基本情報

写真b

田島 優

TAJIMA Masaru


キーワード

実験動物学,実験動物医学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-3100

FAX番号

06-6879-3107

URL

http://iexas.med.osaka-u.ac.jp

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月01日 ~ 2005年03月31日,医学系研究科,助手,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 予防環境医学専攻,助手,専任

  • 2011年04月01日 ~ 2019年03月31日,医学系研究科 医学専攻,助手,専任

  • 2019年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 附属動物実験施設,特任助教,専任

  • 2014年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 附属最先端医療イノベーションセンター,責任者,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

東京都立大学 理学部 生物学科B類 卒業 1980年03月

職歴 【 表示 / 非表示

帝京大学教務職員 1973年07月 ~ 継続中
大阪大学文部技官(教務職員) 1990年07月 ~ 継続中
大阪大学助手 1998年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 実験動物(感染症、Pasteurella pneumotropica菌),疾患モデル動物の開発とその病態解析に関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 実験動物技術者協会

  • 実験動物学会

  • 日本細菌学会

  • American Association for Laboratory Animal Science

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A Pitfall in Mouse Norovirus (MNV) Detection in Fecal Samples Using RT-PCR, and Construction of New MNV-Specific Primers,「Masaru Tajima」, 「Yuko Kotani」, 「Tsutomu Kurosawa」, 「Masayuki Miyasaka」,Experimental Animals,62(2), 127-135,2013年04月,学術論文

  • スチーム漏れ事故から学ぶ,田島 優,実験動物と環境,12(1) 40-44,2004年01月,学術論文

  • SPF室で検出されたPasteurella pneumotropica 菌株の由来,田島 優,実験動物と環境,2003年01月,学術論文

  • コンピューターを用いた動物実験施設の管理システム,田島優,実験動物と環境,11(1) 64-67,2003年01月,学術論文

  • シンポジウム「実験動物及びヒトの快適性を考える」飼育作業環境の快適性と労働環境-自動化に伴うメリット,デメリット-,田島優,8/2,117-118,8/2,117-118,2000年,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • その他,重度複合免疫不全(SCID)マウスの飼育法,田島優,図解・実験動物技術集,1992年

受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀演題賞,河合澄子、 高木康博、藪内かおり、小谷祐子、橋場良治、塩谷恭子、田島優、黒澤努,日本動物実験代替法学会,2009年11月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 教育セミナー?U遺伝子組換え動物の微生物管理,汚染した遺伝子組換え動物のクリンナップの現状,2006年10月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 公益法人,国立大学法人動物実験施設協議会,中型動物委員会委員,2016年06月 ~ 2018年05月