基本情報

写真b

斗内 政吉

TONOUCHI Masayoshi


キーワード

強相関電子材料,超伝導フォトニクス、テラヘルツデバイス,超高速物性

URL

http://www.ile.osaka-u.ac.jp/research/thp/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2000年05月01日 ~ 2004年06月30日,超伝導フォトニクス研究センター,教授,専任

  • 2004年07月01日 ~ 2017年04月30日,レーザーエネルギー学研究センター,教授,専任

  • 2017年05月01日 ~ 継続中,レーザー科学研究所,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 基礎工学部 電気工学科 卒業 1983年03月
大阪大学 基礎工学研究科 物理系専攻 修了 1985年03月
大阪大学 基礎工学研究科 物理系専攻 修了 工学博士 1988年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1988年04月 ~ 継続中
九州工業大学助手 1989年04月 ~ 継続中
郵政省通信総合研究所主任研究官 1994年04月 ~ 継続中
大阪大学助教授 1996年11月 ~ 継続中
大阪大学・教授 2000年05月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 強相関電子系薄膜の開発と新機能の探索ならびにテラヘルツフォトニックデバイス・システムへの応用
    応用物性関連,ナノマイクロシステム関連,ナノ材料科学関連,ナノ構造化学関連,数理物理および物性基礎関連,数理物理および物性基礎関連,通信工学関連,電子デバイスおよび電子機器関連,電気電子材料工学関連,電力工学関連,光工学および光量子科学関連,薄膜および表面界面物性関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 電気学会

  • 低温工学・超伝導学会

  • 日本物理学会

  • 電子情報通信学会

  • 応用物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • バイオ応用に向けた反射型レーザー走査近接場テラヘルツ分光・イメージングシステムの開発,岡田航介、芹田和則、村上博成、川山巌、斗内政吉,信学技報,117(364) 21-24,2017年12月,学術論文

  • New method to estimate oxygen adsorption energy on 2D materials with terahertz emission microscopy,Filchito Renee Bagsican, Andrew Winchester, Sujoy Ghosh, Xiang Zhang, Lulu Ma, Minjie Wang, Hironaru Murakami, Saikat Talapatra, Robert Vajtai, Pulickel M. Ajayan, Junichiro Kono, Masayoshi Tonouchi, Iwao Kawayama,The 4th International Symposium on Microwave/Terahertz Science and Applications, The 8th International Symposium on Terahertz Nanoscience, Current trends in Optical and X-Ray metrologies of key enabling nanomaterials/devices for the Ubiquitous Society, renewable energy and health,2017年11月,国際会議(proceedingsなし)

  • Observation of 4H-SiC Wafers and a SiC Photodiode Using a Laser Terahertz Emission Microscope,H. Nakanishi, T. Nishimura, F. Kitamura, K. Fujita, M. Mizubata, I. Kawayama and M. Tonouchi,The 4th International Symposium on Microwave/Terahertz Science and Applications, The 8th International Symposium on Terahertz Nanoscience, Current trends in Optical and X-Ray metrologies of key enabling nanomaterials/devices for the Ubiquitous Society, renewable energy and health,2017年11月,国際会議(proceedingsなし)

  • Application of terahertz near-field spectroscopic detection to micro-flow channels with high sensitivity for biological sample analyses,Keiko Kitagishi, Kazunori Serita, Kagayaki Hamada, Takayuki Kawai, Iwao Kawayama, Masayoshi Tonouchi,The 4th International Symposium on Microwave/Terahertz Science and Applications, The 8th International Symposium on Terahertz Nanoscience, Current trends in Optical and X-Ray metrologies of key enabling nanomaterials/devices for the Ubiquitous Society, renewable energy and health,2017年11月,国際会議(proceedingsなし)

  • Nonlinear superconducting electromagnetically induced transparency,Caihong Zhang, Jingbo Wu, Biaobing Jin, Jian Chen, Masoyoshi Tonouchi, Peiheng Wu,The 4th International Symposium on Microwave/Terahertz Science and Applications, The 8th International Symposium on Terahertz Nanoscience, Current trends in Optical and X-Ray metrologies of key enabling nanomaterials/devices for the Ubiquitous Society, renewable energy and health,2017年11月,国際会議(proceedingsなし)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,テラヘルツ技術,斗内政吉,オーム社,ISBN,4-274-2-241-0,2006年05月

  • 専門著書,Vortex Electronics and Squids(Topics in Applied Physics,91),T.Kobayashi H.Hayakawa M.Tonouchi,Springer,2003年12月

