基本情報

写真b

田中 敏宏

TANAKA Toshihiro


キーワード

材料熱力学,界面制御工学,材料物理化学、資源循環工学

URL

http://www.mat.eng.osaka-u.ac.jp/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月01日 ~ 2002年09月30日,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,助教授,専任

  • 2002年10月01日 ~ 継続中,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 冶金工学科 卒業 1980年03月
大阪大学 工学研究科 冶金工学専攻 修了 工学修士 1982年03月
大阪大学 工学研究科 冶金工学専攻 修了 工学博士 1985年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1985年04月 ~ 継続中
大阪大学助教授 1995年04月 ~ 継続中
大阪大学教授 2002年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 物質界面の物理化学的性質の解明
    金属・無機化合物の表面・界面物性値の評価
    異相界面を利用した新素材ならびに材料プロセスの開発

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本マイクログラビテイー応用学会

  • 日本結晶成長学会

  • 日本熱物性学会

  • 日本鉄鋼協会

  • 日本金属学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Mechanism of the Unusual Wetting of a Surface Fine Crevice Structure Created by Laser Irradiation,V. Siboniso, J. Yeon, C. Grozescu, H. Goto, M. Nakamoto, R. Matsumoto, H. Utsunomiya, T. Tanaka,Materials Transactions,58-8(2017), 1227-1230,2017年08月,学術論文

  • Measurement of interfacial tension between oil and an aqueous solution via a floating drop method,Masashi Nakamotoa, Toshihiro Tanaka, Takaiku Yamamoto,Colloids and Surfaces A,Vol.529, pp.985-989,2017年07月,学術論文

  • Interfacial Properties Related to Iron & Steelmaking,Masashi Nakamoto and Toshihiro Tanaka,Proceedings of the 2nd ISIJ-VDEh-Jernkontoret Joint Symposium,(2017), pp.261-266,2017年06月,国際会議(proceedingsあり)

  • Nano-Composite Polymer Film for Anti-biofouling Materials Surfaces,Hideyuki Kanematsu, Katsuhiko Sano, Dana M. Barry, Michiko Yoshitake, Toshihiro Tanaka,Handbook of nanoparticles and architectural nanostructured materials, Volume1: Fundamentals of nanoparticles, Classifications, synthesis methods, properties and characterization,Volume1,2017年01月,学術論文

  • Short-term Exchange Programs for Engineering Research Education,MIYAHARA Keizo, TANAKA Toshihiro,Proceedings of the 5th IEEE International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering (IEEE TALE2016),TE1-1,2016年12月,国際会議(proceedingsあり)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 一般著書,熱物性ハンドブック、日本熱物性学会編,田中敏宏(共著),養賢堂,2008年01月

  • 専門著書,鉄鋼物性値便覧 製鐵編,田中敏宏,(社)日本鉄鋼協会、独立行政法人 日本学術振興会,2006年04月

  • 専門著書,溶融塩の化学,田中敏宏,アイシーピー,2005年01月

  • 専門著書,Thermodynamics of the Nano-Sized Particles, Chemical Thermodynamics for Industry, edited by Trevir Letcher, pp.209-218,Toshihiro Tanaka, Joonho Lee, Nobumitsu Hirai,The Royal Society of Chemistry,2004年10月

  • その他,英語で書く科学・技術論文,谷口滋次,田中敏宏,飯田孝道,J.D. Cox,東京化学同人,1995年07月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,塑性加工用潤滑剤および塑性加工方法ならびに加工材,宇都宮裕,高平信幸,田中敏宏,左海哲夫,宮本丈二,特願2006-344232(登録),2006年12月

  • 日本,液滴の接触角測定装置及び測定方法,清瀬明人、大橋渡、田中敏宏,特願2005-043467(登録),2005年02月

  • 日本,鉛蓄電池及びこれに用いる負極並びに負極活物質,平井信充、田中敏宏、眞柄謙吾、池田努,特開2006-172921(登録),2004年12月,2006年06月

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Paper Award,Masanori Suzuki, Aiman Bin Mohd Halil, Yasuo Takahashi, Toshihiro Tanaka,MJIIT Japanese University Consortium,2013年11月

  • 電気化学会溶融塩委員会・溶融塩賞,田中敏宏,電気化学会・溶融塩委員会,2008年01月

  • 高温学会・論文賞,宮林良次・吉川健・田中敏宏,高温学会,2007年05月

  • 日本鉄鋼協会・学術功績賞,田中敏宏,日本鉄鋼協会,2007年03月

  • 25 Graphics and 100 Papers Selection, Annual Report of Osaka University Academic Achievement 2004-2005,Kubo Kimihiko, Nobumitsu Hirai, Toshihiro Tanaka, Shigeta Hara,Osaka University,2005年10月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 「大阪大学とアジアの大学との研究・教育の交流 ーアジア人材育成研究教育拠点(CAREN)の活動 2016」,「アジア人材育成研究教育プログラムについて」,2016年03月

  • 大阪大学のグローバル大学化の基盤形成を目指す活動の現状,「アジア人材育成のための阪大研究教育拠点 CAREN の目指すところ」,2015年03月

  • 公開討論 阪大理工系4研究科による国際交流の未来について,「CARENプログラムが目指す阪大のグローバル大学への基盤」,2015年03月