基本情報

写真b

塚本 蔵

TSUKAMOTO Osamu


キーワード

心不全, 循環器疾患

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月01日 ~ 2013年08月31日,医学系研究科,特任研究員,専任

  • 2013年09月01日 ~ 2019年06月30日,医学系研究科 医学専攻,助教,専任

  • 2019年07月01日 ~ 継続中,生命機能研究科 生命機能専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学系研究科  修了 博士(医学) 2006年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学大学院医学系研究科医化学講座・医師・助教 2013年09月 ~ 2019年06月
大阪大学大学院医学系研究科/生命機能研究科・医化学講座・医師・准教授 2019年07月 ~ 継続中

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本循環器病学会

  • 日本内科学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本生理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Endogenously released adenosine causes pulmonary vasodilation during the acute phase of pulmonary embolization in dogs.,Takahama H, Asanuma H, Tsukamoto O, Ito S, Kitakaze M. ,Int J Cardiol Heart Vasc. 2019;24:100396. doi: 10.1016/j.ijcha.2019.100396.,2019年09月,学術論文

  • A molecular triage process mediated by RING finger protein 126 and BCL2-associated athanogene 6 regulates degradation of G0/G1 switch gene 2. ,45. Kamikubo K, Kato H, Kioka H, Yamazaki S, Tsukamoto O, Nishida Y, Asano Y, Imamura H, Kawahara H, Shintani Y, Takashima S. ,J Biol Chem. ,294, 14562-14573, 2019. ,2019年09月,学術論文

  • Mutant KCNJ3 and KCNJ5 Potassium Channels as Novel Molecular Targets in Bradyarrhythmias and Atrial Fibrillation.,Yamada N, Asano Y, Fujita M, Yamazaki S, Inanobe A, Matsuura N, Kobayashi H, Ohno S, Ebana Y, Tsukamoto O, Ishino S, Takuwa A, Kioka H, Yamashita T, Hashimoto N, Zankov DP, Shimizu A, Asakura M, Asanuma H, Kato H, Nishida Y, Miyashita Y, Shinomiya H, Naiki N, Hayashi K, Makiyama T, Ogita H, Miura K, Ueshima H, Komuro I, Yamagishi M, Horie M, Kawakami K, Furukawa T, Koizumi A, Kurachi Y, Sakata Y, Minamino T, Kitakaze M, Takashima S.,Circulation,139, 2157-2169, 2019.,2019年08月,学術論文

  • Impact of cardiac myosin light chain kinase gene mutation on development of dilated cardiomyopathy,Hodatsu A, Fujino N, Uyama Y, Tsukamoto O, Imai-Okazaki A, Yamazaki S, Seguchi O, Konno T, Hayashi K, Kawashiri MA, Asano Y, Kitakaze M, Takashima S, Yamagishi M,ESC Heart Fail,6, 406-415, 2019.,2019年06月,学術論文

  • Radiation-induced HFpEF model as a potential tool for the exploration of novel therapeutic targets.,Tsukamoto O, Kitakaze M. ,Am J Physiol Heart Circ Physiol. ,2017年08月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,「HEART’s Selection 4(特集:心臓病に挑むゲノム医療)心臓病における創薬開発、新たな治療介入で疾患を克服する」,塚本蔵,心臓 日本医学出版,2019年12月

  • 専門著書,新しい心筋症治療薬:直接的サルコメア制御剤,塚本蔵,2019年別冊BIO Clinica23号,120-122, 「循環代謝ー原始・現在・未来ー」, 北隆館,2019年12月

  • 専門著書,「直接的サルコメア制御剤による心筋症治療の展望, 特集:第83回日本循環器学会学術集会 心筋症治療に対するTranslational Approach」,塚本 蔵,日本循環器学会専門医誌 循環器専門医 日本循環器学会,2019年08月

  • 専門著書,「直接的サルコメア制御剤による新しい心不全治療薬の開発」, 実験医学 心不全のサイエンス,塚本蔵,実験医学 心不全のサイエンス 羊土社,2019年03月

  • 専門著書,サルコメア蛋白異常 日本臨床 心不全(第2版)最新の基礎・臨床研究の進歩,塚本蔵,日本臨床社,2018年12月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,心不全に応答するエンハンサーポリヌクレオチド、及び前記エンハンサーポリヌクレオチドを含む発現ベクター,髙島成二、松岡研 朝野仁裕 塚本蔵 木岡秀隆,特願2019-206823(出願),2019年11月

  • 日本,心不全の重症度を無侵襲で継続的に正確に定量評価可能なマウス,高島成二. 朝野仁裕. 松岡研. 塚本蔵. 北風政史,特願2013-228824(出願),2013年11月

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Reviewer of the Year 2018,Osamu Tsukamoto,日本循環器病学会,2019年01月

  • バイエル薬品アカデミックサポート研究助成,Osamu Tsukamoto,バイエル薬品株式会社メディカルアフェアーズ 研究助成,2018年09月

  • Best Reviewer of the Year 2017 ,塚本蔵,日本循環器学会,2018年01月

  • 先導的学際研究機構創薬サイエンス部門研究助成,塚本蔵,先導的学際研究機構,2017年09月

  • Best Reviewer of the Year 2016 ,塚本 蔵,日本循環器病学会,2017年01月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 阪大、がんの進展や転移抑制するたんぱく質「Pdlim5」を発見,日刊工業新聞,2015年02月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第83回日本循環器学会plenary session 9,収縮性心不全における直接的サルコメア活性化剤の応用,2019年03月

  • 第83回日本循環器学会special session 11,ミオシン調節軽鎖リン酸化によるサルコメア収縮性調節,2019年03月

  • 心血管代謝週間(CVMW)2017 シンポジウム2:「Novel Therapeutic Targets for the Heart Failure Management - Sponsored by JMCC」,Development of direct sarcomere modulators for the treatment of heart failure,2017年12月

  • 第21回日本心不全学会シンポジウム 「心不全における新規治療標的探索の先進的基礎研究」,Therapeutic Application of Direct Sarcomere Modulators for Heart Failure,2017年10月

  • KEK 構造生物学研究センターセミナー,心不全治療を目的としたミオシン軽鎖リン酸化を調節する低分子化合物の開発,2017年10月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,Japanese Circulaiton Society,associate editor,2018年10月 ~ 継続中

  • 学会,American Journal of Physiology-Heart and Circulatory Physiology,editorial board,2017年01月 ~ 継続中