基本情報

写真b

渡邉 正勝

WATANABE Masakatsu


キーワード

発生生物学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7997

FAX番号

06-6879-7977

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月01日 ~ 継続中,生命機能研究科 生命機能専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

慶應義塾大学 理工学部 化学科 卒業 1994年03月
東京工業大学 生命理工学研究科  修了 1996年03月
東京工業大学 生命理工学研究科  修了 博士(理学) 1999年03月

職歴 【 表示 / 非表示

農林水産省食品総合研究所・非常勤職員 1999年02月 ~ 2000年04月
東京工業大学大学院生命理工学研究科・助手 2000年05月 ~ 2006年02月
東京工業大学大学院生命理工学研究科・講師 2006年03月 ~ 2007年03月
名古屋大学大学院理学研究科・講師 2007年04月 ~ 2009年03月
大阪大学大学院生命機能研究科・准教授 2009年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 細胞自律的な形態形成機構に関する研究
    発生生物学関連,細胞生物学関連

  • 細胞間相互作用をつかさどるギャップジャンクションの機能解明
    発生生物学関連,細胞生物学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本発生生物学会

  • 日本動物学会

  • 日本進化学会

  • 日本細胞生物学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Cryo-EM structures of undocked innexin-6 hemichannels in phospholipids,Burendei, B., Shinozaki, R., Watanabe, M., Terada, T., Tani, K., Fujiyoshi, Y., Oshima, A.,Science Advances,6(7) eaax3157,2020年02月,学術論文

  • ゼブラフィッシュを用いたパターン形成研究,臼居優, 渡邉正勝,医学のあゆみ,272(3) 247-248,2020年01月,解説・総説

  • The minimal gap-junction network among melanophores and xanthophores required for stripe-pattern formation in zebrafish,Usui, Y., Aramaki, T., Kondo, S., Watanabe, M.,Development,146 dev181065,2019年11月,学術論文

  • The minimal gap-junction network among melanophores and xanthophores required for stripe-pattern formation in zebrafish,Usui, Y., Aramaki, T., Kondo, S., Watanabe, M,Development,146: dev181065,2019年11月,学術論文

  • KLF4-induced connexin40 expression contributes to arterial endothelial quiescence,Denis, J.-F., Diagbouga, M. R., Molica, F., Linnerz, T., Watanabe, M., Lemeille, S., Bertrand, J. Y., and Kwak, B. R.,Frontiers in Physiology,10:80,2019年02月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,研究を支えるモデル生物 (共著),渡邉正勝、近藤,化学同人,ISBN,9784759811780,2009年09月