基本情報

写真b

長谷 俊治

HASE Toshiharu


キーワード

生物化学,植物生理学

メールアドレス

メールアドレス

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月01日 ~ 2016年03月31日,蛋白質研究所,教授,専任

  • 2016年04月01日 ~ 2017年03月31日,海外拠点本部,特任教授,専任

  • 2017年04月01日 ~ 継続中,グローバルイニシアティブ・センター,特任教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部 生物学科 卒業 学士 1974年03月
大阪大学 理学研究科 生理学専攻 修了 理学修士 1976年03月
大阪大学 理学研究科 生理学専攻 中退 1977年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1979年04月 ~ 1987年02月
名古屋大学助教授 1987年03月 ~ 1992年03月
大阪大学教授 1992年04月 ~ 2016年03月
大阪大学蛋白質研究所長 2010年04月 ~ 2014年03月
大阪大学欧州センター・特任教授・センター長 2016年04月 ~ 2017年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 光合成代謝過程に関する研究、蛋白質の分子間電子伝達に関する研究、葉緑体蛋白質の生合成に関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 米国植物科学会

  • 日本植物生理学会

  • 日本生化学会

  • 日本蛋白質科学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A unique ferredoxin acts as a player in the low-iron response of photosynthetic organisms,Schorsch M, Kramer M, Goss T, Eisenhut M, Robinson N, Osman D, Wilde A, Sadaf S, Brückler H, Walder L, Scheibe R, Hase T, Hanke GT,Proc Natl Acad Sci U S A., 115(51):E12111-E12120.,2018年12月,学術論文

  • Identification of UDP-glucose binding site in glycosyltransferase domain of sucrose phosphate synthase from sugarcane (Saccharum officinarum) by structure-based site-directed mutagenesis.,Sawitri WD, Afidah SN, Nakagawa A, Hase T, Sugiharto B,Biophysical reviews,10(2) 293-298,2018年04月,学術論文

  • Purification and characterization of recombinant sugarcane sucrose phosphate synthase expressed in E. coli and insect Sf9 cells: an importance of the N-terminal domain for an allosteric regulatory property.,Sawitri WD, Narita H, Ishizaka-Ikeda E, Sugiharto B, Hase T, Nakagawa A,Journal of biochemistry,159(6), 599-607 ,2016年06月,学術論文

  • Physicochemical nature of interfaces controlling ferredoxin NADP+ reductase activity through its interprotein interactions with ferredoxin.,Kinoshita M, Kim JY, Kume S, Sakakibara Y, Sugiki T, Kojima C, Kurisu G, Ikegami T, Hase T, Kimata-Ariga Y*, Lee YH*,Biophysica Acta – Bioenergetics,1847: 1200-1211,2015年06月,学術論文

  • Multiple complexes of nitrogen assimilatory enzymes in spinach chloroplasts: possible mechanisms for the regulation of enzyme function. ,Kimata-Ariga Y, Hase T,PLOS ONE,9(10): e108965,2014年10月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,タンパク質科学 構造・物性・機能、第3章 超分子構造アセンブリーとタンパク質ネットワーク、2「タンパク質-タンパク質相互作用」,今田勝巳 他,化学同人,2005年10月

  • 専門著書,蛋白質 核酸 酵素増刊「植物の代謝コミュニケーション -植物分子生理学の新展開-」,杉山達夫、水野猛、長谷俊治、斉藤和季 編集,共立出版,2003年11月

  • 専門著書,「蛋白質 核酸 酵素」-フェレドキシンを要したプラスチドのレドックス代謝の制御-,中山雅登、Guy T. HANKE、長谷俊治,共立出版,2003年09月

  • 教科書,「共通教育だより」-蛋白質研究の新時代-,長谷 俊治,大阪大学全学共通教育機構,2002年06月

  • 専門著書,「明日を拓く植物科学:光エネルギーを生物エネルギーにかえる植物の設計図を読む」-植物のパワージェネレーターは光でコントロールされる-,長谷 俊治,クバプロ,2002年05月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  •  ,薬剤スクリーニング方法、組換えベクター、形質転換体およびアピコンプレキサン類原虫により引き起こされる疾病に対する治療用組成物,長谷俊治 他4名,PCP/JP03/13198(登録),2003年10月

  • アメリカ,鉄硫黄タンパク質、タンパク質-FAD複合体、電子伝達剤、およびフェレドキシン活性阻害の測定方法,長谷俊治、有賀(木股)洋子、楠木正巳、栗栖源嗣、堀井俊宏、佐藤暖、岡田健,国際公開番号WO03/060118AI(登録),2003年01月,2003年07月

  • 日本,光合成微生物によるL-グルタミンの生産法,長谷俊治、奥原宏明、木田隆夫,特開P2001-252081A(登録),2000年03月,2001年09月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 退職記念講義,「長年担当した植物生化学の最終講義」,2016年03月

  • 第9回植物オルガネラワークショップ「オルガネラの機能と制御システム」,葉緑体レドックス代謝における電子分配の構造生物学的知見と生理的意義,2007年03月

  • 5th International Symposium on Flavins and Flavoproteins,Structure andFunction of Electron Transfer Complex of Ferredoxin and Ferredoxin:NADP(H) oxidoreduct,2005年04月

  • 大阪大学サンフランシスコ事務所開所記念講演セミナー「大阪大学21世紀COEプログラム」,細胞超分子装置の作動原理の解明と再構成,2004年09月

  • The Awaji international Forum on Infection and Immunity,A redox cascade in human malaria parasite apicoplast,2003年08月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,21世紀COE国際シンポジウム,世話人,2005年11月

  • その他,蛋白質研究所セミナー Metals in Chemical Biology,世話人,2005年06月

  • 国際会議,6th International Workshop on “Plant Sulfur Metabolism”,国内組織委員,2005年05月

  • その他,蛋白質研究所セミナー「化学と生物の融合:生体金属科学の構築に向けて」,世話人,2004年06月

  • その他,蛋白質研究所セミナー「植物代謝のネットワークとシグナリングの分子基盤とその応用」,世話人,2003年12月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本植物生理学会,常任評議員,2001年04月 ~ 2003年03月