基本情報

写真b

藤原 康文

FUJIWARA Yasufumi


キーワード

ボトムアップ型機能制御,量子構造,希土類添加,光・磁気・電子融合デバイス

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7498

FAX番号

06-6879-7499

URL

http://www.mat.eng.osaka-u.ac.jp/mse6/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2003年07月01日 ~ 2005年03月31日,工学研究科,教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,教授,専任

  • 2013年06月01日 ~ 継続中,未来戦略機構,教授,兼任

  • 2015年04月01日 ~ 継続中,男女共同参画推進オフィス,室員,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 基礎工学部 電気工学科 卒業 工学士 1981年03月
大阪大学 基礎工学研究科 物理系電気工学分野 修了 工学修士 1983年03月
大阪大学 基礎工学研究科 物理系電気工学分野 中退 工学博士 1985年07月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学・助手(基礎工学部) 1985年08月 ~ 1991年01月
大阪大学・講師(基礎工学部) 1991年01月 ~ 1993年03月
名古屋大学・助教授(工学部) 1993年04月 ~ 1997年03月
イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・客員准教授(電気・コンピュータ工学) 1995年11月 ~ 1996年01月
名古屋大学・助教授(大学院工学研究科) 1997年04月 ~ 2003年06月
大阪大学・教授(大学院工学研究科) 2003年07月 ~ 継続中
大阪大学ナノサイエンスデザイン教育研究センター・センター長 2017年04月 ~ 継続中
名古屋大学・非常勤講師(大学院工学研究科) 2003年07月 ~ 2004年03月
大阪教育大学非常勤講師(教養学科) 2006年04月 ~ 2009年03月
東京理科大学客員教授(総合研究機構) 2006年04月 ~ 2011年03月
京都大学非常勤講師(大学院工学研究科) 2007年10月 ~ 2009年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 半導体を題材として、ミクロな構造の作製・制御により新しい物性・機能を自在に発現させる「ボトムアップ型機能制御」に取り組んでいる。
    応用物性関連,電気電子材料工学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会

  • 日本金属学会

  • 日本材料学会

  • 日本希土類学会

  • 日本真空学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Formation and optical properties of Tm,Yb-codoped ZnO nanowires grown by sputtering-assisted metalorganic chemical vapor deposition,J. Tatebayashi, G. Yoshii, T. Nakajima, M. Mishina and Y. Fujiwara,Journal of Crystal Growth,503 13-19,2018年09月,学術論文

  • フォトン場制御による波長超安定・狭帯域Eu添加GaN赤色LEDの高輝度化【招待講演】,藤原康文、稲葉智宏、塩見圭史、佐々木豊、市川修平、Delphine LEBRUN、舘林潤,電気学会光・量子デバイス研究会「パワー光源および応用システム全般」、OQD-18-047、ルーテル市ヶ谷センター 第一会議室、東京都新宿区、7月26日 (2018).,2018年07月,会議報告/口頭発表

  • Development of semiconductors intra-center photonics 【招待講演】,Y. Fujiwara,Light Conference 2018, Changchun, China, July 15-18 (2018).,2018年07月,国際会議(proceedingsなし)

  • Excitation of europium ions in gallium nitride: Mechanism, kinetics, and optimization 【招待講演】,V. Dierolf, R. Wei, B. Mitchell, and Y. Fujiwara,12th International Conference on Excitonic and Photonic Processes in Condensed Matter and Nano Materials (EXCON 2018), Nara Kasugano International Forum, I15, Japan, July 8-13 (2018).,2018年07月,国際会議(proceedingsなし)

  • Hot-carrier-mediated impact excitation of Er3+ ions in SiO2 sensitized by Si nanocrystals,A. Lesage, D. Timmerman, D. M. Lebrun, Y. Fujiwara, and T. Gregorkiewicz,Applied Physics Letters,113(03) 031109/1-031109/4,2018年07月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • その他,Special Issue: Electronic Materials and Nanotechnology for Green Environment, Japanese Journal of Applied Physics 52 (2013),J. Motohisa, Y. Fujiwara, M. Sugiyama, K. Yase, and S.-K. Joo,Japanese Journal of Applied Physics,2013年10月

  • 専門著書,Progress in Advanced Structural and Functional Materials Design,Y. Fujiwara, Y. Terai, and A. Nishikawa,Springer,ISBN,978-4-431-54063-2,2013年01月

