基本情報

写真b

長田 重一

SHIGEKAZU Nagata


キーワード

生化学, 分子生物学

URL

http://biochemi.ifrec.osaka-u.ac.jp/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月01日 ~ 2002年03月31日,医学系研究科 予防環境医学専攻,教授,専任

  • 2002年04月01日 ~ 2008年03月31日,生命機能研究科 生命機能専攻,教授,専任

  • 2015年04月01日 ~ 継続中,免疫学フロンティア研究センター,寄附研究部門教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 理学部 生物化学科 卒業 1972年03月
東京大学 理学系研究科  修了 1977年03月

職歴 【 表示 / 非表示

東京大学医科学研究所助手 1977年04月 ~ 1977年10月
スイスチューリッヒ大学分子生物学研究所研究員 1977年11月 ~ 1981年12月
東京大学医科学研究所助手 1982年01月 ~ 1987年03月
大阪バイオサイエンス研究所第一研究部部長 1987年04月 ~ 1995年06月
大阪大学医学部教授 1995年07月 ~ 2007年03月
大阪大学大学院生命機能研究科・教授 2002年04月 ~ 2007年03月
京都大学大学院医学研究科・教授 2007年04月 ~ 2015年03月
大阪大学 免疫学フロンティア研究センター・寄附研究部門教授 2015年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 死細胞の貪食・分解
    医化学関連,分子生物学関連

  • 細胞膜の非対称性維持機構
    医化学関連,分子生物学関連

  • アポトーシスの分子機構
    医化学関連,分子生物学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 日本分子生物学会

  • アメリカ生化学・分子生物学会(ASBMB)

  • 日本免疫学会

  • 日本癌学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Mouse macrophages show different requirements for phosphatidylserine receptor Tim4 in efferocytosis.,Yanagihashi, Y., Segawa, K., Maeda, R., Nabeshima, Y-i. and Nagata, S.:,Proc. Natl. Acad. Sci. USA,114 8800-8805,2017年08月,学術論文

  • Characterization of the scrambling domain of the TMEM16 family.,Gyobu, S., Ishihara, K., Suzuki, J., Segawa, K. and Nagata, S.: ,Proc. Natl. Acad. Sci. USA,114 6274-6279,2017年06月,学術論文

  • Programmed cell death and the immune system.,Nagata, S. and Tanaka, M.:,Nat. Rev. Immunol.,17 333-340,2017年05月,解説・総説

  • Cardiac myofibroblast engulfment of dead cells facilitates recovery after myocardial infarction.,Nakaya, M., Watari, K., Tajima, M., Nakaya, T., Matsuda, S., Ohara, H., Nishihara, H., Yamaguchi, H., Hashimoto, A., Nishida, M., Nagasaka, A., Horii, Y., Ono, H., Iribe, G., Inoue, R., Tsuda, M., Inoue, K., Tanaka, A., Kuroda, M., Nagata, S. and Kurose H.: ,J. Clin Invest.,127 383-401,2017年01月,学術論文

  • Osteopontin in spontaneous germinal centers inhibits apoptotic cell engulfment and promotes autoantibody production in lupus mice. ,Sakamoto, K., Fukushima, Y., Itoh, K., Matsuda, M., Nagata, S. Minato, N. and Hattori, M.:,J. Immunol.,197 2177-2186,2016年09月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,「スクランブラーゼによるホスファチジルセリンの露出」「実験医学」Vol.34, No.7(増刊),鈴木淳、長田重一,羊土社,2016年04月

  • 専門著書,「リン脂質フリッパーゼとアポトーシス細胞の認識」「実験医学」Vol.34, No.7(増刊),瀬川勝盛、長田重一,羊土社,2016年04月

  • 専門著書,「カスパーゼによるフリッパーゼの切断とホスファチジルセリンの露出」「細胞工学」Vol.33, No.12,瀬川勝盛、長田重一,学研メディカル秀潤社,2014年12月

  • 専門著書,「アポトーシス細胞のホスファチジルセリンの露出に関与するXkr8の同定」「実験医学」Vol.32, No.1,鈴木淳、長田重一,羊土社,2014年01月

  • 専門著書,「アポトーシスを起こした細胞におけるXkr8によるホスファチジルセリンの露出」「ライフサイエンス 新着論文レビュー」,鈴木淳、長田重一,ライフサイエンス統合データベースセンター Web Journal,2013年07月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • アメリカ,Method for screening for inhibitor of atp11c or cdc50a,長田重一、瀬川勝盛,PCT/JP2015/060817(出願),2015年04月

  • ヨーロッパ,Method for Screening Substance Controlling Function of Xkr8,長田重一、鈴木淳,EP2921854(登録),2013年11月,2017年09月

  • 日本,Xkr8の機能を調節する物質のスクリーニング方法,長田重一、鈴木淳,第6229954号(登録),2013年11月,2017年10月

  • 日本,TMEM16ファミリーメンバーの調節物質のスクリーニング方法,長田重一、鈴木淳、藤井俊裕,第6203195号(登録),2013年04月,2017年09月

  • 日本,Method of screening a blood coagulation modulator,長田重一、鈴木淳,特願2012-531917(出願),2011年08月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Foreign Associate, The National Academy of Sciences,長田 重一,NAS, Washington DC, USA,2015年04月

  • 慶應医学賞,長田 重一,慶應大学,2013年11月

  • 京都大学 孜孜賞,長田 重一,京都大学,2013年06月

  • Debrecen Award,長田 重一,Debrecen University, Hungary,2012年12月

  • 日本癌学会 吉田富三賞,長田 重一,日本癌学会 ,2012年09月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • The 29th annual Richard K. Gershon memorial lecture,Apoptosis and exposure of phosphatidylserine.,2015年12月

  • Keynote address, Cell Symposia: Cell Death and Immunity,Apoptosis and exposure of phosphatidylserine.,2015年11月

  • Regenerative Medicine Seminar Series 2015,Exposure of phosphatidylserine in apoptotic cells.,2015年11月

  • Plenary Lecture, Japan-Australia meeting on Cell Death,Exposure of phosphatidylserine during apoptosis and engulfment of dead cells.,2015年10月

  • Keynote Lecture, International Conference of Cancer Immunotherapy and Macrophages 2015,Exposure of phosphatidylserine during apoptosis and engulfment of dead cells.,2015年07月

全件表示 >>