基本情報

写真b

 康央

TSUTSUMI Yasuo


キーワード

毒性学、プロテオミクス、バイオマーカー

URL

http://www.phs.osaka-u.ac.jp/homepage/b009/index.htm

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月01日 ~ 2004年03月31日,薬学研究科 応用医療薬科学専攻,助手,専任

  • 2008年04月01日 ~ 2012年03月31日,薬学研究科 応用医療薬科学専攻,教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,薬学研究科 創成薬学専攻,教授,専任

職歴 【 表示 / 非表示

独立行政法人医薬基盤研究所創薬プロテオミクスプロジェクト プロジェクトリーダー 2005年04月 ~ 2010年03月
大阪大学大学院薬学研究科 毒性学分野 教授 2008年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 癌組織血管を標的としたミサイル療法の開発, 薬物治療の最適化を充たすバイオコンジュゲート化医薬品の分子設計, ファージ表面提示法を駆使した機能性ミュータント蛋白質・ペプチドの創出

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬物動態学会

  • 日本薬剤学会

  • 日本DDS学会

  • 日本免疫学会

  • 日本癌学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Autophagy is a new protective mechanism against the cytotoxicity of platinum nanoparticles in human trophoblasts.,Nakashima A., Higashisaka K., Kusabiraki T., Aoki A., Ushijima A., Ono Y., Tsuda S., Shima T., Yoshino O., Nagano K., Yoshioka Y., Tsutsumi Y., Saito S.,Scientific Reports,9(1):5478,2019年04月,学術論文

  • Eukaryotic translation initiation factor 3 subunit C is associated with acquired resistance to erlotinib in non-small cell lung cancer,3. Shintani T., Higashisaka K., Maeda M., Hamada M., Tsuji R., Kurihara K., Kashiwagi Y., Sato A., Obana M., Yamamoto A., Kawasaki K., Lin Y., Kijima T., Kinehara Y., Kumagai T., Imamura F., Miwa Y., Maeda S., Morii E., Kumanogoh A., Tsutsumi Y., Nagatomo I., Fujio Y.,Oncotarget,9 37520-37533,2018年12月,学術論文

  • Eukaryotic translation initiation factor 3 subunit C is associated with acquired resistance to erlotinib in non-small cell lung cancer.,Shintani T, Higashisaka K, Maeda M, Hamada M, Tsuji R, Kurihara K, Kashiwagi Y, Sato A, Obana M, Yamamoto A, Kawasaki K, Lin Y, Kijima T, Kinehara Y, Miwa Y, Maeda S, Morii E, Kumanogoh A, Tsutsumi Y, Nagatomo I, Fujio Y.,Oncotarget,9(101) 37520-37533,2018年12月,学術論文

  • Neutrophil depletion exacerbates pregnancy complications, including placental damage, induced by silica nanoparticles in mice.,Higashisaka K., Nakashima A., Iwahara Y., Aoki A., Nakayama M., Yanagihara I., Lin Y., Nagano K., Tsunoda S., Saito S., Yoshioka Y., Tsutsumi Y.,Frontiers in Immunology,9 1850,2018年08月,学術論文

  • Development of a fundamental technology to seek drug targets and application for cancer targeting therapy.,Nagano K., Higashisaka K., Tsunoda S., Tsutsumi Y.,Yakugaku Zasshi,138(7) 903-909,2018年07月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Biological Effects of Fibrous and Particulate Substances,Hirai T, Yoshioka Y, Higashisaka K, Tsutsumi Y,Springer,ISBN,978-4-431-55732-6,2016年01月

  • 専門著書,Reproductive and developmental effects of nanomaterials,Morishita Y, Yoshioka Y, Higashisaka K, Tsutsumi Y,Springer,ISBN,978-4-431-55731-9,2016年01月

  • 専門著書,安全・安心な最先端医薬としてのDDS開発とレギュラトリーサイエンス-ナノDDSの安全性評価・確保の現状と今後., 応用が拡がるDDS 人体環境から農業・家電まで,東阪和馬,  康央,NTS出版,2013年07月

  • 専門著書,ターゲッティング-高分子バイオコンジュゲート化医薬品., 応用が拡がるDDS 人体環境から農業・家電まで,吉岡靖雄,  康央,NTS出版,2013年07月

  • 専門著書,遺伝子医薬品・タンパク医薬品・ホルモン製剤-タンパク医薬・ホルモン製剤・核酸医薬の応用に向けたDDS技術の動向と実用化の可能性., 『~医療ニーズ、規制、最新技術、薬価、事業戦略、事例をふまえた~DDS製剤の開発・評価と実用化手法』,鎌田春彦,  康央, 角田慎一,技術情報協会,2013年03月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,クルクミン含有製剤,長野一也,原田和生,東阪和馬,康央,中尾友洋,PCT/JP2018/008186(出願),2018年03月

  • 日本,クルクミン含有製剤、並びにその吸収性又は溶出性の評価方法,長野一也,吉田卓也,東阪和馬,康央,木下圭剛,特願2018-37731(出願),2018年03月

  • 日本,クルクミン含有製剤、並びにその吸収性又は溶出性の評価方法,長野一也,東阪和馬,康央,木下圭剛,PCT/JP2018/008187(出願),2018年03月

  • 日本,クルクミン含有製剤,長野一也、 康央、東阪和馬、中尾友洋,特願2017-041173(出願),2017年03月

  • 日本,クルクミン含有製剤、並びにその吸収性又は溶出性の評価方法,長野一也、 康央、東阪和馬、木下圭剛,特願2017-041174(出願),2017年03月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会奨励賞, 康央,日本薬学会,2004年05月

  • 日本薬剤学会奨励賞, 康央,日本薬剤学会,2004年07月

  • 日本薬学会近畿支部奨励賞, 康央,日本薬学会近畿支部,1997年07月

  • 平成23年国立大学法人大阪大学功績賞, 康央,国立大学法人大阪大学,2011年07月

  • 協和発酵創薬シーズコンテスト入賞, 康央,協和発酵株式会社,2002年10月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 薬学会第139年会,生体外微粒子の健康影響とその有効活用に向けて,2019年03月

  • 第18回Nuss法漏斗胸手術手技研究会,微粒子の生体影響とその安全性確保〜脆弱な世代への健康影響と金属アレルギーを中心に〜,2018年11月

  • 神戸薬科大学大学院薬学研究科FD・SD研修会,薬学研究教育の現状と今後〜大阪大学の取組について〜,2018年06月

  • 第34回日本毒性病理学会,食品関連製品に含まれるナノ素材の安全性評価〜ナノ安全科学研究からナノ最適デザイン研究へ〜,2018年01月

  • 徳島大学研究クラスター講演会,細胞外微粒子に起因する生命現象の解明とその制御,2018年01月

全件表示 >>