  • 専門著書,Materials Research Society Symposium Proceedings Vol. 1342, Rare-Earth Doping of Advanced Materials for Photonic Applications,V. Dierolf, Y. Fujiwara, T. Gregorkiewicz, and W. M. Jadwisienczak,Cambridge University Press,ISBN,978-1-60511-319-7,2012年03月

  • 専門著書,レアアースの最新技術動向と資源戦略,藤原康文,シーエムシー出版,ISBN,978-4-7813-0431-1,2011年12月

  • その他,光技術動向調査報告書FY2010-002-1,藤原康文,(財)光産業技術振興協会,2011年03月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,AlInN厚膜形成技術,藤原康文、稲葉智宏,特願2017-036446(出願),2017年02月

  • 日本,窒化物半導体基板とその製造方法および半導体デバイス,藤原康文、朱婉新、小泉淳、Brandon Mitchell、Tom Gregorkiewicz,特願2016-229410(出願),2016年11月

  • アメリカ,赤色発光半導体素子とその製造方法、および窒化物半導体素子用基板とその製造方法,藤原康文、小泉淳、寺井慶和,US9455376(登録),2013年08月,2016年09月

  • 日本,赤色発光半導体素子とその製造方法,藤原康文、小泉淳,特願2013-047022(出願),2013年03月

  • 日本,赤色発光半導体素子とその製造方法、および窒化物半導体素子用基板とその製造方法,藤原康文、小泉淳、寺井慶和,6048896(登録),2012年08月,2016年12月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会フェロー,藤原康文,公益社団法人応用物理学会,2017年09月

  • レーザー学会 業績賞(論文賞),森川顕洋、水内公典、藤原康文,一般社団法人レーザー学会,2015年05月

  • 平成26年国立大学法人大阪大学総長顕彰 ,藤原康文,国立大学法人大阪大学,2014年07月

  • 平成25年国立大学法人大阪大学総長顕彰,藤原康文,国立大学法人大阪大学,2013年08月

  • 第11回APEX/JJAP編集貢献賞,藤原 康文,公益社団法人 応用物理学会,2013年04月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • マイクロLEDのモノリシック化に挑む、阪大の赤色LED,日経XTECH,2018年03月

  • 赤色発光GaN-LEDがより赤く、次世代マイクロLEDに前進,日経エレクトロニクス,2018年02月

  • 赤・緑・青 1つの素子で,日本経済新聞,2014年10月

  • フジキン、小型機投入ー高速応答の電動バルブ 半導体製造向け,日刊工業新聞,2014年05月

  • 「希土類元素」を極めて関西に貢献を 「赤色LED」で独創的な成果,毎日新聞,2012年12月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • みのおエフエム「タッキー816」まちのラジオ(大阪大学社学連携事業),ゲスト,2016年07月

  • 最先端の物理を高校生にSaturday Afternoon Physics 2015,「もっと光を!:今、そしてこれから」,2015年10月

  • 第8回男女共同参画シンポジウム 待ったなし!202030(にいまるにいまるさんまる) ―女性研究者数値目標―,総合司会,2015年10月

  • 第9回基礎セミナー「薄膜の評価技術」,フォトルミネッセンス法,2006年09月

  • 第7回基礎セミナー「薄膜の評価技術」,ファとルミネッセンス法,2005年09月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,International Workshop on Nitride Semiconductors 2018 (IWN 2018) ,Steering Committee Member,2018年11月

  • 国内重要会議,37th Electronic Materials Symposium (EMS37),実行委員長,2018年10月

  • 国際会議,19th International Conference on Metalorganic Vapor Phase Epitaxy (ICMOVPE-XIX),International Program Committee Member & Local Arrangement Committee Chair,2018年06月

  • 国際会議,International Conference on Nano-photonics and Nano-optoelectronics (ICNN2018),Organizing Committee Member,2018年04月

  • 国際会議,10th Anniversary International Symposium on Advanced Plasma Science and its Applications for Nitrides and Nanomaterials (ISPlasma 2018/IC-PLANTS2018),Program Committee Member & Editorial Committee Member,2018年03月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 公益法人,(独)日本学術振興会,ワイドバンドギャップ半導体第162委員会企画委員,2014年05月 ~ 継続中

  • 学会,公益社団法人 応用物理学会,理事,2013年03月 ~ 2015年03月

  • 国・地方公共団体,(独)日本学術振興会,光電変換第125委員会委員,2012年06月 ~ 継続中

  • 学会,(社)日本金属学会,評議員,2011年04月 ~ 継続中

  • その他,(独)日本学術振興会,薄膜第131委員会企画委員,2011年04月 ~ 継続中

全件表示 >>