基本情報

写真b

渡邊 伸治

WATANABE Shinji


キーワード

ドイツ語学,言語学

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月01日 ~ 2005年03月31日,言語文化部,助教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,言語文化研究科 言語文化学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2007年09月30日,言語文化研究科 言語文化学専攻,准教授,専任

  • 2007年10月01日 ~ 2013年03月31日,言語文化研究科 言語文化専攻,准教授,専任

  • 2013年04月01日 ~ 継続中,言語文化研究科 言語文化専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京外国語大学 外国語学部 ドイツ語学科 卒業 1984年03月
東京大学 人文科学研究科 独語独文学専攻 修了 1986年03月
東京大学 人文科学研究科 独語独文学専攻 中退 1987年03月

職歴 【 表示 / 非表示

東京大学助手 1987年04月 ~ 1988年09月
大阪大学講師 1988年10月 ~ 1994年03月
大阪大学助教授 1994年04月 ~ 2013年03月
大阪大学教授 2013年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • ダイクシス,視点に関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本言語学会

  • 日本独文学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • go/comeのダイクシス用法と非ダイクシス用法 -具体的用法の場合ー,渡辺伸治,言語文化研究,42 219-239,2016年03月,学術論文

  • 消えるモダリティ -命題内要素の場合と引用の場合ー,渡辺伸治,言語文化研究,40, pp.177-192,2014年03月,学術論文

  • ダイクシスを捉える枠組み,渡辺伸治,『言語』セレクション第1巻,2012年03月,解説・総説

  • Zur Deixis von gehen,Shinji, Watanabe,Akten des XII. internationalen Germanisitenkongresses Warschau 2010,pp.203-208,2012年03月,会議報告/口頭発表

  • 直示とコンテクスト,渡辺伸治,ひつじ意味論講座 意味とコンテクスト 第6巻 , 1-18,2012年03月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 辞典,アクセス独和辞典,在間進他,三修社,2010年04月

  • 一般著書,ドイツ語を考える―ことばについての小論集,三瓶裕文他,三修社,2008年02月

  • 教科書,新・語彙中心ドイツ文法 : チャレンジ400語,在間進,渡辺伸治,同学社,1998年02月

  • 教科書,語彙中心ドイツ文法 : チャレンジ600語,在間進,渡辺伸治,同学社,1993年02月