基本情報

写真b

塚原 聡

TSUKAHARA Satoshi


キーワード

分析化学,液液界面,顕微分光計測,泳動分析,溶媒抽出

URL

http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/tsukahara/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月01日 ~ 2003年03月31日,理学研究科 化学専攻,助手,専任

  • 2003年04月01日 ~ 2003年06月30日,理学研究科 化学専攻,講師,専任

  • 2011年04月01日 ~ 継続中,理学研究科 化学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東北大学 理学部 化学科 卒業 1986年03月
東北大学 理学部 化学科 卒業 理学学士 1986年03月
東北大学 理学研究科 化学専攻 修了 1988年03月
東北大学 理学研究科 化学専攻 修了 理学修士 1988年03月
東北大学 理学研究科 化学専攻 中退 1988年08月
東北大学 理学研究科 化学専攻 中退 1988年08月
東北大学 理学研究科  博士(理学) 1993年01月
東北大学 理学研究科 化学専攻 博士(理学) (論文博士) 1993年01月

職歴 【 表示 / 非表示

東北大学理学部助手 1988年09月 ~ 1995年03月
東北大学大学院理学研究科助手 1995年04月 ~ 1995年07月
大阪大学理学部助手 1995年08月 ~ 1996年03月
大阪大学大学院理学研究科助手 1996年04月 ~ 2003年03月
大阪大学大学院理学研究科講師 2003年04月 ~ 2003年06月
大阪大学大学院理学研究科助教授(併任) 2003年07月 ~ 2003年09月
広島大学大学院理学研究科助教授 2003年07月 ~ 2007年03月
広島大学大学院理学研究科准教授 2007年04月 ~ 2011年03月
大阪大学大学院理学研究科教授 2011年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 1)新規な液液界面-in situ顕微分光計測法を開発し、液液界面における物質の吸着状態・会合状態、物質の界面通過、物質の界面反応などの静的および動的挙動を明らかにする。
    2)電場および磁場による微小作用を用いて、ナノ粒子分析法、磁気光学イメージング法等を開発する。
    分析化学関連

  • 液液界面における金属錯生成反応に関する研究,マイクロ微粒子の誘電泳動挙動に関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 日本分析化学会

  • 日本希土類学会

  • 日本溶媒抽出学会

  • 日本分光学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 1. In Situ Microscope Measurements and Analysis of the Passing of Individual Paramagnetic Particles through the Interfaces of Aqueous Two-Phase Systems by Magnetic Force,Kazuya KATAYAMA, Satoshi TSUKAHARA,Solvent Extraction Research and Development, Japan,25(2) 91-99,2018年05月,学術論文

  • Anchoring Energy Measurements at the Aqueous Phase/Liquid Crystal Interface with Cationic Surfactants Using Magnetic Freedericksz Transition,Fatma Yesil, Masayori Suwa, Satoshi Tsukahara,Langmuir,43(1), 81-87,2018年01月,学術論文

  • Microscope Measurements of the Passing of Individual Paramagnetic Particles through Interface of Aqueous Two-phase System by Magnetic Force,Kazuya Katayama, Satoshi Tsukahara,Chemistry Letters,46, 7, 930-932,2017年05月,学術論文

  • 4-シアノ-4'-ペンチルビフェニル液晶の水との界面における磁場配向,諏訪 雅頼, Fatma Yesil, 中塚 由加里, 有馬 彰秀, 塚原 聡,分析化学,65(4), 203-208,2016年04月,学術論文

  • Synthesis of nylon-6.6 using cetyltrimethylammonium chloride reverse micelles immobilized on silica surfaces,Kouta Nakada, Tamer H.A. Hasanina, Toshinari Tanaka, Mariko Ueda, Satoshi Tsukahara, Yasuaki Okamoto, Terufumi Fujiwara,Journal of Molecular Liquids,219 789-794,2016年04月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教科書,物質工学入門シリーズ 基礎からわかる分析化学,加藤正直,塚原 聡 共著,森北出版,2009年04月

  • 専門著書,第5版 実験化学講座 20-1 分析化学,日本化学会編,丸善,2007年04月

  • 専門著書,Interfacial Nanochemistry -Molecular Science and Engineering at Liquid-Liquid Interfaces-,Hitoshi WATARAI, Norio Teramae, Tsuguo SAWADA, eds.,Kluwer Academic/Plenum Publishers, New York,2005年04月

  • 専門著書,基礎分析化学実験,梅澤喜夫,本水昌二,渡会 仁,寺前紀夫編,東京化学同人,2004年04月

  • 専門著書,機器分析実験,梅澤喜夫,本水昌二,渡会 仁,寺前紀夫編,東京化学同人,2002年04月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,キャピラリー誘電泳動法Capillary dielectrophoresis,渡會 仁,塚原 聡,2001-242136(P2001-242136A)(登録),2001年02月,2001年09月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 奨励賞,塚原 聡,日本分析化学会,1998年10月

  • 日本分析化学会奨励賞,塚原 聡,日本分析化学会,1998年10月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第29回溶媒抽出討論会,なし,2010年11月