基本情報

写真b

渡邉 肇

WATANABE Hajime


キーワード

分子生物学、環境生物学、化学物質影響、ゲノミクス

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7427

FAX番号

06-6879-7428

URL

http://www.bio.eng.osaka-u.ac.jp/ez/index.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2009年06月01日 ~ 継続中,工学研究科 生命先端工学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 理学部 生物化学科 卒業 理学士 1985年03月
東京大学 理学研究科 生物化学専攻 修了 理学修士 1987年03月
東京大学 理学研究科 生物化学専攻 修了 理学博士 1990年03月

職歴 【 表示 / 非表示

東京工業大学 生命理工学部 助手 1991年04月 ~ 2000年03月
自然科学研究機構 基礎生物学研究所 准教授 2000年04月 ~ 2009年05月
大阪大学 大学院工学研究科 教授 2009年06月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 生物の環境応答機構
    化学物質の生物影響
    トキシコゲノミクス
    放射線影響関連,生態学および環境学関連,医化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本毒性学会

  • The Society of Environmental Toxicology and Chemistry

  • 日本生化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Microbiota inoculum composition affects holobiont assembly and host growth in Daphnia,Callens M, Watanabe H, Kato Y, Miura J, Decaestecker E,Microbiome,6(1) 56,2018年03月,学術論文

  • Tryptophan hydroxylase (TRH) loss of function mutations induce growth and behavioral defects in Daphnia magna.,Rivetti C, Campos B, Piña B, Raldúa D, Kato Y, Watanabe H, Barata C,Scientific reports,8・1・1518,2018年01月,学術論文

  • Development of a bicistronic expression system in the branchiopod crustacean Daphnia magna.,Kumagai H, Matsuura T, Kato Y, Watanabe H,Genesis (New York, N.Y. : 2000),55(12),2017年12月,その他

  • Development of a bicistronic expression system in the branchiopod crustacean Daphnia magna.,Kumagai H, Matsuura T, Kato Y, Watanabe H,Genesis,doi: 10.1002/dvg.23083,2017年12月,学術論文

  • Co-option of the bZIP transcription factor Vrille as the activator of Doublesex1 in environmental sex determination of the crustacean Daphnia magna.,Mohamad Ishak NS, Nong QD, Matsuura T, Kato Y, Watanabe H,PLoS genetics,13(11) e1006953,2017年11月,その他

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Genome Editing and Engineering,Kato, Y, Nakanishi T, Watanabe H.,Cambridge University Press,ISBN,9781316756300,2018年07月

  • 専門著書,General, Applied and Systems Toxicology,Watanabe H, Kato Y, Iguchi T,John Wiley & Sons, Ltd.,ISBN,9780470744307,2011年09月

  • 専門著書,脱皮と変態の生物学,渡邉肇, 加藤泰彦,東海大学出版会,ISBN,978-4-486-01904-6,2011年05月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,インビトロ膜タンパク質進化分子工学的手法,四方哲也,松浦友亮,曽我遥,渡邉肇,藤井聡志,2014-7983(公開),2012年06月

報道 【 表示 / 非表示

  • 阪大、ミジンコで性決定遺伝子の非翻訳領域のみをもつRNAがオス化を引き起こすことを発見 ,日経電子版プレスリリース速報,2018年05月

  • 阪大,性決定を蛍光タンパク質で解明する遺伝子を作出,OPTRONICS ON LINE,2017年11月

  • 阪大がミジンコのゲノム編集、ノックアウトはCRISPR、ノックインはTALEN 環境により性が決定する仕組みを光るミジンコで解明,日経バイオテクON LINE,2017年11月

  • 大阪大、性別決める鍵遺伝子発見 環境要因で性別が変わるミジンコ,京都新聞,2017年11月

  • ミジンコから性別決める遺伝子発見、阪大 ,日経産業(朝刊7面),2017年11月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 公開ワークショップ 2つの大学で国際的に学位取得を目指すには,「生物工学分野のダブルディグリー協定と国際交流」,2018年03月