基本情報

写真b

田上 真次

TAGAMI Shinji


キーワード

アルツハイマー病

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/psy/www/jp/index.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2003年07月01日 ~ 2007年03月31日,医学系研究科,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2019年07月31日,医学系研究科,助教,専任

  • 2019年08月01日 ~ 継続中,医学系研究科,講師,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部  卒業 1996年03月
大阪大学 医学系研究科 内科系 修了 医学博士 2001年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学大学院医学部精神医学教室 医局長 2018年01月 ~ 継続中
大阪大学大学院医学部精神医学教室 外来医長 2016年06月 ~ 2017年12月
ベルランド総合病院神経科 副医長 2001年04月 ~ 2003年06月
大阪大学大学院医学部精神医学教室助手 2003年07月 ~ 2005年03月
大阪大学大学院医学部精神医学教室助教 2005年04月 ~ 継続中
大阪大学大学院医学部講師 2007年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • アルツハイマー病の基礎・臨床研究

  • γセクレターゼ切断の正確さの変化について

  • プレセニリンγセクレターゼによるアミロイドβ産生機構の解析

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 老年精神医学会

  • 日本精神神経学会

  • 日本神経化学会

  • 米国神経科学会

  • 日本認知症学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Semagacestat Is a Pseudo-Inhibitor of γ-Secretase.,Tagami S, Yanagida K, Kodama TS, Takami M, Mizuta N, Oyama H, Nishitomi K, Chiu YW, Okamoto T, Ikeuchi T, Sakaguchi G, Kudo T, Matsuura Y, Fukumori A, Takeda M, Ihara Y, Okochi M.,Cell Reports,21(1):259-273.,2017年10月,学術論文

  • γ-secretase modulators and presenilin 1 mutants act differently on presenilin/γ-secretase function to cleave Aβ42 and Aβ43.,Okochi M, Tagami S, Yanagida K, Takami M, Kodama TS, Mori K, Nakayama T, Ihara Y, Takeda M.,Cell Reports,3(1):42-51,2013年01月,学術論文

  • The 28-amino acid form of an APLP1-derived Abeta-like peptide is a surrogate marker for Abeta42 production in the central nervous system,Yanagida K, Okochi M (C.A.), Tagami S, Nakayama T, Kodama T, Nishitomi K, Jiang J, Mori K, Tatsumi S, Arai T, Ikeuchi T, Kasuga K, Tkuda T, Kondo M, Ikeda M, Deguchi K, Kazui H, Tanaka T, Morihara T, Hashimoto R, Kudo T, Steiner H, Haass C, Tsuchiya K, Akiyama H, Kuwano R, Takeda M,EMBO Molecular Medicine,1:p223-235,2009年06月,http://www3.interscience.wiley.com/cgi-bin/fulltext/122454317/HTMLSTART,学術論文

  • Regulation of Notch signaling by dynamic changes in the precision of S3 cleavage of Notch-1.,Tagami S, Okochi M, Yanagida K, Ikuta A, Fukumori A, Nakayama T,Chiba S, Takeda M, et al.,Molecular and Celluar Biology,2008 Jan;28(1):165-76. Epub 2007 Oct 29,2008年01月,http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez?cmd=retrieve&db=pubmed&list_uids=17967888&dopt=AbstractPlus,学術論文

  • A novel protein, RTN-xS, interacts with both Bcl-xL and Bcl-2 on endoplasmic reticulum and reduces their anti-apoptotic activity.,Tagami S, Eguchi Y, Kinoshita M, Takeda M and Tsujimoto Y.,Oncogene 19: 5736-5746, 2000,19: 5736-5746,,2000年11月,http://www.nature.com/onc/journal/v19/n50/abs/1203948a.html,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,γセクレターゼをターゲットとしたあらたな創薬に寄与する発見,田上 真次 柳田 寛太  大河内 正康,医学のあゆみ,ISSN,00392359,2018年08月

  • 専門著書,認知症のバイオマーカー ―髄液ならびに血液―,田上 真次 大河内 正康,臨床精神医学,ISSN,0300-032X,2016年04月

  • 専門著書,最新のアルツハイマー病の血液バイオマーカー開発,田上 真次 大河内 正康,医学のあゆみ ,ISSN,0039-2359,2016年04月

  • その他,100 Papers Selection ANNUAL REPORT OF OSAKA UNIVERSITY-Academic Achievement-/2007-2008,Tagami, S.; Okochi, M.; Yanagida, K.; Ikuta, A.; Fukumori, A.; Matsumoto, N.; Ishizuka-Katsura, Y.; Nakayama, T.; Itoh, N.; Jiang, J.; Nishitomi, K.; Kamino, K.; Morihara, T.; Hashimoto, R.; Tanaka, T.; Kudo, T.; Chiba, S.; Takeda, M.,Osaka University,2009年05月

  • 専門著書,プレセニリンγセクレターゼによる切断の正確さの変化はNotchシグナル制御に影響を及ぼす,田上真次 大河内正康 福森亮雄 武田雅俊,日本神経精神薬理学雑誌,ISBN,1340-2544,2008年11月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成21年度日本認知症学会 学会奨励賞,「大河内 正康, 田上 真次, 武田 雅俊」,日本認知症学会,2009年11月