基本情報

写真b

桃木 至朗

MOMOKI Shiro


キーワード

東南アジア史

メールアドレス

メールアドレス

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月01日 ~ 継続中,文学研究科 文化形態論専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 文学研究科 東洋史専攻 修了 文学修士 1981年03月
京都大学 文学研究科 東洋史専攻 中退 1984年03月

職歴 【 表示 / 非表示

京都大学助手 1985年06月 ~ 継続中
大阪外国語大学専任講師 1988年10月 ~ 継続中
大阪外国語大学助教授 1991年01月 ~ 継続中
大阪大学助教授 1991年04月 ~ 継続中
大阪大学教授 2001年04月 ~ 継続中
Visiting Fellow, Asia Research Institute, National University of Singapore 2003年10月 ~ 2003年12月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 世界史教育
    史学一般関連

  • 中・近世アジア海域史
    史学一般関連

  • 中世ベトナムの王権、経済、国家意識、ジェンダー.
    アジア史およびアフリカ史関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 東洋史研究会

  • 東南アジア史学会

  • 遊戯史学会

  • 史学研究会(京都大学)

  • 東南アジア考古学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 現代東アジア諸国の少子化を歴史的に理解する,桃木至朗,グローバルヒストリーから考える新しい大学歴史教育-日本史と世界史のあいだで-,pp.318-344,2020年03月,学術論文

  • 序論 グローバルヒストリーから考える新しい大学歴史教育,秋田茂,桃木至朗,グローバルヒストリーから考える新しい大学歴史教育-日本史と世界史のあいだで-,pp.1-17,2020年03月,学術論文

  • 「日本史と世界史をつなぐ:東アジアの勤勉革命・近世化と人口減少・過労死社会の到来を表裏一体の現象として理解できる教科書を目指して」,桃木至朗,シンポジウム「アジアから問うジェンダー史――世界史を読み替える」,2019年12月,会議報告/口頭発表

  • 「人口と人の移動から見た東南アジアの長期変動~「日本史」「世界史」との対話に向けた論点整理~」,桃木至朗,第101回研究大会(シンポ「東南アジアと日本の長期変動:人口変動・労働移民・少子高齢化」),2019年11月,会議報告/口頭発表

  • 書評 妹尾達彦著『グローバル・ヒストリー』,桃木至朗,史林,102巻,6号,pp.72-78,2019年11月,その他

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,グローバルヒストリーから考える新しい大学歴史教育――日本史と世界史のあいだで――,桃木至朗,大阪大学出版会,2020年03月

  • 一般著書,地域から考える世界史,桃木至朗,藤村泰夫,岩下哲典,勉誠出版,ISBN,978-4585221913,2017年10月

  • その他,高等学校教科書および大学入試における歴史系用語精選の提案(第一次),桃木至朗他22名,高大連携歴史教育研究会,2017年10月

  • その他,「世界史」の世界史(ミネルヴァ世界史叢書1),秋田, 茂, 永原, 陽子, 羽田, 正, 南塚, 信吾, 三宅, 明正, 桃木, 至朗, 末木, 文美士, 小島, 毅, 土田, 龍太郎, 三谷, 博, 李, 成市, 栗原, 麻子, 岡崎, 勝世, 山中, 由里子, 宇野, 伸浩, 坂田, 美奈子, 井上, 幸孝, 今村, 薫, 弓削, 尚子, 小山, 哲, 小谷, 汪之, 山下, 範久, MINERVA世界史叢書編集委員会,ミネルヴァ書房,ISBN,9784623071111,2016年10月

  • 一般著書,『グローバルヒストリーと戦争』秋田茂・桃木至朗 編,中嶋啓雄,大阪大学出版会,ISBN,9784872594379,2016年04月

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 台湾における海域交流史の調査,桃木至朗,科学研究費「8-17世紀の東アジアにおける人・物・情報の交流」,2002年10月

  • カンボジア、ウドン・ロングェーク地区の遺跡調査,桃木至朗,,2000年

  • 韓国南部海洋関係遺跡の調査,桃木至朗,,1999年

  • 大越・チャンパ関係を示す北部ベトナム遺跡の調査,桃木至朗,,1999年

  • ベトナム中部乾燥地帯の生態・歴史に関する実地調査,桃木至朗,,1998年

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 桃木教授の紙上特別講義 歴史教育1~3,朝日新聞(大阪本社版),2007年03月

  • 高校の地理歴史 学ぶべきは何?--専門家に提言・考えを聞く,朝日新聞,2006年12月

  • 「歴史は暗記」イメチェン 大阪大 高校教師向け研修会,読売新聞,2006年11月

  • 「臨床の歴史学」に熱気 阪大 高校教員120人、意見交換,朝日新聞,2006年08月

  • 歴史教育をどうするのか 学ぶ意味が見える工夫を 大量の暗記求める入試見直せ,朝日新聞,2006年03月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 2006年度部会総会,面白い歴史、必要な歴史、わかる歴史――新しい歴史教育をめざす高大連携の取り組みについて,2007年03月

  • 佐賀県高等学校学力向上対策事業世界史部会第12回部会,「イメージが湧く」東南アジア史をめざして,2006年12月

  • 日本学セミナー,Ly thuyet khu vuc hoc va so sanh khu vuc hoc o Viet Nam va Nhat Ban,2006年08月

  • 夏期講座「辺境の世界史」,東南アジア史,2006年08月

  • 熊本県高等学校教育研究会地歴・公民科部会/熊本県高等学校地歴・公民科研究会日本史世界史合同部会,アジアの海から見直す日本史,2006年08月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,Dinamic Rimlands and Open Heartlands: Maritime Asia as a Site of Interactions,cordinator,2006年10月

  • その他,第4回全国高等学校歴史教育研究会,開催責任者,2006年08月

  • その他,第3回全国高等学校歴史教育研究会,開催責任者,2005年08月

  • 国際会議,Northeast Asia in Maritime Perspective: A Dialogue with Southeast Asia,Organizing Committee member,2004年10月

  • その他,第2回全国高等学校歴史教育研修会,開催責任者,2004年08月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • その他,文化遺産国際協力コンソーシアム,東南アジア専門委員、タンロン遺跡保存日越合同専門家委員会歴史調査班班長,2006年11月 ~ 継続中

  • その他,日本ベトナム友好協会,副理事長,1998年05月 ~ 継続中