基本情報

写真b

土川 博史

TSUCHIKAWA Hiroshi


キーワード

天然物化学、合成有機化学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6850-5775

FAX番号

06-6850-5775

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2010年06月01日 ~ 継続中,理学研究科 化学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

関西学院大学 理学部 化学科 卒業 2001年03月
大阪大学 理学研究科 化学専攻 修了 2003年03月
大阪大学 理学研究科 化学専攻 単位取得満期退学 2006年08月
大阪大学 理学研究科 化学専攻 修了 博士(理学) 2006年12月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会 特別研究員(DC1)大阪大学大学院理学研究科 2003年04月 ~ 2006年03月
関西学院大学理工学部 理工学部研究員 2006年09月 ~ 2006年12月
関西学院大学理工学部 博士研究員 2007年01月 ~ 2009年03月
理化学研究所 特別研究員 2009年04月 ~ 2010年05月
大阪大学大学院理学研究科助教 2010年06月 ~ 継続中

所属学会 【 表示 / 非表示

  • アメリカ化学会

  • 有機合成化学協会

  • 日本化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Synthesis and Th1-immunostimulatory activity of α-galactosylceramide analogues bearing a halogen-containing or selenium-containing acyl chain,Md. Imran Hossain, Shinya Hanashima, Takuto Nomura, Sébastien Lethu, Hiroshi Tsuchikawa, Michio Murata, Hiroki Kusaka, Shunsuke Kita, Katsumi Maenaka,Bioorganic & medicinal chemistry,24(16) 3687-3695,2016年06月,学術論文

  • The Structure of the Bimolecular Complex between Amphotericin B and Ergosterol in Membrane is Stabilized by Face-to-Face Van der Waals Interaction with their Rigid Cyclic Cores,Yasuo Nakagawa, Yuichi Umegawa, Naohiro Matsushita, Tomoya Yamamoto, Hiroshi Tsuchikawa, Shinya Hanashima, Tohru Oishi, Nobuaki Matsumori, Michio Murata,Biochemistry,55 3392-3402,2016年05月,学術論文

  • Bafilomycin analogue site-specifically fluorinated at the pharmacophore macrolactone ring has potent vacuolar-type ATPase inhibitory activity,Hiroshi Tsuchikawa, Tatsuru Hayashi, Hajime Shibata, Michio Murata, Yoko Nagumo, Takeo Usui,Tetrahedron Lett.,57 2426-2429,2016年04月,学術論文

  • Formation of Gel-like Nanodomains in Cholesterol-Containing Sphingomyelin or Phosphatidylcholine Binary Membrane As Examined by Fluorescence Lifetimes and 2H NMR Spectra,Yasuda, Tomokazu; Matsumori, Nobuaki; Tsuchikawa, Hiroshi; Lonnfors, Max; Nyholm, Thomas K. M.; Slotte, J. Peter; Murata, Michio,Langmuir,31(51) 13783-13792,2015年12月,学術論文

  • Role of polyol moiety of amphotericin B in ion channel formation and sterol selectivity in bilayer membrane,Yamamoto T, Umegawa Y, Tsuchikawa H, Matsumori N, Hanashima S, Murata M, Haser R, Rawlings BJ, Caffrey P.,Bioorganic and Medicinal Chemistry,23(17) 5782-5788,2015年07月,学術論文

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,セラミドキナーゼ阻害化合物およびそれを有効成分とする医薬組成物,勝村成雄, 土川博史, 光武 進, 五十嵐靖之,2009-51743(出願),2009年03月