基本情報

写真b

藤山 和仁

FUJIYAMA Kazuhito


キーワード

植物分子生物学,糖鎖工学,酵素工学

URL

http://www.icb.osaka-u.ac.jp/fujiyama_lab/index.html

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月01日 ~ 2003年01月31日,生物工学国際交流センター,助手,専任

  • 2003年02月01日 ~ 2007年03月31日,生物工学国際交流センター,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2009年01月31日,生物工学国際交流センター,准教授,専任

  • 2009年02月01日 ~ 継続中,生物工学国際交流センター,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 醗酵工学科 卒業 1984年03月
大阪大学 工学研究科 醗酵工学専攻 修了 1986年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1988年04月 ~ 継続中
大阪大学助教授 2003年02月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 植物によるヒト由来有用糖タンパク質の生産に関する研究
    応用分子細胞生物学関連

  • 有用物質生産に向けた酵素工学
    応用分子細胞生物学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会

  • 日本生物工学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Lipid production from biodiesel-derived crude glycerol by Rhodosporidium fluviale DMKU-RK253 using temperature shift with high cell density,Pirapan Polbureea P, Yongmanitchaia W, Honda K, Ohashi T, Yoshida T, Fujiyama K, Limtonga S,Biochem Eng J,112, 208-18,2016年04月,学術論文

  • First Evidence for 1-3 Galactosyltransferase Activity Involved in Biosynthesis of Insect Complex Type N-Glycan Harboring T-Antigen in Apis mellifera,Y. Kimura, S. Sakamura, T. Ushijima, Y. Hama, H. Kajiura, K. Fujiyama, K. Okihara, K. Hashimoto, H.,2007年04月,学術論文

  • Arabidopsis thaliana α1,2-L-fucosyltransferase catalyzes the transfer of L-galactose to xyloglucan oligosaccharide,Ohashi H, Ohashi T, Misaki R, Fujiyama K,FEBS Lett,Nov 26. doi: 10.1002/1873-3468.13303.,2018年11月,https://febs.onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/1873-3468.13303,学術論文

  • Delta-9 fatty acid desaturase overexpression enhanced lipid production and oleic acid content in Rhodosporidium toruloides for preferable yeast lipid production,Tsai YY, Ohashi T, Wu CC, Bataa D, Misaki R, Limtong S, Fujiyama K,J Biosci Bioeng,2018年10月,https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389172318306881?via%3Dihub,学術論文

  • The neutral N-linked glycans of the Basidiomycetous yeasts Pseudozyma antarctica and Malassezia furfur (Subphylum Ustilaginomycotina),Flores RJD, Ohashi T, Sakai K, Gonoi T, Kawasaki H, Fujiyama K,J Gen Appl Microbiol,2018年10月,https://www.jstage.jst.go.jp/article/jgam/advpub/0/advpub_2018.05.003/_article,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,組換え医療用糖タンパク質の生産に向けた宿主細胞の育種,藤山和仁,酵素工学ニュース(酵素工学研究会),2006年05月

  • 専門著書,植物生産医療タンパク質と糖鎖,藤山和仁,日本生物工学会,2005年11月

  • 専門著書,植物バイオリアクターによる外来タンパク質生産 特集によせて,藤山和仁,日本生物工学会,2005年11月

  • 一般著書,分子農業を目指した植物糖鎖工学,藤山和仁,財団法人 バイオインダストリー協会,2004年12月

  • 辞典,Pharmaceuticals in Plants in Encyclopedia of Plants and Crop Science,Kazuhito Fujiyama,Dekker Inc,2004年01月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,動物型糖鎖付加機能をもつ植物細胞,谷口直之、関 達治、藤山和仁,特開2001-333787(公開),2001年03月

  • 日本,動物型糖鎖付加機能を持つ植物細胞,谷口直之、関 達治、藤山和仁,特開2002-238580(公開),2001年02月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本生物工学会論文賞,藤山 和仁,,1994年

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 日本におけるイタリア2011・秋,イタリアの春2007会議後の、ENEAとの共同研究状況,2011年11月

  • 新シルクロード: カイコゲノムから新しい農業へ,Bombyx mori genome analysis paves a way to facilitate research on glycogenes,2010年10月

  • 「21 世紀最大の未利用資源活用のための昆虫・テクノロジー研究」プロジェクト シンポジウム,遺伝子組換え生物によるヒト型糖鎖を持つタンパク質生産の可能性,2006年09月

  • 第24回 日本植物細胞分子生物学会(つくば)大会・シンポジウム,タンパク質糖鎖のリモデリング,2006年07月

  • 日本農芸化学会2006年度大会(北海道)「植物グリコミクスの鳥瞰と展望」,遺伝子組換えによる植物糖タンパク質糖鎖の動物型化,2006年03月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,植物によるバイオ医薬品生産(PMP)ワークショップ,委員長,2014年09月