基本情報

写真b

直田 健

NAOTA Takeshi


キーワード

有機化学,有機金属化学

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://cobalt.chem.es.osaka-u.ac.jp/orgsyn/index-j.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月01日 ~ 2002年05月31日,基礎工学研究科,助教授,専任

  • 2002年06月01日 ~ 継続中,基礎工学研究科 物質創成専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 基礎工学部 合成化学科 卒業 1980年03月
大阪大学 基礎工学研究科 化学系専攻合成化学分野 修了 工学博士 1982年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1984年06月 ~ 継続中
米国スタンフォード大学化学科博士研究員 (B.M.Trost教授) 1990年 ~ 1991年
大阪大学大学院基礎工学研究科助教授 1995年09月 ~ 2002年05月
科学技術振興事業団若手個人研究推進事業(現戦略的創造研究推進事業)(さきがけ研究21)研究領域「合成と制御」研究者(兼業) 2001年12月 ~ 継続中
大阪大学大学院基礎工学研究科化学系専攻合成化学分野、教授 2002年06月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 新反応開拓を指向した反応性中間体の動的挙動解明
    機能性有機金属化合物の構造と反応性に関する研究
    環境調和型触媒反応の開拓

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 近畿化学協会

  • 有機合成化学協会

  • 日本化学会

  • アメリカ化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Variations in the Solid-State Emissions of Clothespin-shaped Binuclear trans-Bis(salicylaldiminato)platinum(II) with Halogen Functionalities,Masahiro Ikeshita, Mizuki Ito, Takeshi Naota,European Journal of Inorganic Chemistry, 3561-3571,2019年07月,学術論文

  • Data on the Characterization of (N-Alkylsalicylaldiminato)bis(2-phenylpyridinato)iridium(III),Soichiro Kawamorita, Anna Cho, Lingtao Kong, Takeshi Naota,Data in Brief,25 104300-1-104300-16,2019年07月,http://www.elsevier.com/locate/dib,学術論文

  • Phosphorescent Molecules That Resist Concentration Quenching in the Solution State: Concentration-Driven Emission Enhancement of Vaulted trans-Bis[2-(iminomethyl)imidazolato]platinum(II),Ngoc Ha-Thu Le, Ryo Inoue, Soichiro Kawamorita, Naruyoshi Komiya, Takeshi Naota,Inorganic Chemistry,58 9076-9084,2019年06月,http://pubs.acs.org/ic,学術論文

  • Strategy for Stimuli-Induced Spin Control Using a Liquescent Radical Cation,Shuichi Suzuki, Ryoichi Maya, Yoshiaki Uchida, Takeshi Naota,ACS Omega,4 10031-10035,2019年06月,http://pubs.acs.org/journal/acsodf,学術論文

  • Heat-resistant Properties in the Phosphorescence of trans-Bis[beta-(iminomethyl)aryloxy]platinum(II) Complexes: Effect of Aromaticity on d-pi Conjugation Platforms,Ryo Inoue, Masaya Naito, Masahiro Ehara, and Takeshi Naota,Chemistry A European Journal,2019年02月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • その他,Transition Metal-catalyzed Oxidations : Other Oxidations,直田健,,1995年

  • 専門著書,有機金属分子の超音波応答性分子集合に基づく 有機流体のゲル化とその応用,直田 健、小宮 成義、川守田 創一郎,エヌ・ティー・エス,ISBN,978-4-86469-074-4,2014年12月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,ヒドラジンを用いた水素化方法および酸素酸化触媒,直田 健, 今田泰嗣,特願2007-061082(出願),2007年03月

  • 日本,環状ジニトロン化合物およびその製造方法,直田 健, 今田泰嗣,特願2005-067786(登録),2005年03月

  • 日本,アルコール類およびケトン類の製造方法,村橋俊一、直田 健,特許公開平09-087216(登録),1995年10月

  • 日本,10-(t-ブチルジオキシ-1,4-エストラジエン-3-オン類およびその製造方法,村橋俊一、直田 健,日本国特許第3186309号(登録),1993年10月

  • 日本,3-アリルフェノール類の製造法,村橋俊一、直田 健,特許公開平06-263673(登録),1993年10月

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 第35回有機反応若手の会において「遷移金属α-シアノカルバニオンの合成と動的挙動」に関する特別講演,直田健,,2000年

  • 第2回精密重合シンポジウム「精密重合の現状と展望」での講演(日本化学会化学会館ホール),直田健,,1998年

  • 通商産業省工業技術院物質工学工業技術研究所におけるAIST講演会での講演,直田健,,1997年

  • 「触媒反応の新しい潮流」国際会議において「ルテニウム触媒を用いるフェノールの酸化」に関する口頭発表,直田健,,1997年

  • 第8回有機合成指向有機金属化学国際会議において「ルテニウム触媒を用いるフェノールの酸化」に関する口頭発表,直田健,,1995年

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学論文100選,直田 健,,2000年

  • 日本化学会進歩賞,直田 健,,1992年

  • 第6回井上研究奨励賞,直田 健,,1990年