基本情報

写真b

渡邉 幹夫

WATANABE Mikio


キーワード

内科学,臨床免疫学,内分泌学,臨床検査医学,予防医学,甲状腺,妊娠,検査,予後, 一卵性双生児, 遺伝子多型, 後天性遺伝要因

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-2596

FAX番号

06-6879-2596

URL

http://sahswww.med.osaka-u.ac.jp/~prevdiag/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月01日 ~ 2003年03月31日,医学部,助手,専任

  • 2003年04月01日 ~ 2007年03月31日,医学系研究科 保健学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2012年03月31日,医学系研究科 保健学専攻,助教,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 保健学専攻,准教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 附属ツインリサーチセンター,准教授,兼任

  • 2005年10月01日 ~ 2012年03月31日,医学部,検査技術科学専攻 学部内講師,兼任

  • 2009年04月01日 ~ 2012年03月31日,医学系研究科 附属ツインリサーチセンター,助教,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部 医学科 卒業 医学士 1993年03月
大阪大学 医学研究科 内科系専攻 修了 医学博士 1997年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学准教授(医学系研究科保健学専攻) 2012年04月 ~ 継続中
大阪大学准教授(大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンター)(兼任) 2012年04月 ~ 継続中
大阪大学助手(医学部) 1997年04月 ~ 2003年03月
大阪大学学内講師(全学共通教育機構)(兼任) 1998年04月 ~ 2001年03月
大阪大学助手(大学院医学系研究科保健学専攻) 2003年04月 ~ 2007年03月
大阪大学学部内講師(大学院医学系研究科保健学専攻) 2005年10月 ~ 2012年03月
大阪大学助教(大学院医学系研究科保健学専攻) 2007年04月 ~ 2012年03月
大阪大学助教(大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンター)(兼任) 2009年04月 ~ 2012年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 臨床免疫学
    免疫学,内科学一般(含心身医学)

  • 妊娠出産にともなう免疫学的変動に関する研究
    免疫学,産婦人科学,病態検査学

  • 自己免疫性甲状腺疾患の病因病態に関する研究,
    内分泌学,内科学一般(含心身医学),免疫学

  • 自己免疫疾患の予後予測に関する研究
    免疫学,内分泌学,病態検査学

  • ツインリサーチ(双生児研究)
    病態検査学,人類遺伝学,遺伝・染色体動態,医療社会学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床検査医学会(評議員)

  • 日本臨床化学会(認定臨床化学者・評議員)

  • 日本臨床検査学教育学会(評議員)(「臨床検査学教育」副編集委員長)

  • 日本甲状腺学会(認定甲状腺専門医・評議員)

  • American Association for Clinical Chemistry

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Education in twins and their parents across birth cohorts over 100 years: an individual-level pooled analysis of 42 twin cohorts.,Silventoinen, K. Jelenkovic, A., Latvala, A., Sund, R., Yokoyama, Y., Ullemar, V., Almqvist, C., Derom, C.A., Vlietinck, R.F., Loos, R.JF., Kandler, C., Honda, C., Inui, F., Iwatani, Y., Watanabe, M., et al.,Twin Research and Humman Genetics,(in press),2017年10月,学術論文

  • RFTS-dependent negative regulation of Dnmt1 by nucleosome structure and histone tails.,Mishima, Y., Brueckner, L., Takahashi, S., Kawakami, T., Arita, K., Oka, S., Otani, J., Hojo, H., Shirakawa, M., Shinohara, A., Watanabe, M., Suetake, I,The FEBS Journal,(in press),2017年09月,学術論文

  • The polymorphisms in the thyroid peroxidase gene were associated with the development of autoimmune thyroid disease and the serum levels of TPOAb.,Tomari, S., Watanabe, M., Inoue, N., Mizuma, T., Yamanaka, C., Hidaka, Y., Iwatani, Y.,Endorcine Journal,(in press),2017年09月,学術論文

  • Association of the polymorphisms in the gene encoding thyroglobulin with the development and prognosis of autoimmune thyroid disease,Tomoyo Mizuma, Mikio Watanabe, Naoya Inoue, Yuya Arakawa, Saki Tomari, Yoh Hidaka, Yoshinori Iwatani,Autoimmunity,(in press),2017年08月,学術論文

  • Association of IL-10-Regulating MicroRNAs in Peripheral Blood Mononuclear Cells with the Pathogenesis of Autoimmune Thyroid Disease.,Takuse, Y., Watanabe, M., Inoue, N., Ozaki, R., Otsu, H., Saeki, M., Katsumata, Y., Hidaka, Y., Iwatani, Y.,Immunological Investigation,46(6), 590-602,2017年08月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,DNA and Histone Methylation as Cancer Targets (Cancer Drug Discovery and Development) - Chapter 2 - The molecular basis of DNA methylation.,Isao Suetake, Mikio Watanabe, Kohei Takeshita, Saori Takahashi, and Peter Carlton,Humana Press,ISBN,3319597841,2017年09月

