基本情報

写真b

田代 文

TASHIRO Fumi


キーワード

発生工学,分子生物学, 幹細胞

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/nutri/index.html

性別

女性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月01日 ~ 2007年03月31日,医学系研究科 病態制御医学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 病態制御医学専攻,助教,専任

  • 2011年04月01日 ~ 2016年03月31日,医学系研究科 医学専攻,助教,専任

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 附属共同研究実習センター,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

愛媛大学 理学部 生物学科 卒業 1979年03月
大阪大学    医学博士 1999年10月

職歴 【 表示 / 非表示

徳島大学教務補佐員副手 1979年04月 ~ 1979年11月
徳島大学助手 1979年12月 ~ 1988年04月
熊本大学助手 1988年05月 ~ 1991年03月
東京大学寄付講座教員 1991年04月 ~ 1995年02月
東北大学助手 1995年03月 ~ 1997年03月
大阪大学助手 1997年04月 ~ 2007年03月
大阪大学助教 2007年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子機能に関する研究、アデノウイルスベクターの開発
    医化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 糖尿病学会

  • 分子生物学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Mouse GTSF1 is an essential factor for secondary piRNA biogenesis.,Yoshimura T, Watanabe T, Kuramochi-Miyagawa S, Takemoto N, Shiromoto Y, Kudo A, Kanai-Azuma M, Tashiro F, Miyazaki S, Katanaya A, Chuma S, Miyazaki J,EMBO Reports,19(4), e42054,2018年04月,学術論文

  • IRE1-XBP1 pathway regulates oxidative proinsulin folding in pancreatic β cells.,Tsuchiya Y, Saito M, Kadokura H, Miyazaki JI, Tashiro F, Imagawa Y, Iwawaki T, Kohno K,Journal of Cell Biology ,217(4), 1287-1301,2018年04月,学術論文

  • Tip-cell behavior is regulated by transcription factor FoxO1 under hypoxic conditions in developing mouse retinas,Fukumoto M, Kondo K, Uni K, Ishiguro T, Hayashi M, Ueda S, Mori I, Niimi K, , Tashiro F, Miyazaki S, Miyazaki J, Furuyama T, Inagaki S,Angiogenesis,2017年12月,学術論文

  • Zfp296 negatively regulates H3K9 methylation in embryonic development as a component of heterochromatin.,Matsuura T, Miyazaki S, Miyazaki T, Tashiro F, Miyazaki J,Scientific Reports,7(1):12462,2017年09月,https://www.nature.com/articles/s41598-017-12772-y,学術論文

  • Transgenic expression of a single transcription factor Pdx1 induces transdifferentiation of pancreatic acinar cells to endocrine cells in adult mice.,Miyazaki S, Tashiro F, Miyazaki J,PLoS One,11(8):e0161190,2016年08月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Analysis of the pathological process of dominant disease : familial amyloidotic polyneuropathy,Yamamura, K., Tashiro, F., Wakasugi, S., Yi, S., Maeda, S. Shimada, K.,Elsevier Science Publishers,1992年05月

  • その他,Transgenic mouse model of an autosomal dominant disease : Familial amyloidotic polyneuropathy (共著),田代文,,1990年

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,組換えアデノウイルスベクターの作製方法,宮崎 純一、田代 文,特許4489257(登録),2000年07月,2010年04月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀ポスター賞:Chondromodulin-I に相同性を有する新規膜蛋白Tenomodulin (TeM)のC末端機能ドメインによる血管新生抑制作用,大島佑介,第25回日本眼科学会総会,2003年04月