  • 教科書,Studies of High Temperature Superconductors No. 42, Vortex Physics, 「Optical Vortex Generation in High Tc Superconductor”」,M.Tonouchi,Nova Science,2002年05月

  • その他,テラヘルツ波新産業創製への展望,斗内 政吉,化学工業社,2017年03月

  • 教科書,“電気電子材料”,伊藤利道編,斗内政吉,オーム社,2016年01月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ,測定用デバイス、及びそれを用いた測定装置,芹田和則、斗内 政吉、村上博成、川山巌、北岸恵子,2016/075065(出願),2016年08月

  • アメリカ,改質処理装置、改質モニター装置および改質処理方法,中西 英俊;伊藤 明;川山 巌;斗内 政吉;酒井 裕司,14/866835(出願),2015年09月

  • 日本,膜厚測定装置及び膜厚測定方法,高瀬 恵宏;中西 英俊;木瀬 一夫;河野 元宏;川山 巌;斗内 政吉,2015188381(出願),2015年09月

  • 日本,測定用デバイス、及びそれを用いた測定装置,芹田和則、斗内 政吉、村上博成、川山巌、北岸恵子,2015-169826(出願),2015年08月

  • アメリカ,検査装置および検査方法,中西 英俊;伊藤 明;川山 巌;斗内 政吉,14/667648(出願),2015年03月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • レーザー学会オリジナル論文賞,斗内政吉,レーザー学会,2006年05月

  • 第26回応用物理学会論文賞(解説論文賞),小林猛、斗内政吉,応用物理学会,2004年09月

  • 日本学術振興会第146委員会賞,斗内 政吉,日本学術振興会超伝導エレクトロニクス第146委員会,1998年04月

報道 【 表示 / 非表示

  • 半導体の表面電場を測定する新たな光学的手法を確立,プレスリリース,2017年03月

  • 阪大ら,テラヘルツによる半導体評価法を開発,オプトロニクス,2015年10月

  • 高強度レーザーが拓く光科学新産業,オプトロニクス,2015年03月

  • SCREENホールディングスと阪大、太陽電池の発電の瞬間を可視化できる装置開,日刊工業新聞,2015年03月

  • テラヘルツ技術を内外調査 幅広い産業分野で活用,電波タイムズ,2004年12月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第52回応用物理学関係連合講演会,強相関電子材料薄膜のテラヘルツ波物性,2005年03月

  • The 6th Korea-Japan Joint Workshop on Microwave & Millimeter-wave Photonics,New Direction of Terahertz Research in Japan,2005年01月

  • 電気学会調査専門委員会,テラヘルツ波工学の現状と将来展望,2004年12月

  • LSIデバイス分析セミナー,テラヘルツ波を用いた新しい故障箇所特定法の提案,2004年11月

  • テラヘルツテクノロジーフォーラム特別講演会,テラテクの新しい展開・強誘電体・マンガン酸化物・高温超伝導体薄膜における新奇テラヘルツ波物性,2004年11月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,Microwave/Terahertz Science and Application2017 (MTSA 2017),議長,2017年11月

  • 国際会議,42nd International Conference on Infrared, Millimeter and Terahertz Waves (IRMMW 2017),Program Committee,2017年08月

  • 国際会議,EDISON 20 - the 20th International Conference on Electron Dynamics in Semiconductors, Optoelectronics and Nanostructures,Program Committee,2017年07月

  • 国際会議,Conference on Lasers and Electro-Optics 2017(CLEO2017),Techniocal Program Committee,2017年05月

  • 国際会議,Optical Terahertz Science and Technology (OTST2017) ,Program Committee,2017年04月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • その他,Journal of Selected Topics in Quantum Electronics, IEEE Photonics,Guest Editor "Terahertz Photonics",2015年04月 ~ 2017年03月

  • その他, Superconductor Science and Technology, IOP,Guest Editor "Superconductor THz science and applications",2015年04月 ~ 2017年03月

  • 学会,International Society of Infrared, Millimeter and Terahertz Waves,International Organization Committee,2015年02月 ~ 継続中

  • その他,American Institute of Physics,Associated Editor, Journal of Applied Physics,2015年01月 ~ 継続中

  • 公益法人,生産技術振興協会,アライアンス委員,2014年07月 ~ 継続中

全件表示 >>

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学体育会釣部顧問,2015年04月 ~ 継続中

  • Grant application reviewer,2015年01月 ~ 2016年12月