基本情報

写真b

土谷 博昭

TSUCHIYA Hiroaki


キーワード

表面科学,電気化学,環境材料学

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月01日 ~ 2004年05月31日,工学研究科 マテリアル応用工学専攻,特任助手,専任

  • 2006年01月01日 ~ 2007年03月31日,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2012年11月30日,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,助教,専任

  • 2012年12月01日 ~ 継続中,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学研究科 マテリアル応用工学専攻 修了 2004年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学大学院工学研究科マテリアル応用工学 特任助手 2004年04月 ~ 2004年05月
Postdoctral Fellow, Department of Materials Science, University of Erlangen-Nuremberg 2004年05月 ~ 2005年04月
Senior Researcher, Department of Materials Science, University of Erlangen-Nuremberg 2005年05月 ~ 2005年12月
大阪大学大学院工学研究科マテリアル生産科学専攻 助手 2006年01月 ~ 2007年03月
大阪大学大学院工学研究科マテリアル生産科学専攻・助教 2007年04月 ~ 2012年11月
構造・機能先進材料デザイン教育研究センター・助教 2008年05月 ~ 2012年11月
大阪大学大学院工学研究科マテリアル生産科学専攻・准教授 2012年12月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 金属・半導体表面の高次規則化・機能化
    材料加工および組織制御関連,ナノ構造化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 表面技術協会

  • 電気化学会

  • 腐食防食協会

  • 日本鉄鋼協会

  • 日本金属学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Smooth Anodic TiO2 Nanotubes,J. M. Macak, H. Tsuchiya, L. Taveira, S. Aldabergerova, P. Schmuki,Angewandte Chemie International Edition,44 (2005) 7463-7465,2005年11月,学術論文

  • Electrochemical Formation of Self-Organized High Aspect Ratio Porous Zirconium Oxide,H. Tsuchiya, J. M. Macak, I. Sieber, P. Schmuki,Small,1 (2005) 722-725,2005年07月,学術論文

  • High-Aspect-Ratio TiO2 Nanotubes by Anodization of Titanium,J. M. Macak, H. Tsuchiya, P. Schmuki,Angewandte Chemie International Edition,44 (2005) 2100-2102,2005年03月,学術論文

  • Titanium oxide nanotubes prepared in phosphate electrolytes,A. Ghicov, H. Tsuchiya, J. M. Macak, P. Schmuki,Electrochemistry Communications,7 (2005) 505-509,2005年05月,学術論文

  • Cell Activity on Type 316L Stainless Steel with Self-Organized Nanopores Formed by Anodic Polarization,S. Miyabe, T. Suehiro, Y. Fujinaga, H. Tsuchiya, S. Hiromoto, S. Fujimoto,Materials Transactions,80 (2016) 2065-2071,2016年12月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,バイオマテリアル研究の最前線(分担) 「陽極酸化によるTi-29Nb-13Ta-4.6Zr合金表面への酸化物ナノチューブ層形成」,土谷博昭,日本金属学会,2014年12月

  • 専門著書,バイオマテリアル研究の最前線 「陽極酸化によるTiO2ナノチューブ層上でのアパタイト成長」,土谷博昭,日本金属学会,2014年12月

  • 一般著書,Advanced Materials Design by Electrochemical Approach :Self-Organizing Anodization,H. Tsuchiya,Springer,ISBN,978-4-431-54064-9,2013年01月

  • 専門著書,陽極酸化によるバルブ金属・合金表面へのナノポーラス酸化物層の創成,土谷博昭, 藤本慎司,シーエムシー出版,2011年07月

  • 専門著書,Semiconductor Property of Passive Films and Corrosion Behavior of Fe-Cr Alloys,Shinji Fujimoto and Hiroaki Tsuchiya,Springer,2006年06月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,粗面化金属材料の製造法,土谷博昭、藤本慎司、岩水義治、斎藤実,特願2009-056362(出願),2009年03月

受賞 【 表示 / 非表示

  • Hans-Juergen Engell Prize,Hiroaki Tsuchiya,International Society of Electrochemistry,2007年07月

  • Moris Cohen Graduate Student Award,Hiroaki Tsuchiya,The Electrochemical Society,2006年11月

  • 第16回日本金属学会奨励賞,土谷博昭,日本金属学会,2006年09月

  • Electrochemistry Communications Best Cited Paper Award 2008,A. Ghicov, H. Tsuchiya, J.M. Macak, P. Schmuki,Elsevier,2008年10月

  • 材料化学研究会・鉄鋼プロセス研究会 平成26年度 第3回合同研究会 優秀発表賞,藤永悠志、宮部さやか、土谷博昭、藤本慎司,材料化学研究会・鉄鋼プロセス研究会,2014年12月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 材料セミナー,金属材料の腐食損傷の基礎とその評価,2018年01月

  • コロージョン・セミナー,サステイナブル社会を支える腐食防食エキスパートを目指して,2017年07月

  • 材料セミナー,金属材料の腐食損傷の基礎とその評価,2016年11月

  • 第43回コロージョン・セミナー,サステイナブル社会を支える腐食防食エキスパートを目指して,2016年07月

  • 材料セミナー,金属材料の腐食損傷の基礎とその評価,2015年11月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,日本金属学会第159回講演大会,実行委員,2016年09月

  • 国内重要会議,日本鉄鋼協会第172回講演大会,実行委員,2016年09月

  • 国内重要会議,材料と環境2015,2015年05月

  • 国内重要会議,第56回材料と環境討論会,実行委員,2009年09月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 公益法人,日本材料学会関西支部,常議員,2018年04月 ~ 継続中

  • 公益法人,日本金属学会,第4分科委員,2015年03月 ~ 継続中

  • 学会,腐食防食学会,コロージョン・セミナー企画委員会委員,2014年04月 ~ 継続中

  • 学会,腐食防食学会,材料と環境編集委員,2012年04月 ~ 継続中

  • 学会,日本金属学会・日本鉄鋼協会 関西支部 材料化学研究会,幹事,2010年04月 ~ 2012年03月

全件表示 >>