基本情報

写真b

長田 真里

NAGATA Mari


キーワード

国際私法,国際民事手続法,国際取引法

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月01日 ~ 2007年03月31日,法学研究科 法学・政治学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2013年03月31日,法学研究科 法学・政治学専攻,准教授,専任

  • 2013年04月01日 ~ 継続中,法学研究科 法学・政治学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 法学研究科  修了 博士(法学) 1999年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪外国語大学 専任講師 助教授 1999年04月 ~ 2004年03月
大阪大学大学院法学研究科 助教授 2004年04月 ~ 2013年03月
ミュンヘン大学客員研究員 2007年10月 ~ 2008年09月
 

論文 【 表示 / 非表示

  • 子奪取条約(いわゆるハーグ条約)上の「監護の権利」と裁判所の監護の権利,長田真里,阪大法学,68巻3号765頁ー782頁,2018年09月,解説・総説

  • 国籍留保届と戸籍法104条3項にいう責めに帰することができない事由,長田真里 ,私法判例リマークス,(57) 144-147,2018年07月,解説・総説

  • 海外での営業秘密開示行為が疑われる事例につき日本の不正競争防止法を適用した事例,長田真里,JCAジャーナル,727号38-43頁,2018年01月,解説・総説

  • 中国人の相続について、中国人未成年者の未成年後見が問題とされた事例,長田真里,戸籍時報,742号59-66頁,2016年07月,解説・総説

  • 損害賠償・不当利得返還債務の不存在確認請求及び営業秘密の侵害にかかる損害賠償請求について国際裁判管轄を認めなかった事例,長田真里,私法判例リマークス,53号142-145頁,2016年07月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教科書,レクチャー国際取引法第2版,松岡博他,法律文化社,2018年05月

  • 専門著書,注釈民法(17),長田真里,有斐閣,ISBN,978-4-641-01752-8,2017年10月

  • 専門著書,インターネット法,長田 真里,有斐閣,2015年11月

  • 教科書,『ケースで学ぶ国際私法〔第2版〕』野村美明編著  序章,第Ⅱ部(第6章~第9章、第11章~第13章),野村美明,法律文化社,ISBN,9784589036384,2014年11月

  • 教科書,レクチャー国際取引法,松岡博編,法律文化社,2012年06月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 国際民事保全手続研究会,アメリカカリフォルニア州裁判所によるデフォルトジャッジメントの送達と民事訴訟法118条3号にいう手続的公序,2019年03月

  • 国際家事紛争の友好的解決,国際家事メディエーションにおける法的問題,2019年01月

  • 国際家事メディエーターMikkトレーニング講座,国際家事メディエーターMikkトレーニング講座,2019年01月

  • コラボラティブプラクティクストレーニング,コラボラティブプラクティクストレーニング,2018年11月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,国際法学会研究運営委員会,委員,2018年04月 ~ 継続中

  • その他,大阪地方裁判所裁判所委員会,委員,2018年04月 ~ 2019年08月

  • その他,国際私法年報編集委員会査読小委員会,委員長,2017年04月 ~ 継続中