基本情報

写真b

田中 秀和

TANAKA Hidekazu


キーワード

機能調和酸化物人工格子,強相関電子デバイス,DNA分子デバイス

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-4280

FAX番号

06-6879-4283

URL

http://www.sanken.osaka-u.ac.jp/labs/bis/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月01日 ~ 2003年02月28日,産業科学研究所,助手,専任

  • 2003年03月01日 ~ 2007年03月31日,産業科学研究所,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2008年01月31日,産業科学研究所,准教授,専任

  • 2008年02月01日 ~ 継続中,産業科学研究所,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 材料物性工学科 卒業 1993年03月
大阪大学 工学研究科 材料物性工学専攻 修了 1995年03月
大阪大学 基礎工学研究科 物性分野 中退 1997年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員/DC1 1995年04月 ~ 1997年03月
大阪大学 産業科学研究所 助手 1997年04月 ~ 2003年02月
科学技術振興機構さきがけ「ナノと物性」領域 研究員(兼任) 2001年11月 ~ 2005年03月
大阪大学 産業科学研究所 助教授 2003年03月 ~ 2007年12月
大阪大学 産業科学研究所 産業科学ナノテクノロジーセンター・教授 2008年01月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • レーザMBE法を用いた遷移金属酸化物人工格子の形成およびその磁気・電気物性にかんする研究、無機・有機積層人工格子による新機能材料の探索
    ナノ材料科学関連,構造材料および機能材料関連,複合材料および界面関連,無機材料および物性関連,電気電子材料工学関連,薄膜および表面界面物性関連,応用物性関連,有機機能材料関連,機能物性化学関連,無機・錯体化学関連,生物物理、化学物理およびソフトマターの物理関連,数理物理および物性基礎関連,数理物理および物性基礎関連,ナノマイクロシステム関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本金属学会

  • 応用物理学会

  • 日本物理学会

  • アメリカ材料学会

  • 日本真空協会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Broad range thickness identification of hexagonal boron nitride by colors,Y. Anzai, M. Yamamoto, S. Genchi, K. Watanabe, T. Taniguchi, S. Ichikawa, Y. Fujiwara, and H. Tanaka,Applied Physics Express,12(5) 055007/1-055007/5,2019年03月,学術論文

  • Three-dimensional Nanoconfinement Supports Verwey Transition in Fe3O4 Nanowire at 10 nm length scale,R. Rakshit, A. N. Hattori, Y. Naitoh, H. Shima, H. Akinaga, and H. Tanaka,Handai-Kansai-GiessenDai Joint Seminar on Materials Science and Engineering,2019年03月,国際会議(proceedingsなし)

  • Three-dimensional Nanoconfinement Supports Verwey Transition in Fe3O4 Nanowire at 10 nm length scale,R. Rakshit, A. N. Hattori, Y. Naitoh, H. Shima, H. Akinaga, and H. Tanaka,Handai-Kansai-GiessenDai Joint Seminar on Materials Science and Engineering,2019年03月,国際会議(proceedingsなし)

  • Enhancement of resistive modulation in nano-convex VO2 FET ,Yoshihide Tsuji, Teruo Kanki, Takafumi Uemura, Tsuyoshi Sekitani, Hidekazu Tanaka,The 22nd SANKEN International Symposium,2019年01月,国際会議(proceedingsなし)

  • Electronic resistivity modulation by proton control using an electric field effect in HVO2-FET structures,Keita Muraoka, Teruo Kanki, Takafumi Uemura, Tsuyoshi Sekitani, Hidekazu Tanaka,The 22nd SANKEN International Symposium,2019年01月,国際会議(proceedingsなし)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • その他,ナノテクノロジーハンドブック,ナノテクノロジーハンドブック編集委員会 編(田中秀和、川合知二 他),オーム社, 総992p, (2003.5),2003年05月

  • その他,基礎から学ぶナノテクノロジー ナノ加工技術 ~先端・新機能デバイスの創製~,平尾一之 編(田中秀和、川合知二 他),化学同人. 総276p, (2003.3),2003年03月

  • その他,化学装置 超高感度センサ/バイオセンサ,田中秀和、川合知二,工業調査会, 総110p, (月刊誌 2003.3月号),2003年03月

  • その他,序章:ナノテクノロジー(トップダウンと人工格子結晶)の歴史“第5章” 5章 将来デバイス、5.6 超高感度五感センサ,田中秀和、川合知二,ナノテクノロジーハンドブック第3分冊,2002年01月

  • その他,New Spin Electronics Created by Transition Metal Oxides Artificial Superlattices, Recent Research Developments in Applied Physics,Hide.Tanaka, T.Kawai,TRANSWORLD RESEARCH NETWORK社刊,2002年01月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,ゆらぎ発振器、ゆらぎ発振システム、観測装置、及び制御システム,堀田 育志、神吉 輝夫、浅川 直紀、河原 敏男、川合 知二、田畑 仁,特許第4875161号(登録),2007年08月,2011年12月

  • 日本,磁気抵抗素子およびその製造方法,川合知二、石川瑞恵、佐藤一成、田中秀和,特許公開2007-73644(公開),2005年09月

  • 日本,赤外線センサ用薄膜、その製造方法、およびそれを用いた赤外線センサ,川合知二、唐山英明、金井真樹、田中秀和,特許公開2006-278478(公開),2005年03月

  • 日本,強磁性伝導体材料およびその製造方法、並びに磁気抵抗素子、電界効果トランジスタ,田中秀和、石川瑞恵、川合知二,特許公開2006-237304(公開),2005年02月

  • 日本,有機/無機ヘテロ構造による不揮発性光メモリ,田中秀和、朴影根、李恵よん、神吉輝夫、川合知二,特願2003-010746(登録),2004年01月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • ISSP2005(International Symposium on Sputtering and Plasma Processes 2005)優秀ポスター賞,柳田剛、神吉輝夫、Birtland Vilquin、田中秀和、川合知二,ISSP2005(International Symposium on Sputtering and Plasma Processes 2005),2005年06月

  • 第43回日本産業映画・ビデオコンクール 経済産業大臣賞 2005年6月15日,川合知二、田中秀和、田中裕行、松本卓也、谷口正輝 他,(社)日本産業映画協議会、毎日新聞社,2005年06月

  • テピアハイテクビデオコンクール 優秀賞 2005年5月30日,川合知二、田中秀和、田中裕行、松本卓也、谷口正輝 他,(財)機械産業記念事業財団(TEPIA),2005年05月

  • 韓国物理学会 優秀ポスター賞,廣岡誠之、田中秀和、川合知二,韓国物理学会,2004年10月

  • 研究発表会講演奨励賞,川合知二、田中秀和 他,粉体工学会,2004年05月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • Zn添加で揮発性に 鉄さび半導体の特性制御,半導体産業新聞,2014年07月

  • 鉄さびで半導体薄膜 不揮発性Trなどに応用,半導体産業新聞,2014年02月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • センサーのギモンを解消 機能と動きを捉える センサーセミナー,講師,2019年10月

  • 大阪大学リサーチクラウドカフェ,ナノ構造で変わり者電子を操る,2019年09月

  • 第79回(平成28年度第1回)産研テクノサロン  『未来を拓くサイエンスII -産研教授が語る研究の夢-』,「半導体を超えて~:機能性酸化物ナノ構造デバイス」,2016年05月