科学学会, 第42回日本神経科学学会プログラム委員 ,2018年02月 ~ 2019年07月

  • 学会,視覚科学フォーラム,会長,2018年01月 ~ 2019年12月

  • 学会,日本神経科学会,第41回日本神経科学学会プログラム委員,2017年02月 ~ 2018年07月

  • 学会,日本神経科学会,第40回日本神経科学学会プログラム委員,2016年01月 ~ 2017年07月

  • 学会,日本神経回路学会,日本神経回路学会 選奨委員,2016年01月 ~ 2016年09月

全件表示 >>

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 国立精神・神経医療研究センター精神疾患病態研部 客員研究員,2018年04月 ~ 継続中

  • 大阪府立天王寺高校訪問授業,2010年10月

  • 中学生対象模擬授業「『見る』なんて、心のうち?~視覚のなぞと科学者の挑戦~」,2010年07月

  • 高校生むけオープンキャンパス(研究室公開),2007年11月

  • 高校訪問授業,2005年09月

全件表示 >>