  • 教科書,遺伝子検査学実習書(臨床検査学実習書シリーズ),渡邉幹夫ほか,医歯薬出版株式会社,ISBN,978-4-263-22325-3,2010年06月

  • 専門著書,最新医学大辞典,渡邉幹夫ほか,医歯薬出版株式会社,2005年04月

  • 教科書,Autoimmune Endocrinopathies, Chapter 1: Normal Mechanisms for Self-Tolerance,Yoshinori Iwatani, Mikio Watanabe,Humana Press Inc.,1999年01月

  • その他,メーリングリスト利用の情報交換による動物実験の洗練,渡邉幹夫,日本動物実験代替法学会第11回大会要旨集,1997年10月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,橋本病(慢性甲状腺炎)の重症度に関する予後予測検査診断法の開発,岩谷良則、渡邉幹夫、伊藤千聡,特願 2004-329792(登録),2004年11月

  • 日本,自己免疫性甲状腺炎の予後予測方法およびそれに用いるキット,古田太郎,山本尚子,岩谷良則,渡邉幹夫,P2000-293184(登録),2000年09月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 公益信託臨床検査医学研究振興基金 平成27年度研究奨励金,渡邉 幹夫,公益信託臨床検査医学研究振興基金,2016年02月

  • NACB Distinguished Abstract Award 2014,Mikio Watanabe, Naoya Inoue, Yuka Katsumata, Yoh Hidaka, yoshinori Iwatani,National Academy of Clinical Biochemistry,2014年07月

  • AACC Clinical Diagnostic Immunology Division Poster Award 2014,Mikio Watanabe, Naoya Inoue, Yuka Katsumata, Yoh Hidaka, yoshinori Iwatani,American Association for Clinical Chemistry,2014年07月

  • NACB Distinguished Abstract Award 2012,Mikio WATANABE,National Academy of Clinical Biochemistry,2012年07月

  • 第55回日本臨床検査医学会優秀演題賞,渡邉幹夫、南波崇、井上直哉、岩谷良則,日本臨床検査医学会,2008年11月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子変化 双子で研究―疾患メカニズム解明へ―,読売新聞,2017年02月

  • 男性の遺伝子は“移り気?”,毎日放送VOICE,2016年09月

  • 実際どうなん!?ふたご10組20人!(痛快!明石家電視台)(コメンテーター),毎日放送,2016年09月

  • 働きたい 適職どこに (発達障害とともに(中)),朝日新聞,2008年03月

  • 香りに癒しの効果,産経新聞(夕刊フジ),2003年07月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 測定値に及ぼす環境因子解明へのアプローチ ~ふたご研究~(第68回日本臨床化学会近畿支部例会),「ツインリサーチの概要」,2015年09月

  • 平成18年度日本造園学会分科会,造園分野における人の健康と緑の効果に関する取り組み(コメンテーター),2006年05月

  • 第46回 日本臨床検査医学会近畿支部例会,臨床検査学研究の独自性の確立に向けて,2002年12月

  • 第11回 日本動物実験代替法学会,インターネットの利用による動物実験の3Rs,1997年11月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • その他,平成29年度 緊急臨床検査士資格認定試験,主任試験委員,2017年07月

  • その他,第63回日本臨床検査医学会学術集会,プログラム委員,2016年09月

  • 国内重要会議,第68回日本臨床化学会近畿支部例会,例会長,2015年09月

  • 国内重要会議,第55回日本臨床化学会年次学術集会,事務局長、プログラム委員,2015年10月

  • 国内重要会議,第57回日本甲状腺学会学術集会,事務局長、プログラム委員、準備委員,2014年11月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 公益法人,公益社団法人 日本臨床検査同学院,理事,2017年04月 ~ 継続中

  • 公益法人,公益社団法人 医学振興銀杏会,理事(会計担当業務執行理事),2001年06月 ~ 継続中

  • 学会,日本臨床免疫学会,評議員,2016年04月 ~ 継続中

  • 国・地方公共団体,日本学術振興会,科学研究費補助金 第一段階審査委員,2014年10月 ~ 2016年09月

  • 学会,日本臨床検査医学会,EBLM委員,2014年06月 ~ 継続中

全件表示 >>

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 学術ネットワーク(ODINS)管理運用,1995年06月 ~ 継続中

  • 大阪大学医学部附属病院外来診療,1993年05月 ~ 継続中