基本情報

写真b

田谷 正仁

TAYA Masahito


キーワード

生物反応工学,環境生物工学

電話番号

06-6850-6251

FAX番号

06-6850-6254

URL

http://www.cheng.es.osaka-u.ac.jp/tayalabo/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月01日 ~ 継続中,基礎工学研究科 物質創成専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

名古屋大学 農学部 農芸化学科 卒業 農学士 1976年03月
名古屋大学 農学研究科 食品工業化学専攻 修了 農学修士 1978年03月
名古屋大学 農学研究科 食品工業化学専攻 修了 農学博士 1981年03月

職歴 【 表示 / 非表示

名古屋大学・助手 1981年04月 ~ 1988年05月
大阪大学・講師 1988年06月 ~ 1990年05月
大阪大学・助教授 1990年06月 ~ 1996年03月
大阪大学・教授 1996年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 代謝反応・細胞/組織培養工学に関する研究,植物細胞・アグロバイオテクノロジーに関する研究,環境保全・保健工学に関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本食品工学会

  • 酵素工学研究会

  • バイオインダストリー協会

  • 日本農芸化学会

  • 日本生物工学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Exopolysaccharide assay in Escherichia coli microcolonies using a cleavable fusion protein of GFP-labeled carbohydrate-binding module,Yoshihiro Ojima, Asep Suparman, Minh Hong Nguyen, Makiko Sakka, Kazuo Sakka, and Masahito Taya,Journal of Microbiological Methods,114 75-77,2015年07月,学術論文

  • BMS-777607 Promotes megakaryocytic differentiation and induces polyploidization in the CHRF-288-11 cells,Retno Wahyu Nurhayati, Yoshihiro Ojima and Masahito Taya,Human Cell,Vol.28, No.2, pp.65-72,2015年04月,学術論文

  • Promoted megakaryocytic differentiation of K562 cells through oxidative stress caused by near ultraviolet irradiation,Retno Wahyu Nurhayati, Yoshihiro Ojima, Naoki Nomura and Masahito Taya,Cellular & Molecular Biology Letters,19(4) 590-600,2014年12月,学術論文

  • Designing of fusion protein with carbohydrate-binding module with affinity to enzymatically gellable carboxymethylcellulose derivative hydrogel,Tomoaki Ashida, Yoshihiro Ojima, Shinji Sakai, Makiko Sakka, Kazuo Sakka, Masahito Taya,J. Chem. Eng. Jpn.,47(11) 835-840,2014年11月,学術論文

  • Identification of hydrogen peroxide-secreting cells by cytocompatible coating with a hydrogel membrane,Yang Liu, Shinji Sakai, Shogo Kawa and Masahito Taya,Analytical Chemistry ,Vol.86, No.23, pp11592-11598,2014年11月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,“第24章 培地成分測定に基づく細胞培養モニタリング”,細胞治療・再生医療のための培養システム,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,シーエムシー出版,2010年01月

  • 専門著書,4章-8培養工程における増殖シミュレータ”,遺伝子医学MOOK別冊「ますます重要になる細胞周辺環境(細胞ニッチ)の最新科学技術」(田畑泰彦編),紀ノ岡正博,田谷正仁,メディカルドゥ,2009年08月

  • 専門著書,5. 培養装置(セルプロセッシング装置)”,遺伝子医学MOOK別冊「進みつづける細胞移植治療の実際」(田畑泰彦編),pp.195-198,紀ノ岡正博,田谷正仁,メディカルドゥ,2008年04月

  • 専門著書,バイオプロダクション「9.3 組織工学製品の製造(pp.166-170)」,紀ノ岡正博, 田谷正仁,コロナ社,2006年05月

  • 専門著書,Design and Operation of Radial Flow Bioreactor for Reconstruction of Cultured Tissues,Masahiro Kino-oka and Masahito Taya,Kluwer Academic Publishers,2005年12月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • アメリカ,L-amino acid producing bacterium and method for producing L-amino acid,Masahito Taya, Motomu Nishioka, Yoshihiro Ojima, Mizuho Komaki, Shintaro Iwatani,US 2010/0055748 A1(公開),2009年08月

  • 日本,L-アミノ酸を生産する微生物及びL-アミノ酸の製造法,田谷正仁,西岡 求,尾島由紘,小巻瑞穂,岩谷真太郎,2008-29311(出願),2008年02月

  • 日本,水質評価方法および水質評価システム,田谷正仁,紀ノ岡正博,谷本秀夫,古川真,中村謙治,永田優育,特許第4730786号(登録),2006年08月,2011年04月

  • 日本,細胞の培養方法,および,それに用いる遺伝子,組換えベクターならびに形質転換体,田谷正仁, 西岡求, 金善榮,特願2005-42689(登録),2005年02月

  • 日本,細胞固定化方法,細胞評価方法および細胞培養方法,田谷正仁,紀ノ岡正博,八木清仁,川瀬雅也,幡多徳彦,金美海,特願2004-056774(出願),2004年03月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best oral presentation award,Yoshihiro Ojima, Teruyoshi Kawata, Yosuke Nishinoue, Masahito Taya,International Conference on Biotechnology 2012,2012年11月

  • 平成21年度国立大学法人大阪大学教育・研究功績賞,田谷正仁,国立大学法人大阪大学,2010年03月

  • 第3回生物工学功績賞「固体表面設計に基づく細胞制御」,田谷正仁,日本生物工学会,2009年09月

  • 平成17年化学工学会研究賞「移植用細胞・組織の培養生産に関するバイオプロセス工学的研究」,田谷正仁,紀ノ岡正博,化学工学会,2006年03月

  • 化学工学会化学工学論文集「2004年度優秀論文賞」「軟骨細胞のコラーゲンゲル包埋培養を対象とした3次元増殖モデル」,屋敷思乃,原由之,紀ノ岡正博,田谷 正仁,化学工学会,2005年03月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 公民館講座「芦屋川セカンド・カレッジAコース」,遺伝子操作の功罪,2004年07月

  • KAST 光触媒技術展,光触媒反応プロセスによる微生物・ウィルス不活性化,2004年07月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • その他,日本生物工学会大会,実行副委員長,2006年09月